薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

メトトレキサートなどの抗リウマチ薬などの名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

56-抗リウマチ薬

CsDMARD(従来型DMARD) 抗リウマチ薬

劇薬

ケアラム(イグラチモド)

ケアとリウマトイドとメディスンで、ケアラム(抗リウマチ薬)

治療の(ケア)の(ケア)、リウマチ薬の(リウマトイド アースライティス)の(ラ)、薬の(メディスン)の(ム)で、(ケア-ラ-ム)⇒(ケアラム)

ケアラムの併用禁忌

血栓薬 ワーファリン(ワルファリン)重篤な出血のリスク

ケアラムの効果・効能

1-関節リウマチ。

 

CsDMARD(従来型DMARD) 抗リウマチ薬

劇薬

オーラノフィン(オーラノフィン)

一般名の(オーラノフィン)をそのまま⇒(オーラノフィン)

オーラノフィンの効果・効能

1-関節リウマチ。

 

CsDMARD(従来型DMARD) 抗リウマチ薬

アザルフィジンEN(サラゾスルファピリジン

化学名の(5-アミノサリチル アゾ スルファピリジン)の(アザル-フィジン)⇒(アザルフィジン)

アザルフィジンENのENは、腸溶錠という意味で、腸の(エンテリック)のEN、⇒(アザルフィジンEN

アザルフィジンの禁忌 サルファ剤アレルギー

アザルフィジンENの効果・効能

1-関節リウマチ。

 

CsDMARD(従来型DMARD) 抗リウマチ薬

劇薬

リマチル(ブシラミン)

リウマチから、リマチル(抗リウマチ薬)

リウマチ薬のリ-マチ⇒(リマチル)

リマチルの効果・効能

1-関節リウマチ。

 

CsDMARD(従来型DMARD) 抗リウマチ薬

劇薬

リウマトレックス(メトトレキサート)

リウマチから、リウマトレックス(抗リウマチ薬)

リウマチ薬のリウマ⇒(リウマトレックス)

リウマトレックスの効果・効能

1-関節リウマチ。

リウマトレックスの最大量 1週間単位16mgまで。

 

関節機能改善薬 抗リウマチ薬

コンドロイチン(コンドロイチン)

一般名の(コンドロイチン)の⇒(コンドロイチン)

コンドロイチンの効果・効能

1-難聴。2-神経痛、腰痛症、関節痛。

花粉症治療薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

55-抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬 アトピー

ヒスタミン薬(第1世代)抗アレルギー薬

ポララミン(クロルフェニラミン)

ポララミンの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(抗ヒスタミン)失明、尿閉のリスク

ポララミンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎、くしゃみ、鼻汁、咳痰。2-蕁麻疹、皮膚炎。

 

ヒスタミン薬(第1世代)抗アレルギー薬

レスタミンジフェンヒドラミン

レジスタンス ヒスタミンで、レスタミン(抗ヒスタミン薬)

ヒスタミンに抵抗する薬剤という意味で、抗ヒスタミン

レジスタンス トゥー ヒスタミン)の(レス-タミン)⇒(レスタミン

レスタミンの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(抗ヒスタミン)失明、尿閉のリスク

レスタミンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎、くしゃみ、鼻汁、咳痰。2-蕁麻疹、皮膚炎。

 

ヒスタミン薬(第1世代)抗アレルギー薬

ペリアクチン(シプロへプタシン)

ペリとアクトで、ペリアクト(抗ヒスタミン薬)

周辺の(ペリ)の(ペリ)、作用の(アクト)の(アクト)で、(ペリ-アクト)⇒(ペリアクチン)

ペリアクチンの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(抗ヒスタミン)失明、尿閉のリスク

ペリアクチンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎、くしゃみ、鼻汁、咳痰。2-蕁麻疹、皮膚炎。

 

ヒスタミン薬(第1世代)抗アレルギー薬

ピレチア(プロメタジン)

ピレティックで、ピレチア(抗ヒスタミン薬)

体熱の(ピレティック)の(ピレト)⇒(ピレチア)

