薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

睡眠薬の名前の由来と概要 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

薬の名前って、多すぎて、覚えにくいですよね。

薬の名前と何の系統の薬か覚えることは薬剤師に必須ですし、

そんなあなたに少しでも力になれればと思い、

薬の名前と由来を調べてみました。(中には、推測も混じっていますのでご了承ください。)

薬剤師転職を目指すあなたに、少しでも力になれれば幸いです。

睡眠薬 概要

睡眠薬はアルコールとの併用注意

 

睡眠障害は、入眠障害中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害などがあります。

 

レストレックス症候群は、足がムズムズすることにより、眠れなくなったりする病気です。

 

統合失調症は、幻覚や妄想などの陽性症状と

集中力、注意力の低下などの陰性症状があります。

 

うつ病は、不安、あせり、意欲低下などがあります。

 

超短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ハルシオントリアゾラムハルラック

風と波を鎮める力を持つギリシャ神話の伝説の鳥、ハルシオンの名前から

⇒Halcyon(ハルシオン

 

短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

レンドルミンブロチゾラムグッドミン

フランス語で、眠りにつく事を意味する l‘endomir(レンドルミア)から

レンドルミン

 

リスミー(リルマザホン)

英語で、自然の睡眠リズムを意味する rhythm(リズム)に yをつけて

⇒Rhythmy(リスミー

 

ロラメットロルメタゼパム

一般名のLormetazepam(ロルメタゼパム)から

⇒Loramet(ロラメット

 

エバミールロルメタゼパム

名前の由来は特にないです。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ユーロジンエスタゾラムエスタゾラム

名前の由来は特にないです。

 

ネルボンニトラゼパム

日本語の寝るでネル、フランス語で寝るを意味するbon(ボン)をつけて、寝るbon

⇒(ネルボン

 

ベンザリンニトラゼパム

ベンゾシアゼピン(Benzodiazepin)の一部を除いて、語呂を合わせて

⇒Benzalin(ベンザリン

 

エリミンニメタゼパム

名前の由来は特にないです。

 

サイレースフルニトラゼパム

英語の静か、穏やかを意味するサイレント(Silent)と達人を意味するエース(Ase)から

⇒Silece(サイレース

 

ロヒプノールフルニトラゼパム

開発したロシェ社のロシェ(Roche)、英語で睡眠薬を意味するHypnotic、から

⇒Rohypnol(ロヒプノール

 

長時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ドラール(クアゼパム)

英語で睡眠を意味するdormancy、これら全て(all)を改善するから

⇒Doral(ドラール

 

その他の睡眠薬

トリクロリール(トリクロホス)

一般名のトリクロホス(Triclofos)から

⇒トリクロリール

 

ブロムワレリル尿素(ブロモバレリル尿素

一般名のブロムバレリル(Bromovaleryl)から

⇒ブロムワレリル

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ネスタエスゾピクロン)

英語で月を意味するルナ(Luna)と、星を意味するスター(Star)で、

月と星で夜、睡眠を連想することから⇒Lunesta(ルネスタ

 

アモバン(ゾピクロン)

あ、もう晩だ⇒ア、モウ、バンだ

アモバン

 

マイスリーゾルピデム

私の眠り(My Sleep)から、p を取って

⇒Myslee(マイスリー

 

メラトニン作動 睡眠薬

ロゼレム(ラメルテオン)

バラ色の夢を見ましょう⇒バラ(Rose)+レム睡眠(Rem)から

⇒Roserem(ロゼレム)

 

オレキシン拮抗 睡眠薬

ベルソムラ(スボレキサント)

美しい睡眠⇒フランス語で美しい⇒Belle(ベル)と睡眠を意味するSom(ソム)から

⇒Belsomra(ベルソムラ)

 

短時間型 バルビツール系 睡眠薬

ラボナペントバルビタール

名前の由来は特にないです。

 

長時間型 バルビツール系 睡眠薬

フェノバール(フェノバルビタール

一般名のフェノバルビタールから

⇒フェノバール

 

薬剤師転職サイト ざっくりランキング1位

ファルマスタッフ

↓↓↓ファルマスタッフの登録はこちらから↓↓↓

ルーランとは、抗精神病薬で、効果は弱めですが、副作用を弱めの抗精神病薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ルーランとは、抗精神病薬で、効果は弱めですが、副作用を弱めの抗精神病薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 ルーランは第二世代の抗精神病薬で、効果は弱めですが、その分、副作用も少ない安全性の高い薬になります。

ルーランの特徴をザックリと紹介したいと思います。

 

