薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(短時間型)

向精神病薬1

デパスエチゾラム

デとパスで、デパス抗不安薬

病気から離れ、通り過ぎるという意味を込めて

離れるの(デ)の(デ)、通り過ぎるの(パス)の(パス)で、(デ-パス)⇒(デパス

デパスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

デパスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害。3-筋緊張による腰痛症

デパスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(短時間型)

向精神病薬1

リーゼ(クロチアゼパム)

リーゼから、リーゼ(抗不安薬

不安を分解するという意味で

分解するの(リーゼ)の(リーゼ)で、(リーゼ)⇒(リーゼ)

リーゼの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

リーゼの効果・効能

1-不安症・抑うつ

リーゼの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(短時間型)

コレミナール(フルタゾラム)

コレクトとマイナートランキライザーで、コレミナール(抗不安薬

胃腸症状を調整の(コレクト)するの(コレ)、

穏和精神安定剤の(マイナートランキライザー)の(ミノア)で(コレ-ミノア)⇒(コレミナール)

コレミナールの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

コレミナールの効果・効能

1-不安症・抑うつ

コレミナールの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

ソラナックスアルプラゾラム

海外名の(ザナックス)からを使い、⇒(ソラナックス

ソラナックスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ソラナックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

ソラナックスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

コンスタン(アルプラゾラム

コンスタンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

コンスタンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

コンスタンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

レキソタンブロマゼパム

レキソタンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

レキソタンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害。3-麻酔前投薬。

レキソタンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

セニランブロマゼパム

セニランの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セニランの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害。3-麻酔前投薬。

セニランの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

ワイパックスロラゼパム

ワイパックスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ワイパックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ

ワイパックスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬3

セレナール(オキサゾラム)

セレーネで、セレナール(抗不安薬

穏やかなの(セレーネ)の(セレン)で、(セレン)⇒(セレナール)

セレナールの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セレナールの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

セレナールの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

セパゾン(クロキサゾラム)

セパからセパゾン抗不安薬

三共の幅広い領域の強力な抗不安剤の(サンキョーズ エクステンシブ パワフル アンキシオリティカ)の頭文字の(セ-パ)⇒(セパゾン

セパゾンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セパゾンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

セパゾンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬3

メンドン(クロラゼプ)

メンタルのドンで、メンドン抗不安薬

抗不安薬の指導者という意味で

心の(メンタル)の(メン)、指導者の(ドン)の(ドン)で、(メン-ドン)⇒(メンドン

メンドンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

メンドンの効果・効能

1-不安症・抑うつ

メンドンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

セルシンジアゼパム

サータンで、セルシン抗不安薬

確かな精神状態になっていくという意味で、

確かなの(サータン)の(セル-イン)で、(セル-イン)⇒(セルシン

セルシンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セルシンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-脳脊髄に伴う疼痛での筋緊張の軽減。3-麻酔前投薬。

セルシンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

ホリゾンジアゼパム

ホライゾンでホリゾン抗不安薬

心の安定という意味で

水平の(ホライゾン)の(ホリゾン)で、(ホリゾン)⇒(ホリゾン

ホリゾンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ホリゾンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-脳脊髄に伴う疼痛での筋緊張の軽減。3-麻酔前投薬。

ホリゾンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬1

エリスパンフルジアゼパム

エリスパンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

エリスパンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

エリスパンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

レスミット(メダゼパム)

レストから、レスミット(抗不安薬

休息の(レスト)の(レスット)で、(レスット)⇒(レスミット)

レスミットの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

レスミットの効果・効能

1-不安症・抑うつ

レスミットの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(超長時間型)

向精神病薬1

メイラックス(ロフラゼプ)

メイジとリラックスで、メイラックス抗不安薬

販売元の(明治)ファルマの(メイ)、安心の(リラックス)の(ラックス)で

(メイ-ラックス)⇒(メイラックス

メイラックスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

メイラックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

メイラックスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(超長時間型)

劇薬

セディール(タンドスピロン)

セディールから、セディール抗不安薬

安静を意味するセディールセディールで⇒(セディール

セディールの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

セディールの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬

アタラックス(ヒドロキシジン)

アタラックスから、アタラックス(抗不安薬

心に平和を意味する(アタラックス)から⇒(アタラックス)

アタラックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-蕁麻疹

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、速効性があるので、予期不安や発作、不安が強まった時に頓服で使われます。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

リタリンは、昼間に突然起こる我慢できないひどい眠気に襲われ眠り込んでしまうナルコレプシーを、脳を興奮させることで改善するナルコレプシー治療薬です。

ナルコレプシー治療薬

劇薬

リタリンメチルフェニデート

リタで、リタリン抗精神病薬

開発者の妻の名前の(リタ)から⇒(リタリン

リタリンの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)高血圧のリスク

リタリンの禁忌 6歳未満の幼児

リタリンの効果・効能

1-ナルコレプシーに伴う傾眠傾向。

 

