薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

人気タイトルなど最大30%OFF
アマゾンなら欲しいものがきっと見つかります

ルネスタは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ネスタは、非ベンゾジアゼピン睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

ネスタは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に属し

ネスタは、脳の興奮を抑えることで、眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬です。

 

ネスタの気を付けるべき副作用は、

ふらつき、眠気などです。

 

ネスタの用法・容量として、注意すべき点は、

ネスタの用法・容量は、成人では、1回3㎎を超えないこととします。

あと、高齢者(65歳以上)には、1回2mgを超えないこととします。

 

ネスタなどの、睡眠薬服用中は、アルコールなどとの併用は、

ネスタの効果を高めてしまい、副作用のリスクが上がってしまうので、併用はしてはいけません。

 

ネスタの特徴

ネスタは、非ベンゾジアゼピン系なので、依存性がないのが、利点ですが、

その分、ベンゾジアゼピン系である、ハルシオンなどと比べると弱いと感じる人が多い印象です。

 

ネスタは、比較的よく出る印象です。

ネスタは、超短時間型で、効きもよく、寝覚めもすっきり感があるなど、評判も良く、

ネスタは、ベンゾジアゼピン系でなく、非ベンゾジアゼピン系なので、

依存形成や脱力が少なく、使いやすい睡眠薬と言えます。

 

中途覚醒がある患者なら、ユーロジン(中間作用型のベンゾジアゼピン睡眠薬)、

入眠障害の患者なら、ルネスタ(超短時間型の非ベンゾジアゼピン睡眠薬)、

レンドルミン(短時間作用型のベンゾジアゼピン睡眠薬)と使い分けることが重要ですね。

 

 

 

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に属し

マイスリーは、脳の興奮を抑えることで、眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬です。

 

マイスリーの気を付けるべき副作用は、

ふらつき、眠気などです。

 

マイスリーの用法・容量として、注意すべき点は、

マイスリーの用法・容量は、1日10㎎を超えないこととします。

あと、高齢者(65歳以上)には、1回5mgから始めます。

 

マイスリーなどの、睡眠薬服用中は、アルコールなどとの併用は、

マイスリーの効果を高めてしまい、副作用のリスクが上がってしまうので、併用はしてはいけません。

 

マイスリーの特徴

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系なので、依存性がないのが、利点ですが、

その分、ベンゾジアゼピン系である、ハルシオンなどと比べると弱いと感じる人が多い印象です。

 

マイスリーは、比較的よく出る印象です。

マイスリーは、超短時間型で、効きもよく、寝覚めもすっきり感があるなど、評判も良く、

マイスリーは、ベンゾジアゼピン系でなく、非ベンゾジアゼピン系なので、使いやすい睡眠薬と言えます。

 

中途覚醒がある患者なら、ユーロジン(中間作用型のベンゾジアゼピン睡眠薬)、

入眠障害の患者なら、ルネスタレンドルミンと使い分けることが重要ですね。

 

 

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

マイスリーゾルピデム

マイスリー(睡眠・不安)

マイスリープで、マイスリー

私の眠りの(マイスリープ)の(マイスリー)で⇒(マイスリー

マイスリーの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

マイスリーの効果・効能

1-不眠症

 

 

アモバンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

アモバンは、非ベンゾジアゼピン睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

アモバンは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に属し

アモバンは、脳の興奮を抑えることで、眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬です。

 

アモバンの気を付けるべき副作用は、

ふらつき、眠気などです。

 

アモバンの用法・容量として、注意すべき点は、

アモバンの用法・容量は、1回10㎎を超えないこととします。

 

アモバンなどの、睡眠薬服用中は、アルコールなどとの併用は、

アモバンの効果を高めてしまい、副作用のリスクが上がってしまうので、併用はしてはいけません。

 

アモバンの特徴

アモバンは、非ベンゾジアゼピン系なので、依存性がないのが、利点ですが、

その分、ベンゾジアゼピン系である、ハルシオンなどと比べると弱いと感じる人が多い印象です。

 

 

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

アモバン(ゾピクロン)

アモバン(睡眠・不安)

あ、もう晩だで、アモバン

あ、もう晩だ⇒ア-モ-バン⇒(アモバン

アモバンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

アモバンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

 

 

ルネスタは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ネスタは、非ベンゾジアゼピン睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

ネスタは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に属し

ネスタは、脳の興奮を抑えることで、眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬です。

 

ネスタの気を付けるべき副作用は、

ふらつき、眠気などです。

 

ネスタの用法・容量として、注意すべき点は、

ネスタの用法・容量は、成人では、1回3㎎、高齢者には、1回2㎎を超えないこととします。

 

 

ネスタの特徴

ネスタは、非ベンゾジアゼピン系なので、依存性がないのが、利点ですが、

その分、ベンゾジアゼピン系である、ハルシオンなどと比べると弱いと感じる人が多い印象です。

 

ネスタは、日数制限がないです。

ネスタは、速効型の睡眠薬で、依存性がないのは、やはり強みですね。

 

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ネスタエスゾピクロン)

ネスタ(睡眠・不安)

ルナとスターで、ルネスタ睡眠薬

月と星で夜、睡眠を連想することから

月の(ルナ)の(ルナ)、星の(スター)の(スタ)で、(ルナ-スタ)⇒(ルネスタ

ネスタの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ネスタの効果・効能

1-不眠症

 

 

サイレースは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

サイレースは、ベンゾジアゼピン睡眠薬であり、睡眠障害を改善する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

サイレースは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に属し

サイレースは、脳内の神経興奮に関わるベンゾジアゼピン受容体を刺激して、

脳の興奮を抑えることで、眠りやすくし、睡眠障害などを改善する薬です。

 

サイレースの気を付けるべき副作用は、

ふらつき、眠気などです。

 

サイレースの用法・容量として、注意すべき点は、

サイレースの用法・容量は、高齢者には、1回1㎎とする点です。

 

 

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2 管理簿記入が必要

サイレースフルニトラゼパム

サイレース(睡眠・不安)

サイレントとエースで、サイレース睡眠薬

英語の静か、穏やかを意味するサイレントの(サイレ)、達人を意味する(エース)の(エース)で、

(サイレ-エース)⇒(サイレース

サイレースの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

サイレースの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

 

ベンザリンは、ベンゾジアゼピン系抗てんかん薬であり、てんかんなどのけいれん発作などを抑える薬です薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ベンザリンは、ベンゾジアゼピン系抗てんかん薬であり、てんかんなどのけいれん発作などを抑える薬です薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

ベンザリンは、ベンゾジアゼピンてんかん薬に属し、

脳内のベンゾジアゼピン受容体に作用し神経の興奮を抑制することにより、

てんかんなどのけいれん発作を抑える薬です。

 

 

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬3

ベンザリンニトラゼパム

ベンザリン(睡眠・不安)

ベンゾシアゼピンの(ベンジン)⇒(ベンザリン

ベンザリンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ベンザリンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。3-異型小発作群、焦点性発作。