  • ルーランは、幻覚・妄想等です抑える効果は弱めです。
  • ルーランは、副作用は少な目です。
  • ルーランは、うつ・不安・認知機能障害の改善に効果が期待できます。
  • ルーランは、薬効が短いので、お薬が蓄積しにくいです。

ルーランは、主として統合失調症を治療するお薬として採択されています。

しかしながら、ルーランは、統合失調症の急性期に多くなる

陽性症状(幻覚妄想や興奮)を抑える力は弱いです。

その為、ルーランは、陽性症状で困っている患者さんに対しては、ルーランは、力不足です。

*陽性症状とは・・・幻覚や妄想等といった統合失調症の代表的な症状の事です。

本来ないものが存在するように感じる妄想症状を陽性症状と呼びます。

しかし、ルーランは、効果が弱いので副作用も少なめで、

これに関してはルーランの大きなメリットです。

統合失調症の治療薬はいずれのお薬にもドーパミンを抑止する作用があるので、

たまに、ドーパミンを抑止しすぎた結果による副作用が起こってしまいます。

その副作用は、具体的に、錐体外路症状(EPS)という、

勝手に身体が動いてしまったり震えてしまったりする症状だったり、

高プロラクチン血症というホルモンバランスの乱れによる

月経不順・性欲低下等があります。

錐体外路症状(EPS)とは・・・薬物によってドーパミン受容体が過剰にブロックされることにより、パーキンソン病に似たふるえ、小刻み歩行、仮面様顔貌などの神経症状が生じてしまう症状です。

*高プロラクチン血症とは・・・・プロラクチンという名のホルモンの分泌を増えてしまう副作用で、プロラクチンは乳汁を出すはたらきを持ちます。その為、乳汁分泌や月経不順、インポテンツ、性欲低下等を起こしてしまいます。

ルーランは第二世代抗精神病薬なので、これらの副作用の発生率は、

他の統合失調症治療薬と比べ減っています。

ルーランの特徴的な効果として、

「うつ・不安」や「認知機能障害」に対しても効果を認められています。

これに関してはルーランが、セロトニン1A受容体を一部刺激する効果があると考えられています。

よって、ルーラン統合失調症陰性症状うつ状態になってしまっていたり、

認知機能障害のある患者さんに使用されることがあります。

又、ルーランは、うつ病や不安障害の疾患において

補助的に使うことで効果が期待できます。

陰性症状とは・・・気力なく過ごすようになってしまう統合失調症の代表的な症状です。本来あるべきもの(感情や意欲など)がなくなる症状を陰性症状と呼びます。

ルーランは薬効が短いのも特徴です。

 

吃音(どもり) の改善
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

インヴェガとは、SDAと呼ばれる分類の抗精神病薬で、インヴェガは、リスパダールの副作用を抑えた改良バージョンです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

インヴェガとは、SDAと呼ばれる分類の抗精神病薬で、インヴェガは、リスパダールの副作用を抑えた改良バージョンです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

インヴェガは、第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)で、

同じ第二世代の抗精神病薬リスパダールを改良したお薬です。

リスパダールの有効成分だけを取り出して、さらに効き目がゆっくりとなっています。

そのため、リスパダールより全体的に副作用は緩和されています。

 

インヴェガの特徴・副作用とは?

インヴェガは、すでに出ているリスパダールの有効成分のみを取り出したお薬です。

そのため、余計な作用が減って、インヴェガは、副作用が全体的に緩和されています。

さらにインヴェガは、徐放剤として作られているので、薬の効きがゆっくりになるように改良されています。

インヴェガは、血中濃度が安定するので、副作用はさらに軽減されています。

インヴェガは第二世代抗精神病薬になるので、第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)と比べて、

副作用は全体的に緩和されています。

  • 錐体外路症状(ソワソワやふるえなど)
  • 高プロラクチン血症(生理不順・性機能低下など)

といった副作用は大分緩和されました。

しかし、定型抗精神病薬より、代謝への悪影響が多くなってしまったのです。

この原因は不明ですが、体重増加や糖尿病、脂質異常症などがよく見られます。

 

第二世代抗精神病薬の中で、リスパダールインヴェガは、SDA(セロトニンドパミン拮抗薬)に分けられます。

セロトニン受容体とドパミン受容体をしっかりと抑止します。

そのためインヴェガは、幻覚や妄想といった都合失調症の陽性症状に効果が期待できる反面、

ドパミンを抑止しすぎてしまうことでの副作用が避けられないと考えられます。

具体的に、錐体外路症状と高プロラクチン血症がよく見られます。

インヴェガリスパダールより副作用が緩和されているので、

錐体外路症状や高プロラクチン血症も軽減されています。

インヴェガは、セロトニンドパミン以外の受容体にはそれほど作用しないので、

第一世代抗精神病薬に比べて全体的に副作用は少ないのですが、

体重増加の副作用は少ないながらも見られます。

またインヴェガは、血管の調整に関係する抗α1作用のために、

めまいや立ちくらみ(起立性低血圧)、射精障害なども見られる事があります。

 