ピレチアの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(抗ヒスタミン)失明、尿閉のリスク

ピレチアの禁忌 2歳児未満の乳幼児

ピレチアの効果・効能

1-振戦麻痺、パーキソニズム。2-アレルギー性鼻炎、くしゃみ。2-蕁麻疹、皮膚炎。

 

ヒスタミン薬(第1世代)抗アレルギー薬

ホモクロミン(ホモクロル)

一般名の(ホモクロル)のホモクロ⇒(ホモクロミン)

ホモクロミンの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(抗ヒスタミン)失明、尿閉のリスク

ホモクロミンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

 

ヒスタミン薬(第1世代配合剤)抗アレルギー薬

強力レスタミンコーチゾン(ヒドロコルチゾン・フラジオマイシン・ジフェンヒドラミン

レスタミンとコーチゾンで、強力レスタミンコーチゾン(抗ヒスタミン薬)

レスタミンに抵抗する薬剤という意味を持つ、レスタミンと、副腎皮質ホルモンを含有する薬剤という意味を持つ、コーチゾンで、レスタミン-コーチゾン⇒強力レスタミンコーチゾン

強力レスタミンコーチゾンの効果・効能

1-皮膚の化膿。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

エバステルエバスチン)

一般名の(エバスチン)から⇒(エバステル

エバステルの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

エバステルの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

アレジオン(エピナスチン)

アとレジオンで、アレジオン(抗ヒスタミン薬)

~ないという意味の(ア)と、病変の(レジオン)で、(ア-レジオン)⇒(アレジオン)

アレジオンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

アレジオンの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

セルテクト(オキサトミド)

セルとテクトで、セルテクト(抗ヒスタミン薬)

マスト細胞を守るという意味で、(マスト細胞)の(セル)、守るの(プロテクト)の(テクト)で、(セル-テクト)⇒(セルテクト)

セルテクトの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

セルテクトの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

オキサトミド(オキサトミド)

一般名の(オキサトミド)をそのまま⇒(オキサトミド)

オキサトミドの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

オキサトミドの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

アレロック(オロパタジン)

アレジーとブロックで、アレロック(抗ヒスタミン薬)

アレルギー症状の(アレジー)の(アレ)、遮断の(ブロック)の(ロック)で、(アレ-ロック)⇒(アレロック

アレロックの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

アレロックの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

ザジテン(ケトチフェン)

ザジテンの禁忌疾患 てんかん

ザジテンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

ザジテンの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

ジルテック(セチリジン)

一般名の(セチリジン)の(セチリジ)を逆から、(ジ-ル-テック)⇒(ジルテック

ジルテックの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

ジルテックの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

ビラノア(ビラスチン)

ビラスチンとノンアレルギーで、ビラノア(抗ヒスタミン薬)

一般名の(ビラスチン)の(ビラ)と、(ノンアレルギー)の(ノ-ア)で、(ビラ-ノ-ア)⇒(ビラノア)

ビラノアの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

ビラノアの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

アレグラ(フェキソフェナジン)

アレグラの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

アレグラの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

タリオン(ベポタスチン)

タリアで、タリオン(抗ヒスタミン薬)

花の盛りの(タリア)の(タ-リ)で、⇒(タリオン)

タリオンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

タリオンの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

ゼスラン(メキタジン)

ゼスランの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

ゼスランの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

ゼスランの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

ニポラジン(メキタジン)

ニッポン商事のメキタジンで、ニポラジン(抗ヒスタミン薬)

ニッポン商事のニポ、(メキタジン)の(ジン)で、(ニポ-アジン)⇒(ニポラジン)

ニポラジンの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

ニポラジンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

ニポラジンの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

ザイザル(レボセチリジン)

最終兵器で、ザイザル(抗ヒスタミン薬)

アレルギーの最終兵器という事で(ザイズ)と、(アレルギー)の(アル)で、(ザイズ-アル)⇒(ザイザル)

ザイザルの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

ザイザルの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

クラリチン(ロラタジン)

クラリティから、クラリチン(抗ヒスタミン薬)

