薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

酸性(サリチル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アスピリン(アセチルサリチル酸

海外名のアスピリンをそのまま⇒(アスピリン

アスピリンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(サリチル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

バファリンアスピリンダイアルミネート)

バッファードアスピリンで、バファリン(抗血栓薬・解熱鎮痛薬)

アスピリンで痛みを和らげるの(バッファードアスピリン)の(バッファ-リン)⇒(バファリン

バファリンの効果・効能

1-関節リウマチ、頭痛、月経痛、感冒の解熱。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(アントラニル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ポンタール(メフェナム酸)

ポンタールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ポンタールの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ブルフェン(イブプロフェン

イブプロフェンで、ブルフェン(解熱鎮痛薬)

一般名の(イブプロフェン)の(ブル-フェン)⇒(ブルフェン)

ブルフェンの効果・効能

1-関節リウマチ、頭痛、月経痛、感冒の解熱。

ブルフェンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アネオール(ケトプロフェン)

アナルゲシックとオールで、アネオール(解熱鎮痛薬)

鎮痛の(アナルゲシック)の(アネ)、痛みにオールマイティに効くのオールで、(アネ-オール)⇒(アネオール)

アネオールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

アネオールの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

スルガム(チアプロフェン)

スルとアルガンで、スルガン(解熱鎮痛薬)

優れるの(スル)の(スル)と、鎮痛の(アルガン)の(ガン)で、(ス-ルガン)⇒(スルガム)

スルガムの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

スルガムの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ナイキサン(ナプロキセン)

ナイキサンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ナイキサンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ニフラン(プラノプロフェン)

インフラメーションで、ニフラン(解熱鎮痛薬)

炎症の(インフラメーション)の(インフラ)から(ニ-フラ)⇒(ニフラン)

ニフランの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ニフランの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ロキソニン(ロキソプロフェン)

一般名の(ロキソプロフェン)の(ロキソ-ン)⇒(ロキソニン

ロキソニンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ロキソニンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

筋肉痛などに使われるロキソニンゲルの量の目安は、1cmあたり、0.3gで、1日数回、痛いところに薄く広げて、患部にあった量を塗ってください。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(インドール酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

インテバンインドメタシン

インテバンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

インテバンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(フェニル酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ボルタレン(ジクロフェナク)

ボルタレンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

インテバンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

バキソ(ピロキシカム

バキソの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

バキソの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

モービック(メロキシカム)

モバイルで、モービック(解熱鎮痛薬)

リウマチ患者さんが動きやすくの(モバイル)から、(モービ)⇒(モービック

モービックの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

モービックの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ロルカム(ロルノキシカム)

一般名の(ロルノキシカム)から⇒(ロルカム

ロルカムの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ロルカムの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(ピラノ酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ハイペン(エトドラク)オスペイン

ハイとペインで、ハイペン(解熱鎮痛薬)

非常に速い鎮痛薬で(ハイスピードペインブロッカー)から、(ハイスピード)の(ハイ)と、痛みの(ペイン)の(ペイン)で、(ハイペイン)⇒(ハイペン

ハイペンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ハイペンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

中性(コキシブ系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

セレコックス(セレコキシブ)

一般名の(セレコキシブ)から⇒(セレコックス)

セレコックスの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

セレコックスの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

塩基性 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ソランタール(チアラミド)

ソランタールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ソランタールの作用・働き

炎症の原因のセロトニンヒスタミンの作用を抑えて、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

カロナールアセトアミノフェン

軽くなーるで、カロナール((解熱鎮痛薬)

熱や痛みが取れて症状が、軽く楽になるで⇒カルくナルから⇒(カロナール

カロナールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

カロナールの作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アンヒバ(アセトアミノフェン

アンチフィーバーから、アンヒバ(解熱鎮痛薬)

解熱の(アンチフィーバー)で、アン-フィ-バ⇒(アンヒバ)

アンヒバの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

アンヒバの作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

キョーリンAP2(シメトリド)