第二世代抗精神病薬の中でも、インヴェガは副作用が全体的に少ないのが特徴です。


吃音(どもり) の改善
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

リスパダールとは、SDAと呼ばれる分類の抗精神病薬です。リスパダールの副作用とは?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

リスパダールとは、SDAと呼ばれる分類の抗精神病薬です。リスパダールの副作用とは?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

リスパダールは、第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬に分類される薬です
リスパダールは、おもに統合失調症の治療に使用されますが、興奮を抑える鎮静作用があるので、広く使われているお薬です。

リスパダールは、昔の定型抗精神病薬を改良して作られたお薬です。

副作用が軽減され統合失調症陰性症状にも効果が期待できますので、第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)と呼ばれています。

第二世代抗精神病薬は、良い意味でも悪い意味でも定型抗精神病薬に近いお薬であるために、効果は安定していますが、副作用も比較的多いです。

ここでは、リスパダールの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。

 

 

リスパダールの特徴・副作用とは?

リスパダールは、第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)として初めて作られたお薬です。

そういう背景から、リスパダールは、良くも悪くも第一世代の定型抗精神病薬に近いお薬といえるでしょう。

リスパダールは、抗精神病効果がしっかりとしているが、副作用も非定型抗精神病薬の中では多い方です。

それでも第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)と比較すると、リスパダールの副作用は全体的に軽減されてます。

  • 錐体外路症状(ソワソワやふるえなど)
  • 高プロラクチン血症(生理不順・性機能低下など)

といった副作用はだいぶ軽減されています。

しかし、リスパダールは、定型抗精神病薬よりも、代謝への悪影響が多くなってしまったのです。

この原因は不明ですが、リスパダールの副作用として体重増加や糖尿病、脂質異常症などがよく認められます。なので、定期的に採血する必要があります。

 

第二世代抗精神病薬の中でもリスパダールは、SDA(セロトニンドパミン拮抗薬)に分けられます。

リスパダールは、セロトニン受容体とドパミン受容体をしっかりとブロックするのです。

この為、幻覚や妄想といった統合失調症の陽性症状に効果が期待できますが、ドパミンをブロックしすぎてしまう事での副作用がつきまといます。

具体的にいうと、錐体外路症状と高プロラクチン血症がよく見られます。

リスパダールセロトニンドパミン以外の受容体にはあまり作用しないため、第一世代抗精神病薬と比べ全体的に副作用は少なめです。

しかし、リスパダールは、体重増加の副作用は比較的多くみられます。また、抗α1作用も見られます。

抗α1作用は血管の調節に関係しているため、めまいや立ちくらみ(起立性低血圧)、射精障害などが多いです。


吃音(どもり) の改善
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

 ヒューマリンはヒトインスリン製剤で、インスリンアナログ製剤に切り替わって、あまり主流でなくなったヒトインスリン製剤の一つです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ヒューマリンはヒトインスリン製剤で、インスリンアナログ製剤に切り替わって、あまり主流でなくなったヒトインスリン製剤の一つです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

インスリン製剤の区分け

インスリン製剤は大きく2種類に分類できます。その2つがヒトインスリン製剤インスリンアナログ製剤です

ヒトインスリン製剤とは、体の中のインスリンと同じ構造を持つ製剤で、

遺伝子組み換え技術によって開発されたものです。

ヒトインスリン製剤には

「ヒューマリン」

「ノボリン」

などがあります。

  

もうひとつの、インスリンアナログ製剤とは、ヒトインスリンを人工的に改造したものです。

インスリンを人工的に手を加えることにより、インスリンと同じ作用を持ちながらも薬物動態が改善することに成功しました。

要するに、ヒトインスリン製剤をバージョンアップしたものがインスリンアナログ製剤と言っても良いでしょう。

 

ヒトインスリンであるヒューマリンなどは、

現在、インスリンアナログ製剤に切り替わってしまい、

あまり使われていないヒトインスリン製剤の一つになります。

 

インスリン製剤の保存方法

インスリン製剤は未開封の状態では冷蔵庫(2~8℃)で保存します。
開封後は冷蔵庫内ではなく、室温で保存します。
これの理由として、結露による詰まりの防止と、1ヶ月程度なら室温でも安定なことが証明されているからです。

 

インスリン製剤によるインスリン療法とは?