明快の(クラリティ)の(クラリット)で、⇒(クラリチン

クラリチンの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

クラリチンの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代) 抗アレルギー薬

デザレックス(デスロラタジン)

デスロラタジンとアレルギーで、デザレックス(抗ヒスタミン薬)

一般名の(デスロラタジン)の(デザ)と、(アレルギー)の(アレ)で、(デザ-アレ)⇒(デザレックス)

デザレックスの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎。2-蕁麻疹、皮膚炎。

デザレックスの作用・働き

アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

ヒスタミン薬(第2世代配合剤) 抗アレルギー薬

劇薬

ディレグラ(フェキソフェナジン・プソイドエフェドリン

ディレグラの効果・効能

1-アレルギー性鼻炎

ディレグラの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

ディレグラの作用・働き

鼻の粘膜の腫れ、充血を取るとともに、アレルギーの原因のヒスタミンを抑えて、

他の化学伝達物質を抑え、炎症を改善します。

 

アレルゲン免疫療法薬 抗アレルギー薬

シダトレン(アレルゲンエキス)

シダとトレランスで、シダトレン(アレルゲン免疫療法薬)

スギ花粉に対する免疫反応を寛容へ導くという意味で、スギ花粉の(シダ)の(シダ)、寛容の(トレランス)の(トレン)で、(シダ-トレン)⇒(シダトレン)

シダトレンの禁忌疾患 気管支喘息気管支喘息の悪化のリスク))

シダトレンの効果・効能

1-スギ花粉症(減感作療法)。

副鼻腔炎治療薬などの名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

54-消炎酵素

蛋白分解酵素(微生物性)

エンピナースP(プロナーゼ)

エンピエマとプロナーゼで、エンピナース(消化剤)

蓄膿の(エンピエマ)の(エンピ)、一般名の(プロナーゼ)の(ナース)で、(エンピ-ナース)⇒(エンピナース)

エンピナースPの効果・効能

1-副鼻腔炎の腫脹の寛解。2-去痰薬。

 

蛋白分解酵素(植物性)

ブロメライン(ブロメライン)

一般名の(ブロメライン)をそのまま⇒(ブロメライン)

ブロメラインの効果・効能

1-化膿創に伴う治癒促進。

 

多糖体分解酵素

ノイチーム(リゾチーム)

ノイチームの禁忌 卵アレルギー

ノイチームの効果・効能

1-副鼻腔炎の腫脹の寛解。2-去痰薬。

副腎皮質ホルモン、ステロイドの外用剤を強さ別に名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

53-副腎皮質ステロイド アトピー

プレドニゾロン系 副腎皮質ステロイド

プレドニンプレドニゾロン

一般名の(プレドニゾロン)の(プレド-ニン)⇒(プレドニン

プレドニンの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

プレドニゾロン系 副腎皮質ステロイド

プレドニゾロンプレドニゾロン

一般名の(プレドニゾロン)をそのまま⇒(プレドニゾロン

プレドニゾロンの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

プレドニゾロン系 副腎皮質ステロイド

メドロール(メチルプレドニゾロン

一般名の(メチルプレドニゾロン)の(メド-ロール)⇒(メドロール)

メドロールの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

コルチゾン系 副腎皮質ステロイド

コートリル(ヒドロコルチゾン)

一般名の(ヒドロコルチゾン)の(コート)⇒(コートリル)

コートリルの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

フッ素付加 副腎皮質ステロイド

デカドロン(デキサメタゾン

プレドニゾロンの10倍強いことから、10の(デカ)の(デカ)⇒(デカドロン)

デカドロンの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

フッ素付加 副腎皮質ステロイド

オルガドロン(デキサメタゾン リン酸エステルナトリウム)

オルガ社のアドレノ コルティカルホルモンで、オルガドロン(ステロイド薬)

(オルガ)社の(オルガ)、副腎皮質ホルモン製剤の(アドレノ コルティカルホルモン)の(アドロン)で、(オルガ-アドロン)⇒(オルガドロン)