杏林製薬キョーリン、治験番号AP2のAP2で、キョーリン-AP2⇒(キョーリンAP2

キョーリンAP-2の効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

キョーリンAP-2の作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

ピリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

SG(ピリン系解熱鎮痛)

セダティブとグラニュールズで、エスジー(SG

鎮静薬の(セダティブ)のSエス)、顆粒の(グラニュールズ)のGジー)で、S-Gエス-ジー)⇒SGエスジー

SGの禁忌 ピリン系アレルギー

SGの効果・効能

1-感冒の解熱、頭痛。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

総合感冒薬 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ペレックス(非ピリン系系感冒薬)

ペレックスの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

ペレックスの効果・効能

1-総合感冒薬(鼻汁、鼻閉、咽喉痛、咳、痰、頭痛、発熱の改善)。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。 抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

レボドパ含有製剤 抗パーキンソン病

ネオドパストン(レボドパ・カルビドパ)

レボドパのドパより⇒ネオドパストン

ネオドパストンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ネオドパストンの効果・効能

1-パーキンソン病

ネオドパストンの作用・働き

パーキンソン病の症状である手足のふるえ(振戦)や筋肉のこわばり(筋固縮)、

動きが遅くなる(無動)、体のバランスがとりにくくなる(姿勢反射障害)などの

神経症状に効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

レボドパ含有製剤 抗パーキンソン病

メネシット(レボドパ・カルビドパ)

海外名の(シネメット)の文字を並べて⇒(メネシット)

メネシットの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

メネシットの効果・効能

1-パーキンソン病

メネシットの作用・働き

パーキンソン病の症状である手足のふるえ(振戦)や筋肉のこわばり(筋固縮)、

動きが遅くなる(無動)、体のバランスがとりにくくなる(姿勢反射障害)などの

神経症状に効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

レボドパ含有製剤 抗パーキンソン病

マドパー(レボドパ・ベンセラジド)

レボドパのドパから⇒マドパー

マドパーの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

マドパーの効果・効能

1-パーキンソン病

マドパーの作用・働き

パーキンソン病の症状である手足のふるえ(振戦)や筋肉のこわばり(筋固縮)、

動きが遅くなる(無動)、体のバランスがとりにくくなる(姿勢反射障害)などの

神経症状に効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン作動薬(DA)(麦角系) 抗パーキンソン病

劇薬

カバサール(カベルゴリン)

一般名の(カベルゴリン)から⇒(カバサール

カバサールの効果・効能

1-パーキンソン病(非麦角系の効果が不十分の場合)。

カバサールの作用・働き

手足のふるえ、動作が遅くなるなどのパーキンソン病の症状を改善する、

排卵障害や乳汁漏出症などの原因のプロラクチンの分泌を抑えます。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン作動薬(DA)(非麦角系)抗パーキンソン病

劇薬

ビ・シフロール(プラミペキソール)

ビ・シフロールの効果・効能

1-パーキンソン病。2-中等度~高度の特発性レストレスレッグス症候群症候群

ビ・シフロールの作用・働き

ドパミン受容体に作用することで、手足のふるえ、筋肉のこわばりなどの

パーキンソン病の症状を改善したり、

レストレスレッグス症候群の足が火照る、ムズムズするなどの不快な症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン作動薬(DA)(非麦角系)抗パーキンソン病

劇薬

ミラペックスLA(プラミペキソール)

ミラペックスLAは、ビ・シフロールの徐放製剤でLAは、(ロングアクティング)の長く効くからです。

ミラペックスLAの効果・効能

1-パーキンソン病。2-中等度~高度の特発性レストレスレッグス症候群症候群

ミラペックスLAの作用・働き

ドパミン受容体に作用することで、手足のふるえ、筋肉のこわばりなどの

パーキンソン病の症状を改善したり、

レストレスレッグス症候群の足が火照る、ムズムズするなどの不快な症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

