薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

高尿酸血症・痛風について、治療方法について。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

高尿酸血症痛風について、治療方法について。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

高尿酸血症では、どういったタイプが多いのか?

 

食事療法として、プリン体の摂取を制限する。

食事の残りかす、プリン体が尿酸になって、

高尿酸血症の原因になってしまうから。

 

尿路結石の予防の為、尿のアルカリ化を行う。

尿酸は、酸性物質。尿酸が尿中にでると、pH下がる。酸性になる。ph4ぐらい。

尿酸が固まってしまう。⇒石になってしまう。⇒尿路結石になる。

 

尿酸は自身を、酸性化し、結石になろうとする。

 

それを阻止するため、アルカリ化⇒pH5~6ぐらいにする。

アルカリにするわけではない。

つまり、中性に近くする。

 

pH8にしてしまうと、

リン酸カルシウムができてしまう。また結石ができてしまう。

 

高尿酸血症としては、尿酸排泄低下型が多い

 

高尿酸血症は、尿酸排泄低下を促進するため、水分摂取を多めにとることが大切。

水分を多めにとっているか、生活指導が必要。

 

 

痛風関節炎の極期には、NSAIDsが最も有効である

 

痛風発作時には、ただちにNSAIDsの大量投与を用いる

痛風発作時には、尿酸があふれ出てしまっている。⇒白血球の暴走が起きてしまっている。⇒とりあえず、痛みを取るしかない。⇒NSAIDsの大量投与。

 

痛風発作の前兆とは、ムズムズする感覚。

何か違和感あるな、という足の感覚。

 

 

痛風発作とは、なんで起こるか?

関節に尿酸がたまる⇒尿酸がたまってきた、危ないんじゃないの?

⇒白血球が、尿酸を攻撃しだす。⇒しかし、尿酸以上には、分解できない。

⇒尿酸は分解できないまま、白血球は攻撃し続ける。⇒炎症、激痛を引き起こす。

この激痛が、痛風発作。

 

コルヒチンは、この白血球が、暴走するのを止める。

なので、痛風発作の前兆に使わないと、痛風発作間に合わない。

 

 

 

尿管結石とは?

尿管結石とは?

 

 

尿管結石とは、腎臓から尿道までの尿路に

結石ができてしまう病気。

 

 

体内に結石ができてしまうと、尿路の狭いところに詰まってしまい、

尿管などを刺激して、激痛を起こしている。

 

 

尿管結石の特徴

わき腹から下腹部にかけての激痛。

 

 

尿管結石は、無症状のうちに進行してしまうことが多く、

突然、とんでもない痛みに襲われます。

 

 

尿管結石になりやすい人の特徴

肥満の人、運動不足、カルシウム不足、夕食中心の食生活、夕食後すぐ寝てしまうなどの生活習慣。

 

 

尿管結石の治療

結石が自然排出されるのを待つしかない。

結石が出るまで、とりあえず、痛み止めで、対処するしかない。

 

尿管結石が大きい場合は、手術で取り除く。

背中に小さな穴をあけ、そこから内視鏡を入れ、

腎臓の結石を砕いて取り出すというもの。

 

 

 

尿管結石の痛みは、発症すると、

のたうち回るほどの痛みが、2,3時間は続く。

 

尿管結石が発症すると、

立っていることなど、絶対不可能なほどのとてつもない激痛が襲い、

痛みで意識が飛びそうなぐらいひど。、

 

立ち上がろうとすると、下腹部が切り裂かれたと思うほどの激痛が走る。

 

尿管結石の

CTスキャンで判明する。

 

リリカ(プレガバリン)の使用にあたっての注意点。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)  

リリカ(プレガバリン)の使用にあたっての注意点。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

 

リリカ(プレガバリン)使用にあたっての注意点。

めまい、傾眠、意識消失⇒自動車事故が起きたこともあり、自動車の運転はしないよう注意する。

急激な投与中止⇒不眠、、吐き気、頭痛など、退薬症状が起きてしまう。

体重増加⇒肥満に注意。

リリカ(プレガバリン)は、特に、眠気などは、よく起こります。

 

 

リリカ(プレガバリン)は、やめるときは、

一気にやめるのではなく、徐々にやめるようにする。

 

 

リリカ(プレガバリン)の重大な副作用の確率

めまい(20%)

傾眠(20%)

40%ぐらいは、リリカ(プレガバリン)は、眠気などが起きる。

飲み始めは、特に、眠気、ふらつきに注意するよう指導する。

 