オルガドロンの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

フッ素付加 副腎皮質ステロイド

レダコート(トリアムシノロン)

レダコートの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

フッ素付加 副腎皮質ステロイド

リンデロン(ベタメタゾン)

ネベンニエレンリンデから、リンデロン(ステロイド薬)

副腎皮質の(ネベンニエレンリンデ)の(リンデ)⇒(リンデロン)

リンデロンの効果・効能

1-リウマチ、咳、鼻炎。

 

フッ素付加 副腎皮質ステロイド

セレスタミン(ベタメタゾン・クロルフェニラミン)エンペラシン

ステロイドレスタミンで、セレスタミンステロイド薬)

レスタミンを配合していることから、レスタミン⇒(セレスタミン)と考えられます。

セレスタミンの禁忌疾患 緑内障(ステロイド)前立腺肥大(ヒスタミン)失明,尿閉のリスク

セレスタミンの効果・効能

1-蕁麻疹。アレルギー性鼻炎

 

外用ステロイド剤(ストロンゲスト)副腎皮質ステロイド

劇薬

デルモベート(クロベタゾール プロピオン酸エステル)グリジー

デルモで、デルモベート(ステロイド塗布薬)

皮膚の(デルモ)の(デルモ)⇒(デルモベート)

デルモベートの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ストロンゲスト)副腎皮質ステロイド

ダイアコート(ジフロラゾン 酢酸エステル)

ダイアコートの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ストロンゲスト)副腎皮質ステロイド

フラール(ジフロラゾン)

一般名の(ジフロラゾン)の(ジフ-ラ)⇒(ジフラール

フラールの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

劇薬

ネリゾナ(ジフルコルトロン 吉草酸エステル)

ネリゾナの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

劇薬

テクスメテン(ジフルコルトロン 吉草酸エステル)

テクスメテンの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

マイザー(ジフルプレドナート)

マインザルべで、マイザー(ステロイド塗布薬)

私の軟膏の(マインザルべ)の(マイザ)⇒(マイザー)

マイザーの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

劇薬

トプシム(フルオシノニド)

トプシムの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

パンデル(酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン)

パンとデルマで、パンデル(ステロイド塗布薬)

全ての皮膚を治すという意味で、全ての(パン)の(パン)、皮膚の(デルマ)の(デル)で、(パン-デル)⇒(パンデル)

パンデルの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

劇薬

アンテベート(ベタメタゾン酪酸プロピオン酸)アンフラベート

アンチ インフラメートリーで、アンチベート(ステロイド塗布薬)

抗炎症作用のあるベタメタゾンのエステル化合物の(アンチ インフラメートリーエフェクト ベタメタゾン ブチレート プロピオネート)の(アンテ-ベート)で、⇒(アンテベート

アンテベートの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

リンデロンDP(ベタメタゾン・ジプロピオン酸)

ネベンニエレンリンデで、リンデロン(ステロイド塗布薬)

副腎皮質の(ネベンニエレンリンデ)の(リンデ)⇒(リンデロン)

リンデロンDPの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ベリーストロング) 副腎皮質ステロイド

劇薬

フルメタ(モメタゾンフランカルボン酸エステル)

モメタゾンで、フルメタステロイド塗布薬)

一般名の(モメタゾン フロエート)の(フル-メタ)⇒(フルメタ

フルメタの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ストロング) 副腎皮質ステロイド

劇薬

メサデルム(デキサメタゾンプロピオン酸エステル)

一般名の(デキサメタゾン)の(メサ)、皮膚の(デルム)の(デルム)で、(メサ-デルム)⇒(メサデルム)

メサデルムの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ストロング) 副腎皮質ステロイド

フルコートF(フルオシノロン・フラジオマイシン)

フッ素の(フ)、(コルチゾン)の(コート)で、(フ-コート)⇒(フルコート)

フルコートFのFは、抗生物質の(フラジオマイシン)のFで、フルコートF⇒(フルコートF

フルコートFの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。2-皮膚の化膿。

 