健康な人は、血液中に少量のインスリンがいつも分泌(基礎分泌)され、

そして、食後に血糖値が上昇すると大量のインスリンを分泌(追加分泌)することによって

血液中のブドウ糖の量が一定に保たれるよう、血糖値の調整が行われているのです。

1型糖尿病は、このインスリンが非常に不足している状態かまたはインスリンが全くない状態なので、

このインスリンの調整を自然に行うことができない状態になってしまっています。

そのために、1型糖尿病ではインスリン製剤を自己注射することによって体の外からインスリンを補って、

健康な人と同じ血糖値の変動パターンに近づけて血糖コントロールを図ります。

これがインスリン療法というわけです。


2型糖尿病であっても、1型糖尿病が疑われたり血糖コントロールが経口薬のみでは

上手くいかないケースや妊婦などに用いられます。


以前は、インスリン療法といえば、血糖コントロールが上手くいかないケースの最後の手段とされていましたが、

インスリン製剤やインスリンの治療方法が飛躍的な進歩を遂げて、

インスリン療法を取り巻く環境は今なおも進化し続けているのです。

更に、糖尿病合併症の予防を目的に「早期の内から良好な血糖コントロールを可能にする」

といった治療の概念に基づき積極的なインスリン導入が推奨されるようになったので、

1型糖尿病だけではなく2型糖尿病にも広く受け入れられ

インスリン療法が活用されています。

 

糖尿病とは血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。

糖尿病の恐ろしいところは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」等の合併症の引き金となることです。

しびれ、失明、腎障害などといった合併症を防ぐため、薬を服用し血糖値を適切にコントロールする必要が求められます。
 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き) 

 

トレシーバは持効型のインスリン製剤で、トレシーバは、1日1回毎日定時に投与する持効型インスリン製剤です。持効型インスリン製剤の比較・違い 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

トレシーバは持効型のインスリン製剤で、トレシーバは、1日1回毎日定時に投与する持効型インスリン製剤です。持効型インスリン製剤の比較・違い 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

トレシーバは、持効型のインスリン製剤で、持効型インスリン製剤の中で1日1回毎日同じ時間帯に注射する

糖尿病のインスリン製剤です。

トレシーバは、持効型インスリン製剤の中で、どういった特徴を持つ薬剤なのでしょうか?

 

持効型インスリン製剤(ランタス・レベミル・トレシーバ)の用法・容量の違い

ランタス中ソロスター300単位…1日1回朝食前又は就寝前のどちらかで投与します。初期量は4~20単位だが適宜増減可能です。

レベミル注フレックスペン300単位…初期は1日1回で夕食前又は就寝前のどちらかです。レベミル注の投与回数を1日2回にする場合は朝食前及び夕食前、又は朝食前及び就寝前に投与します初期量は4~20単位を皮下注射だが適宜増減可能です。

トレシーバ注フレックスタッチ300単位…初期量は1日1回4~20単位を皮下注射します。注射時刻は毎日一定とします。投与量は患者の状態に応じて適宜増減可能です。

これを見るとわかる通りレベミルは唯一1日2回投与することができます。1日1回では変動がある方も使えますね。

トレシーバは「1日1回で時刻は一定」と書いてあるだけで時間についての指定がありません。朝や就寝前の投与が難しい患者さんには自分が確実に打てる時間を設定することができるメリットがあります。

 

インスリン製剤の保存方法

インスリン製剤は未開封の状態では冷蔵庫(2~8℃)で保存します。
開封後は冷蔵庫内ではなく、室温で保存します。
これの理由として、結露による詰まりの防止と、1ヶ月程度なら室温でも安定なことが証明されているからです。

 

インスリン製剤によるインスリン療法とは?