抗パーキンソン薬としてのミラペックスLAの服用の際の注意点としては、眠くなったり、眠くなったり、めまいや立ち眩み、ふらつきが起こることがあるので、車の運転や危険な作業は避けてください。

 

ミラペックスLAで、次のような症状が起きたら、医師または薬剤師に相談してください。

急な眠り込み。幻想や妄想。めまいや立ち眩み。発熱や意識がぼんやりした状態。筋肉のこわばりがひどい状態。

 

ドパミン作動薬(DA)(非麦角系) 抗パーキンソン病薬とレクトレスレッグス

劇薬

ニュープロパッチ(ロチゴチン)

ニュープロパッチの効果・効能

1-パーキンソン病

ニュープロパッチの作用・働き

ドパミン受容体に作用することで、手足のふるえ、筋肉のこわばりなどの

パーキンソン病の症状を改善したり、

レストレスレッグス症候群の足が火照る、ムズムズするなどの不快な症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン遊離促進薬 抗パーキンソン病

シンメトレル(アマンタジン)

シンメトリーから、シンメトレル(抗パーキンソン薬)

一般名の(アマンタジン)の構造式が左右対象になっていて、左右対象の(シンメトリー)の(シンメトル)⇒(シンメトレル

シンメトレルの効果・効能

1-パーキンソン症候群。2-脳梗塞後遺症に伴う意欲の低下の改善。3-A型インフルエンザ。

シンメトレルの作用・働き

ドパミンを増やすことで、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン代謝賦活薬 抗パーキンソン病

劇薬

レリーフ(ゾニサミド)

トレモアとリリーフで、トレリーフ(抗パーキンソン薬)

歩行の(トレッド)の障害や、振戦の(トレモア)といった運動障害の(トレ)軽減するの(リリーフ)の(リーフ)で、(トレ-リーフ)⇒(トレリーフ

レリーフの効果・効能

1-パーキンソン病。(レボドパ製剤に他の抗パーキンソン病薬を併用しても効果不十分の場合)

レリーフの作用・働き

ドパミンの合成と、ドパミンを増やすことで、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

モノアミン酸化酵素-B マオビー阻害薬 抗パーキンソン病

エフピー(セレギリン)

藤本製薬の抗パーキンソン薬で、エフピー

藤本製薬の抗パーキンソン病治療薬の(フジモトズ アンチパーキンソンドラッグ)から(エフ-ピー)⇒(エフピー)

エフピーの併用禁忌

オピオイド鎮痛 トラムセット(トラマドール)精神錯乱、興奮のリスク

注意欠陥薬 ストラテラ(アトモキセチン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 トメロン(ミルタザピン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 リフレックス(ミルタザピン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 レクサプロ(エスシタロプラム)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ジェイゾロフトセルトラリン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 パキシルパロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ルボックスフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 デプロメールフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 サインバルタ(デュロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 イフェクサー(ベンラファキシン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 トレドミンミルナシプラン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トリプタノール(アミトリプチリン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アモキサンアモキサピン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トフラニール(イミプラミン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アナフラニールクロミプラミン)失神のリスク

エフピーの効果・効能

1-重度のパーキンソン病

エフピーの作用・働き

ドパミンを分解する酵素MAO-B(マオビー)を阻害して、ドパミンを増やし、

パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

モノアミン酸化酵素-B マオビー阻害薬 抗パーキンソン病

セレギリン(セレギリン)

一般名の(セレギリン)から⇒(セレギリン)

セレギリンの併用禁忌

オピオイド鎮痛 トラムセット(トラマドール)精神錯乱、興奮のリスク

注意欠陥薬 ストラテラ(アトモキセチン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 トメロン(ミルタザピン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 リフレックス(ミルタザピン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 レクサプロ(エスシタロプラム)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ジェイゾロフトセルトラリン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 パキシルパロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ルボックスフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 デプロメールフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 サインバルタ(デュロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 イフェクサー(ベンラファキシン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 トレドミンミルナシプラン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トリプタノール(アミトリプチリン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アモキサンアモキサピン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トフラニール(イミプラミン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アナフラニールクロミプラミン)失神のリスク