外用ステロイド剤(ストロング) 副腎皮質ステロイド

ベトネベートN(ベタメタゾン吉草酸・フラジオマイシン)

一般名のベタメタゾン吉草酸の

(ベタメタゾン バリレート)の(ベトネ-ベート)⇒(ベトネベート)

ベトネベートNの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。2-皮膚の化膿。

 

外用ステロイド剤(ストロング) 副腎皮質ステロイド

リンデロンV(ベタメタゾン吉草酸)

ネベンニエレンリンデで、リンデロン(ステロイド塗布薬)

副腎皮質の(ネベンニエレンリンデ)の(リンデ)⇒(リンデロン)

リンデロンVの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ストロング) 副腎皮質ステロイド

リンデロンVG(ベタメタゾン吉草酸・ゲンタマイシン)デキサンVG

ネベンニエレンリンデで、リンデロン(ステロイド塗布薬)

副腎皮質の(ネベンニエレンリンデ)の(リンデ)⇒(リンデロン)

リンデロンVGの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。2-皮膚の化膿。

 

外用ステロイド剤(ミディアム) 副腎皮質ステロイド

アルメタ(アルクロメタゾン プロピオン酸エステル)

一般名の(アルクロメタゾン)の(アル-メタ)⇒(アルメタ)

アルメタの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ミディアム) 副腎皮質ステロイド

テラ・コートリル(オキシテトラサイクリン塩酸塩・ヒドロコルチゾン)

テラ・コートリルの効果・効能

1-皮膚の化膿。

 

外用ステロイド剤(ミディアム) 副腎皮質ステロイド

キンダベート(クロベタゾン酪酸エステル)

キンダーで、キンダベート(ステロイド塗布薬)

子供にも使えるステロイド剤という意味で、子供の(キンダー)の(キンド)⇒(キンダベート)

キンダベートの効果・効能

1-アトピー性皮膚炎、顔面・陰部における皮膚炎。

 

外用ステロイド剤(ミディアム) 副腎皮質ステロイド

グリメサゾン(デキサメタゾン

グリテールとデキサメタゾンで、グリメサゾン(ステロイド塗布薬)

有効成分の(グリテール)の(グリ)、一般名の(デキサメタゾン)の(メサゾン)で、(グリ-メサゾン)⇒(グリメサゾン)

グリメサゾンの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ミディアム) 副腎皮質ステロイド

レダコート(トリアムシノロン)

レダコートの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ミディアム) 副腎皮質ステロイド

ロコイド(ヒドロコルチゾン酪酸エステル)

ローカルコルチコイドで、ロコイド(ステロイド塗布薬)

局所的なステロイドの(ローカルコルチコイド)の(ロコ-イド)⇒(ロコイド)

ロコイドの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ミディアム) 副腎皮質ステロイド

リドメックス(プレドニゾロン吉草酸)

リドメックスの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ウィーク) 副腎皮質ステロイド

ドレニゾンテープ(フルドロキシコルチド)

一般名のフルドロキシコルチドの

別名の(フルランドレノリド)の(ドレン)、ヒドロコルチゾン骨格の(ヒドロコルチゾン)の(イゾン)で、(ドレン-イゾン)⇒(ドレニゾン

ドレニゾンテープの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

 

外用ステロイド剤(ウィーク) 副腎皮質ステロイド

プレドニゾロンプレドニゾロン

一般名の(プレドニゾロン)をそのまま⇒(プレドニゾロン

プレドニゾロンの効果・効能

1-皮膚炎、乾癬。

ガン性疼痛などに使われる痛み止めの名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

合成オピオイド(非麻薬性) オピオイド鎮痛

劇薬

ワントラム(トラマドール)

ワンで、ワントラム(オピオイド鎮痛薬)

1日1回投与を可能にした徐放製剤という意味で1回の(ワン)から⇒(ワントラム)

ワントラムの併用禁忌

MAO(マオ)阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)セロトニン症候群(錯乱、昏睡)のリスク