リタリンは、昼間に突然起こる我慢できないひどい眠気に襲われ眠り込んでしまうナルコレプシーを、脳を興奮させることで改善するナルコレプシー治療薬です。

リーマスは、過度な興奮を起こすノルアドレナリンなどを抑え、コントロールできない感情の高まりや行動を抑え、気分を安定させる気分安定薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

気分安定薬 抗精神病薬

劇薬

リーマス(炭酸リチウム)

リチウムで、リーマス抗精神病薬

躁うつ病に効くリチウムの(リチウム マニック デプレッシブ フィコシス)の(リーマス)で、⇒(リーマス

リーマスの効果・効能

1-統合失調症躁うつ病躁状態

 

リーマスは、躁状態に効果が高い気分安定薬ですが、安全域が狭い薬で、血中濃度をモニタリングしながら、用量を設定します。

 

リーマスは、過度な興奮を起こすノルアドレナリンなどを抑え、コントロールできない感情の高まりや行動を抑え、気分を安定させる気分安定薬です。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

劇薬

レクサプロ(エスシタロプラム

レクサとプロシードで、レクサプロ(抗うつ薬

シタロプラムの改良版がエスシタロプラム(レクサプロ)。

アメリカの販売名が(セレクサ)の(レクサ)と、進化の(プロシード)の(プロ)で、(レクサ-プロ)⇒(レクサプロ)

レクサプロの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

レクサプロの効果・効能

1-うつ病うつ状態

レクサプロの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

劇薬

ジェイゾロフトセルトラリン

気分を持ち上げるで、ジェイゾロフト抗うつ薬

ジャパンの(ジェイ)と、心や気分の(ゾ)、持ち上げるの(ロフト)で、気分を持ち上げるで、(ジェイ-ゾ-ロフト)

⇒(ジェイゾロフト

ジェイゾロフトの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

ジェイゾロフトの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ジェイゾロフトの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

劇薬

パキシルパキシルCRパロキセチン

一般名の(パロキセチン)から⇒(パキシル

パキシルの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

パキシルの効果・効能

1-うつ病うつ状態

パキシルの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

ルボックスフルボキサミン

一般名の(フルボキサミン)の(ルボックス)で、⇒(ルボックス

ルボックスの併用禁忌

メラトニン作動薬 睡眠薬 ロゼレム(ラメルテオン)作用増強のリスク

中枢性筋弛緩 テルネリン(チザニジン)血圧低下で失神のリスク

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

ルボックスの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ルボックスの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

デプロメールフルボキサミン

デプレッションメールで、デプロメール抗うつ薬

愛のメールの(デプレッションメール)の(デプロメル)⇒(デプロメール

デプロメールの併用禁忌

メラトニン作動薬 睡眠薬 ロゼレム(ラメルテオン)作用増強のリスク

中枢性筋弛緩 テルネリン(チザニジン)血圧低下で失神のリスク

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

デプロメールの効果・効能

1-うつ病うつ状態

デプロメールの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

三環系抗うつ薬は、 ノルアドレナリン、セロトニン、ドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

三環系 抗うつ薬

トリプタノール(アミトリプチリン)

一般名の(アミトリプチリン ヒドロクロライド)の(トリプト)⇒(トリプタノール

トリプタノールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

トリプタノールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

トリプタノールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-夜尿症。

トリプタノールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系 抗うつ薬

劇薬

アモキサンアモキサピン

一般名の(アモキサピン)から⇒(アモキサン

アモキサンの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

アモキサンの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

アモキサンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

アモキサンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系 抗うつ薬

トフラニール(イミプラミン)

トフラニールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

トフラニールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

トフラニールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-遺尿症。

トフラニールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系 抗うつ薬

アナフラニールクロミプラミン)

アナフラニールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

アナフラニールの併用禁忌

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

アナフラニールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-遺尿症。

アナフラニールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系 抗うつ薬

劇薬

ノリトレン(ノリトリプチリン)

一般名の(ノリトリプチリン)から⇒(ノリトレン

ノリトレンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ノロトレンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

セロトニン・ドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、 中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

(非定形)SDAセロトニンドパミン拮抗薬) 抗精神病薬

劇薬

リスパダール(リスペリドン)

一般名の(リスペリドン)から⇒(リスパダール

リスパダールの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

リスパダールの効果・効能

1-統合失調症

リスパダールの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

セロトニンドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、

中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)SDAセロトニンドパミン拮抗薬) 抗精神病薬

劇薬

インヴェガ(パリペリドン)

インヴィゴレートとベガで、インヴェガ抗精神病薬

元気づけるの(インヴィゴレート)の(イン)と、明るい星座の(ヴェガ)の(ヴェガ)から⇒(インヴェガ

インヴェガの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

インヴェガの効果・効能

1-統合失調症

インヴェガの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

セロトニンドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、

中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)SDAセロトニンドパミン拮抗薬) 抗精神病薬

劇薬

ルーラン(ペロスピロン)

ルールで、ルーラン抗精神病薬

赤ん坊をなだめるの(ルール)の(ルール)で⇒(ルーラン

ルーランの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ルーランの効果・効能

1-統合失調症

ルーランの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

セロトニンドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、

中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。