セレギリンの効果・効能

1-重度のパーキンソン病

セレギリンの作用・働き

ドパミンを分解する酵素MAO-B(マオビー)を阻害して、ドパミンを増やし、

パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ノルアドレナリン前駆物質 抗パーキンソン病

ドプス(ドロキシドパ)

一般名のドロキシドパの(ジヒドロキシフェニル エル セリン)から(ドプス)を抜いて⇒(ドプス)

ドプスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化による失明のリスク)

ドプスの効果・効能

1-重度のパーキンソン病におけるすくみ足、立ちくらみの改善。

2-シャイドレーガー症候群における失神、立ちくらみの改善。

ドプスの作用・働き

脳内でノルアドレナリンに変換されることで、ドパミンの原料であるノルアドレナリンを増やし、ドパミンを増やし、すくみ足や立ちくらみに対して効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

末梢COMT(コムト)阻害薬 抗パーキンソン病

コムタン(エンタカポン)

コムトで、コムタン(抗パーキンソン薬)

(コムト)阻害薬の(コムト)⇒(コムタン)

コムタンの効果・効能

1-レボドパ製剤で治療中のパーキンソン病における日内変動(ウェアリングオフ現象の改善)。

コムタンの作用・働き

レボドパを分解する酵素(コムト)を阻害して、ドパミンを増やし、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

コムタンは、レボドパ製剤と同時に飲む必要があります。

 

コムタンは、赤褐色の着色尿と異なる色の尿(コーラのような赤黒い尿)が、筋肉の痛みなどを伴って出た場合(横紋筋融解症の疑い)は、すぐに医師の診療を受けてください。

 

コムタンの注意点は、赤褐色の尿(着色尿)が出ることもありますが、コムトンそのものの色の為、健康には影響ありませんので安心してください。

 

アデノシンA2A受容体拮抗薬 抗パーキンソン病

ノウリアスト(イストラデフィリン)

ノーリッシュメントとアシストで、ノウリアスト(抗パーキンソン薬)

滋養の(ノーリッシュメント)の(ノウリ)と、援助するの(アシスト)の(アスト)で、(ノウリ-アス-ト)⇒(ノウリアスト)

ノウリアストの効果・効能

1-レボドパ製剤で治療中のパーキンソン病における日内変動(ウェアリングオフ現象の改善)。

ノウリアストの作用・働き

アデノシンを減らして、ドパミンを増やし、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

抗コリン薬 抗パーキンソン病

アーテン(トリヘキシフェニジル)

アンチとテタナスで、アーテン(抗パーキンソン薬)

治療の(アンチ)の(アー)と、振戦・麻痺などの痙攣性緊張の(テタナス)の(タン)で、(アータン)⇒(アーテン

アーテンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化による失明のリスク)

アーテンの効果・効能

1-抗精神病薬によるパーキソニズム、ジスキネジア。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

抗コリン薬 抗パーキンソン病

アキネトン(ビペリデン)タスモリン

アキネティックとトーンで、アキネトン(抗パーキンソン薬)

運動不能の(アキネティック)の(アキネ)、身体・精神の正常な状態の(トーン)の(トン)で、(アキネ-トン)⇒(アキネトン

アキネトンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化による失明のリスク)

アキネトンの効果・効能

1-特発性パーキソニズム。2-抗精神病薬によるパーキソニズム、ジスキネジア。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

ミオナールは、筋肉のこわばりを解消することで筋肉痛などを改善します。脱力感、眠気に注意してください。

中枢性筋弛緩薬 骨格筋弛緩薬

ミオナール(エペリゾン)ミオリラーク

ミオから、ミオナール(筋弛緩薬)

筋肉の(ミオ)で、筋肉に作用する薬で⇒(ミオナール

ミオナールの効果・効能

1-肩、首、腰痛症による筋緊張緩和の改善。        

 