ワントラムの効果・効能

1-各種ガン、慢性疼痛における鎮痛。

ワントラムの作用・働き

オピオイド受容体を刺激する事で痛みの伝達を抑え、

また、痛みを抑える神経を活性化させる事で、癌などの慢性疼痛を抑えます。

 

合成オピオイド(非麻薬性) オピオイド鎮痛

劇薬

トラマール(トラマドール)

一般名の(トラマドール)から⇒(トラマール)

トラマールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)セロトニン症候群(錯乱、昏睡)のリスク

トラマールの効果・効能

1-各種ガン、慢性疼痛における鎮痛。

トラマールの作用・働き

オピオイド受容体を刺激する事で痛みの伝達を抑え、

また、痛みを抑える神経を活性化させる事で、癌などの慢性疼痛を抑えます。

 

合成オピオイド(非麻薬性配合剤) オピオイド鎮痛

劇薬

トラムセット(トラマドール・アセトアミノフェン)トラマール・カロナール

トラマドールとアセトアミノフェンで、トラムセット(オピオイド鎮痛)

(トラマドール)の(トラム)と、(アセトアミノフェン)の(セット)で、(トラム-セット)⇒(トラムセット)

トラムセットの併用禁忌

MAO(マオ)阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)セロトニン症候群(錯乱、昏睡)のリスク

トラムセットの効果・効能

1-各種ガン、慢性疼痛における鎮痛。

トラムセットの作用・働き

オピオイド受容体を刺激する事で痛みの伝達を抑え、

また、痛みを抑える神経を活性化させる事で、癌などの慢性疼痛を抑えます。

 

半合成オピオイド(非麻薬性) オピオイド鎮痛

抗精神病薬2 管理簿記入が必要

レペタン(ブプレノルフィン)

レペタンの効果・効能

1-各種ガンにおける鎮痛。2-心筋梗塞における鎮痛。

 

半合成オピオイド(非麻薬性) オピオイド鎮痛

抗精神病薬2 管理簿記入が必要

ノルスパン(ブプレノルフィン)

ノルスパンの効果・効能

1-関節症、腰痛症に伴う鎮痛。

ロキソニン、ボルタレンなどの解熱鎮痛薬の名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

51-解熱・鎮痛薬、抗炎症薬 腰痛

酸性(サリチル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アスピリン(アセチルサリチル酸

海外名のアスピリンをそのまま⇒(アスピリン

アスピリンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

 

酸性(サリチル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

バファリンアスピリンダイアルミネート)

バッファードアスピリンで、バファリン(抗血栓薬・解熱鎮痛薬)

アスピリンで痛みを和らげるの(バッファードアスピリン)の(バッファ-リン)⇒(バファリン

バファリンの効果・効能

1-関節リウマチ、頭痛、月経痛、感冒の解熱。

 

酸性(アントラニル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ポンタール(メフェナム酸)

ポンタールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ポンタールの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ブルフェン(イブプロフェン

イブプロフェンで、ブルフェン(解熱鎮痛薬)

一般名の(イブプロフェン)の(ブル-フェン)⇒(ブルフェン)

ブルフェンの効果・効能

1-関節リウマチ、頭痛、月経痛、感冒の解熱。

ブルフェンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アネオール(ケトプロフェン)

アナルゲシックとオールで、アネオール(解熱鎮痛薬)

鎮痛の(アナルゲシック)の(アネ)、痛みにオールマイティに効くのオールで、(アネ-オール)⇒(アネオール)

アネオールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

アネオールの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

スルガム(チアプロフェン)

スルとアルガンで、スルガン(解熱鎮痛薬)

優れるの(スル)の(スル)と、鎮痛の(アルガン)の(ガン)で、(ス-ルガン)⇒(スルガム)

スルガムの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

スルガムの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ナイキサン(ナプロキセン)

ナイキサンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ナイキサンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ニフラン(プラノプロフェン)

インフラメーションで、ニフラン(解熱鎮痛薬)

炎症の(インフラメーション)の(インフラ)から(ニ-フラ)⇒(ニフラン)

ニフランの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ニフランの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ロキソニン(ロキソプロフェン)