サインバルタの効果効能など。初期投与量、最大量について。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

サインバルタの効果効能など。初期投与量、最大量について。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の効能・効果

うつ病うつ状態に使う。

糖尿病性神経障害に伴う疼痛

線維筋痛症に伴う疼痛

慢性腰痛症に伴う疼痛

変形性関節症に伴う疼痛

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の初期投与量・最大量

サインバルタは、20㎎から、スタートする。

サインバルタの最大量は、1日60mgまで。

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の用法・用量

1日1回朝食後に、20mgから開始。

1週間以上間隔をあけて、20mgずつ増量。

サインバルタの最大量は、1日60mgまで。

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の作用機序

ノルアドレナリンセロトニン再取り込み阻害作用により、うつ病に使える。

結果的に、下行性疼痛抑制効果により、疼痛緩和に効く。

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の併用禁忌薬

エフピー(セレギリン)

 

サインバルタとエフピー、併用禁忌の理由。

ノルアドレナリンセロトニン再取り込み阻害作用により、セロトニンノルアドレナリンが増える。

セロトニンノルアドレナリンを増やすのがMAO阻害のエフピー(セレギリン)

結果的に、セロトニンノルアドレナリンが増えすぎてしまう。

使う場合は、2週間以上空けなければならない。

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の頻度の高い副作用。

眠気、吐き気、口喝、頭痛、便秘、下痢など

 

 

サインバルタ(デュロキセチン)の投薬上の注意点

自殺企図発現。⇒死にたくなっちゃう場合あり。家族などにしっかり説明必要。

不安・焦燥感・不眠症が起きてしまうことがある。

 

抗血栓療法における抗血小板薬と抗凝固薬の使い分け。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

血栓療法における抗血小板薬と抗凝固薬の使い分け。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

抗血小板薬の作用機序

動脈(血流速い)における血栓の形成抑制が目的。

動脈硬化における血管内皮細胞の障害→血液の流れが乱れる⇒血小板凝集

この血小板凝集を抑えるのが抗血小板薬

 

 

動脈硬化が起こる⇒血管内皮細胞の障害が起こる⇒血液の乱流が起こる⇒血小板の凝集が起こることにより、血液の流れが悪くなってしまう。

 

 

抗血小板薬の薬

COX阻害のバイアスピリンアスピリン

プロスタグランジン製剤:オパルモン(リマプロスト

ADP受容体遮断薬:プラビックス(クロピドグレル)

PDE阻害:プレタール(シロスタゾール)

 

 

抗凝固薬の作用機序

静脈(血流遅い)における血栓の形成抑制が目的

血流のうっ滞による凝固活性化

この凝固活性化を抑えるのが、抗凝固薬。

 

 

抗凝固薬の種類

ヘパリン

クマリン系薬:ワーファリン(ワルファリン)

直接的Xa阻害薬:エリキュース(アピキサバン)

直接的トロンビン阻害:プラザキサ(ダビガトラン)

 

抗血小板薬と抗凝固薬の使い分け

動脈における血栓抑制が、抗血小板薬。

静脈における血栓抑制が、抗凝固薬。

アモバン(ゾピクロン)の

 

アモバン(ゾピクロン)の効能効果・用法用量と最大量

効能効果

不眠症 7.5mg~10mg/1回

麻酔前投与 7.5mg~10mg/1回

 

アモバン(ゾピクロン)の最大量は10mg

 

注意事項

高齢者は少量の7.5mgから始める

 

アモバン(ゾピクロン)のTmax,半減期

Tmaxは、1時間、1時間ぐらいで効いてくる

半減期は、3.5時間。寝入りをよくする。

 

超短時間型睡眠薬マイスリーハルシオンと同じ位置づけ

アモバンマイスリーの効能比較

アモバンは、57%効果あり

マイスリーは、59%効果ありなので、

臨床成績では、マイスリーの方が効果あり

 

アモバン(ゾピクロン)の原則禁忌

副作用に呼吸抑制があるので、ひどい喘息患者などには原則禁忌

 

アモバン(ゾピクロン)の副作用

苦みがあるので、飲み始めの患者には、苦みの説明をする。

 

 

 

 

アモバン(ゾピクロン)の薬理作用

 ベンゾジアゼピン骨格ないけど、ベンゾジアゼピン受容体に結合し、

GABA結合を増やし、睡眠の質を上げるとされるGABAを増やします。