ミオナールは、筋肉のこわばりを解消することで筋肉痛などを改善します。脱力感、眠気に注意してください。

 

中枢性筋弛緩薬 骨格筋弛緩薬

アロフト(アフロクアロン)

一般名の(アフロクアロン)から⇒(アロフト)

アロフトの効果・効能

1-肩、首、腰痛症による筋緊張緩和の改善。

 

筋肉のこわばりを解消することで筋肉痛などを改善します。脱力感、眠気に注意してください。

 

中枢性筋弛緩薬 骨格筋弛緩薬

劇薬

ギャバロン(バクロフェン)

ギャバからギャバロン(筋弛緩薬)

γ-アミノ酪酸(GABAギャバの誘導体から(ギャバ)⇒(ギャバロン

ギャバロンの効果・効能

1-脳血管障害。2-脳性麻痺

 

筋肉のこわばりを解消することで筋肉痛などを改善します。脱力感、眠気に注意してください。

 

中枢性筋弛緩薬 骨格筋弛緩薬

劇薬

リオレサール(バクロフェン)

リオレサールの効果・効能

1-脳血管障害。2-脳性麻痺

 

筋肉のこわばりを解消することで筋肉痛などを改善します。脱力感、眠気に注意してください。

 

中枢性筋弛緩薬 骨格筋弛緩薬

テルネリン(チザニジン)

テルネリンの併用禁忌

SSRI抗うつ薬 ルボックスフルボキサミン)血圧低下で失神のリスク

SSRI抗うつ薬 デプロメールフルボキサミン)血圧低下で失神のリスク

ニューキノロン系抗菌 シプロキサン(シプロキサシン)血圧低下で失神のリスク

テルネリンの効果・効能

1-肩、首、腰痛症による筋緊張緩和の改善。2-脳性麻痺

 

筋肉のこわばりを解消することで筋肉痛などを改善します。脱力感、眠気に注意してください。

 

中枢性筋弛緩薬 骨格筋弛緩薬

リンラキサー(クロルフェネシル)

ラクサントから、リンラキサー(筋弛緩薬)

中枢性筋弛緩剤の(セントラリー アクティング マッスル レラクサント)の(リラックス)から⇒(リンラキサー)

リンラキサーの効果・効能

1-腰痛症による筋緊張緩和の改善。2-すべり症。

 

筋肉のこわばりを解消することで筋肉痛などを改善します。脱力感、眠気に注意してください。

めまいの原因とは、平衡感覚を司る蝸牛の血流が悪くなると、耳鳴り・難聴・めまいなどの症状が起きます。

アレルギー性抗めまい薬

セファドール(ジフェニドール)

セファロとジフェニドールで、セファドール(抗めまい薬)

頭部の(セファロ)の(セファ)、一般名の(ジフェニドール)の(ドール)で、(セファ-ドール)⇒(セファドール

セファドールの効果・効能

1-内耳障害に基づくめまい。

 

めまいの原因とは、平衡感覚を司る蝸牛の血流が悪くなると、耳鳴り・難聴・めまいなどの症状が起きます。

 

めまい、耳鳴り、難聴を伴うメニエール病に用いて、血流を改善して治します。

 

アレルギー性抗めまい薬

メリスロン(ベタヒスチン)

メリスロンの効果・効能

1-メニエール症候群、眩暈症に伴うめまい。

 

めまいの原因とは、平衡感覚を司る蝸牛の血流が悪くなると、耳鳴り・難聴・めまいなどの症状が起きます。

 

めまい、耳鳴り、難聴を伴うメニエール病に用いて、血流を改善して治します。

 

アレルギー性耳鳴緩和薬

ストミンAニコチン酸

名前の由来は特にないです。

ストミンAの効果・効能

1-内耳による耳鳴。

 

めまいの原因とは、平衡感覚を司る蝸牛の血流が悪くなると、耳鳴り・難聴・めまいなどの症状が起きます。

 

めまい、耳鳴り、難聴を伴うメニエール病に用いて、血流を改善して治します。