一般名の(ロキソプロフェン)の(ロキソ-ン)⇒(ロキソニン

ロキソニンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ロキソニンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(インドール酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

インテバンインドメタシン

インテバンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

インテバンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(フェニル酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ボルタレン(ジクロフェナク)

ボルタレンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

インテバンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

バキソ(ピロキシカム

バキソの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

バキソの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

モービック(メロキシカム)

モバイルで、モービック(解熱鎮痛薬)

リウマチ患者さんが動きやすくの(モバイル)から、(モービ)⇒(モービック

モービックの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

モービックの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ロルカム(ロルノキシカム)

一般名の(ロルノキシカム)から⇒(ロルカム

ロルカムの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ロルカムの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

酸性(ピラノ酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ハイペン(エトドラク)オスペイン

ハイとペインで、ハイペン(解熱鎮痛薬)

非常に速い鎮痛薬で(ハイスピードペインブロッカー)から、(ハイスピード)の(ハイ)と、痛みの(ペイン)の(ペイン)で、(ハイペイン)⇒(ハイペン

ハイペンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ハイペンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

中性(コキシブ系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

セレコックス(セレコキシブ)

一般名の(セレコキシブ)から⇒(セレコックス)

セレコックスの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

セレコックスの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

塩基性 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ソランタール(チアラミド)

ソランタールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ソランタールの作用・働き

炎症の原因のセロトニンヒスタミンの作用を抑えて、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

カロナールアセトアミノフェン

軽くなーるで、カロナール((解熱鎮痛薬)

熱や痛みが取れて症状が、軽く楽になるで⇒カルくナルから⇒(カロナール

カロナールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

カロナールの作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アンヒバ(アセトアミノフェン

アンチフィーバーから、アンヒバ(解熱鎮痛薬)

解熱の(アンチフィーバー)で、アン-フィ-バ⇒(アンヒバ)

アンヒバの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

アンヒバの作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

キョーリンAP2(シメトリド)

杏林製薬キョーリン、治験番号AP2のAP2で、キョーリン-AP2⇒(キョーリンAP2

キョーリンAP-2の効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

キョーリンAP-2の作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

ピリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

SG(ピリン系解熱鎮痛)

セダティブとグラニュールズで、エスジー(SG

鎮静薬の(セダティブ)のSエス)、顆粒の(グラニュールズ)のGジー)で、S-Gエス-ジー)⇒SGエスジー

SGの禁忌 ピリン系アレルギー

SGの効果・効能

1-感冒の解熱、頭痛。

 

総合感冒薬 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ペレックス(非ピリン系系感冒薬)

ペレックスの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

ペレックスの効果・効能

1-総合感冒薬(鼻汁、鼻閉、咽喉痛、咳、痰、頭痛、発熱の改善)。

 

PL(非ピリン系感冒薬)サラザック

パイロンから、ピーエル(PL

一般用医薬品OTCの総合感冒薬の(パイロン)のP-L(ピーエル)⇒PL(ピーエル)

PLの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

PLの効果・効能

1-総合感冒薬(鼻汁、鼻閉、咽喉痛、咳、痰、頭痛、発熱の改善)。

 

経皮吸収剤(サリチル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

スチックゼノールAサリチル酸

ゼナオルで、スティックゼノール

固形軟膏の(スティック)の(スティック)、是(コレ)で治るのゼ-なおる、(スティック-ゼ-ナオル)⇒(スチックゼノール)

スチックゼノールAのAは、達人のAce(エース)のAで、⇒(スチックゼノールA

スチックゼノールの効果・効能

1-打撲、捻挫、筋肉痛。

 

MS温シップ、MS冷シップ(メチルサリチル酸

MS温シップの効果・効能

1-打撲、捻挫、筋肉痛。

 

経皮吸収剤(インドール酢酸系)解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

イドメシン(インドメタシン

一般名の(インドメタシン)の(イ-ドメシン)⇒(イドメシン)

イドメシンの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

イドメシンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

経皮吸収剤(インドール酢酸系)解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

インテバンインドメタシン

インテバンの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

インテバンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

経皮吸収剤(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ロコア(エスフルルビプロフェン)