健康な人は、血液中に少量のインスリンがいつも分泌(基礎分泌)され、

そして、食後に血糖値が上昇すると大量のインスリンを分泌(追加分泌)することによって

血液中のブドウ糖の量が一定に保たれるよう、血糖値の調整が行われているのです。

1型糖尿病は、このインスリンが非常に不足している状態かまたはインスリンが全くない状態なので、

このインスリンの調整を自然に行うことができない状態になってしまっています。

そのために、1型糖尿病ではインスリン製剤を自己注射することによって体の外からインスリンを補って、

健康な人と同じ血糖値の変動パターンに近づけて血糖コントロールを図ります。

これがインスリン療法というわけです。


2型糖尿病であっても、1型糖尿病が疑われたり血糖コントロールが経口薬のみでは

上手くいかないケースや妊婦などに用いられます。


以前は、インスリン療法といえば、血糖コントロールが上手くいかないケースの最後の手段とされていましたが、

インスリン製剤やインスリンの治療方法が飛躍的な進歩を遂げて、

インスリン療法を取り巻く環境は今なおも進化し続けているのです。

更に、糖尿病合併症の予防を目的に「早期の内から良好な血糖コントロールを可能にする」

といった治療の概念に基づき積極的なインスリン導入が推奨されるようになったので、

1型糖尿病だけではなく2型糖尿病にも広く受け入れられ

インスリン療法が活用されています。

 

糖尿病とは血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。

糖尿病の恐ろしいところは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」等の合併症の引き金となることです。

しびれ、失明、腎障害などといった合併症を防ぐため、薬を服用し血糖値を適切にコントロールする必要が求められます。
 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き) 

 

 レベミルは持効型のインスリン製剤で、レベミルは、持効型インスリンで唯一1日2回投与も可能なインスリン製剤です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 レベミルは持効型のインスリン製剤で、レベミルは、持効型インスリンで唯一1日2回投与も可能なインスリン製剤です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

レベミルは、持効型のインスリン製剤で、持効型インスリン製剤の中で唯一1日2回の投与もOKな

糖尿病のインスリン製剤になります。

レベミルは、持効型インスリン製剤の中で、どういった特徴を持つ薬剤なのでしょうか?

 

持効型インスリン製剤(ランタス・レベミル・トレシーバ)の用法・容量の違い

ランタス中ソロスター300単位…1日1回朝食前又は就寝前のどちらかで投与します。初期量は4~20単位だが適宜増減可能です。

レベミル注フレックスペン300単位…初期は1日1回で夕食前又は就寝前のどちらかです。レベミル注の投与回数を1日2回にする場合は朝食前及び夕食前、又は朝食前及び就寝前に投与します初期量は4~20単位を皮下注射だが適宜増減可能です。

トレシーバ注フレックスタッチ300単位…初期量は1日1回4~20単位を皮下注射します。注射時刻は毎日一定とします。投与量は患者の状態に応じて適宜増減可能です。

これを見るとわかる通りレベミルは唯一1日2回投与することができます。1日1回では変動がある方も使えますね。

トレシーバは「1日1回で時刻は一定」と書いてあるだけで時間についての指定がありません。朝や就寝前の投与が難しい患者さんには自分が確実に打てる時間を設定することができるメリットがあります。

 

インスリン製剤の保存方法

インスリン製剤は未開封の状態では冷蔵庫(2~8℃)で保存します。
開封後は冷蔵庫内ではなく、室温で保存します。
これの理由として、結露による詰まりの防止と、1ヶ月程度なら室温でも安定なことが証明されているからです。

 

インスリン製剤によるインスリン療法とは?

健康な人は、血液中に少量のインスリンがいつも分泌(基礎分泌)され、

そして、食後に血糖値が上昇すると大量のインスリンを分泌(追加分泌)することによって

血液中のブドウ糖の量が一定に保たれるよう、血糖値の調整が行われているのです。

1型糖尿病は、このインスリンが非常に不足している状態かまたはインスリンが全くない状態なので、

このインスリンの調整を自然に行うことができない状態になってしまっています。

そのために、1型糖尿病ではインスリン製剤を自己注射することによって体の外からインスリンを補って、

健康な人と同じ血糖値の変動パターンに近づけて血糖コントロールを図ります。

これがインスリン療法というわけです。


2型糖尿病であっても、1型糖尿病が疑われたり血糖コントロールが経口薬のみでは

上手くいかないケースや妊婦などに用いられます。


以前は、インスリン療法といえば、血糖コントロールが上手くいかないケースの最後の手段とされていましたが、

インスリン製剤やインスリンの治療方法が飛躍的な進歩を遂げて、

インスリン療法を取り巻く環境は今なおも進化し続けているのです。

更に、糖尿病合併症の予防を目的に「早期の内から良好な血糖コントロールを可能にする」

といった治療の概念に基づき積極的なインスリン導入が推奨されるようになったので、

1型糖尿病だけではなく2型糖尿病にも広く受け入れられ

インスリン療法が活用されています。

 

糖尿病とは血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。

糖尿病の恐ろしいところは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」等の合併症の引き金となることです。

しびれ、失明、腎障害などといった合併症を防ぐため、薬を服用し血糖値を適切にコントロールする必要が求められます。
 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)