QOLと変形性膝関節症患者で、ロコア(解熱鎮痛薬)

生活の質のQOL(キューオーエル)から、(ロク)、変形性膝関節症患者の(オア)の(オア)で、(ロク-オア)⇒(ロコア)

ロコアの併用禁忌

ニューキノロン系抗菌 バクシダール(ノルフロキサシン)痙攣のリスク

ニューキノロン系抗菌 スオード(プルリフロキサシン)痙攣のリスク

ロコアの効果・効能

1-関節痛。

ロコアの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

経皮吸収剤(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

モーラス(ケトプロフェン)

モーラスの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

モーラスの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

経皮吸収剤(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ミルタックス(ケトプロフェン)

ミルタックスの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

ミルタックスの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

経皮吸収剤(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アドフィード(フルルビプロフェン)

アドヘレントとフィードで、アドフィード(解熱鎮痛薬)

接着の(アドヘレント)の(アド)、供給するの(フィード)の(フィード)で、(アド-フィード)⇒(アドフィード)

アドフィードの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

アドフィードの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

経皮吸収剤(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ヤクバン(フルルビプロフェン)

ヤクとバンテージで、ヤクバン(解熱鎮痛薬)

薬のヤク、包帯の(バンテージ)の(バン)で、(ヤク-バン)⇒(ヤクバン)

ヤクバンの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

ヤクバンの作用・働き

プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

経皮吸収剤(フェニル酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ナパゲルン(フェルビナク)スミルスチック・フェルナビオン

ナパノールとゲンで、ナパゲルン(解熱鎮痛薬)

一般名のフェルビナクの活性体のナパノールの源(みなもと)のゲンで、ナパ-ゲン⇒(ナパゲルン)

ナパゲルンの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

 

経皮吸収剤(フェニル酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

セルタッチ(フェルビナク)スミルスチック・フェルナビオン

セルとタッチで、セルタッチ(解熱鎮痛薬)

痛みの細胞にの(セル)から(セル)、肌にやさしいの(タッチ)の(タッチ)で、(セル-タッチ)⇒(セルタッチ)

セルタッチの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

 

経皮吸収剤(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

バキソ(ピロキシカム

バキソの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

 

経皮吸収剤(その他) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ゼスタック(副腎エキス・サリチル酸

ゼとスタックで、ゼスタック(解熱鎮痛薬)

理にかなっているの是のゼ、積み重ねるの(スタック)の(スタック)で、(ゼ-スタック)⇒(ゼスタック)

ゼスタックの効果・効能

1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。

 

その他の鎮痛薬 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

リリカ(プレガバリン)

リリカルで、リリカ(神経性鎮痛薬)

QOL改善の良いイメージの叙情的なの(リリカル)の(リリカ)で、⇒(リリカ)

リリカの効果・効能

1-神経障害性疼痛。2-線維筋痛症に伴う疼痛。

リリカの作用・働き

神経細胞を興奮させるカルシウムイオンを抑えて、神経障害性疼痛を改善します。

 

その他の鎮痛薬 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ノイロトロピン(ワクシニア)

ノイロトロピックから、ノイロトロピン

神経親和性の(ノイロトロピック)の(ノイロトロピ)で、⇒(ノイロトロピン

ノイロトロピンの効果・効能

1-帯状疱疹後神経痛。2-関節痛、腰痛。


当サイトでは、荒木先生の薬に頼らない治療方法に感銘を受けまして、

荒木先生の治療メソッドを紹介しています。

もしも、あなたの悩んでいる病状があるのであれば、一見の価値アリです。

もちろん、買う必要はありません。読むだけでも、あなたの為になると思います。

無料登録などもできるので、参考にしてみてください。

あなたが悩んでいる病歴のものを、読んでみてください。

【荒木式】うつ病治療

 

【荒木式】糖尿病治療

 

【荒木式】高血圧治療

 

【荒木式】ガン対策食事法

 

【荒木式】断糖肉食ダイエット