薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

2019-06-28から1日間の記事一覧

フリウェルなどの月経困難症治療のホルモン剤は、血栓症(血管内に血の固まりが詰まる病気)を発現するリスクのある薬なので、手足のマヒなどに注意が必要な薬です。

卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤 女性ホルモン剤 ルナベル(エチニルエストラジオール・ノルエチステロン)フリウェル ルナとノベルファーマ社で、ルナベル(女性ホルモン剤) 月経の意味で、月の(ルナ)の(ルナ)、開発社のノベルファーマ社のベルで、…

ヤーズなどの月経困難症治療のホルモン剤は、血栓症(血管内に血の固まりが詰まる病気)を発現するリスクのある薬なので、手足のマヒなどに注意が必要な薬です。

卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤 女性ホルモン剤 ヤーズ(ドロスピレノン・エチニルエストラジオール) ヤーズの効果・効能 1-月経困難症。 ヤーズなどの月経困難症治療のホルモン剤は、血栓症(血管内に血の固まりが詰まる病気)を発現するリスクのある…

ユリノームなどの痛風・高尿酸血症治療薬は、肝臓に異常がある人は、避けたほうが良い薬なので、ユリノーム服用中は、定期的に肝機能検査を受ける必要がある薬です。

尿酸降下薬(尿酸排泄促進)高尿酸血症・痛風治療薬 劇薬 ユリノーム(ベンズブロマロン)ナーカリシン ウリックとノーマライズで、ユリノーム(痛風治療薬) 尿酸値を正常化するという意味で、尿酸の(ウリックアシッド)の(ユリ)、正常化するの(ノーマ…

保湿薬である、ビーソフテンローションは、皮膚の水分を保持し潤いを保ちます。2回振り出した量(0.5g)は、大人の手のひら2つ分の面積に塗布できます。塗るタイミングは、入浴後5分以内が効果的です

血行促進薬 皮膚科用薬 ヒルドイド(ヘパリン)ビーソフテン ヒルドとオイドで、ヒルドイド(保湿薬) ヒル属の(ヒルド)の(ヒルド)、~のようなもので(オイド)の(オイド)で、(ヒルド-オイド)で、⇒(ヒルドイド) ヒルドイドの効果・効能 1-皮脂…

インテバンクリームなどの、塗布薬は、関節部位であれば、その周り全体を塗ってください。とくに、風呂上がりの使用は、筋肉痛に、効果的です。

経皮吸収剤(インドール酢酸系)解熱・鎮痛薬、抗炎症薬 劇薬 インテバン(インドメタシン) インテバンの効果・効能 1-関節痛、腱鞘炎、筋肉痛。 インテバンの作用・働き プロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示し…

抗パーキンソン薬としてのミラペックスLAの服用の際の注意点としては、眠くなったり、眠くなったり、めまいや立ち眩み、ふらつきが起こることがあるので、車の運転や危険な作業は避けてください。

ドパミン作動薬(DA)(非麦角系)抗パーキンソン病薬 劇薬 ミラペックスLA(プラミペキソール) ミラペックスLAは、ビ・シフロールの徐放製剤でLAは、(ロングアクティング)の長く効くからです。 ミラペックスLAの効果・効能 1-パーキンソン病。2-中等…

中耳炎などに使われる、ホスミシン点耳薬の点耳の際の注意点は、冷たい薬液を点耳すると、めまいを起こす事がありますので、手で温めてから、点耳するようにして下さい。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ホスホマイシン抗菌 抗菌薬 ホスミシンS(ホスホマイシン) 一般名の(ホスホマイシン)の(ホス-ミシン)⇒(ホスミシン) ホスミシンの効果・効能 1-中耳炎、副鼻腔炎、膀胱炎。 中耳炎などに使われる、ホスミシン点耳薬の点耳の際の注意点は、冷たい薬液…

ラキソベロン内用液の飲み方は、1日1回、寝る前に飲む下剤です。指示された滴数を、コップ半量~コップ1杯に滴下して飲んでください。 便の状態が硬かった場合は、成人なら2滴ずつ、小児なら1滴ずつ増量。便が下痢錠であった場合は、成人なら2滴ずつ、小児なら1滴ずつ減量してください。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

腸刺激性下剤 ラキソベロン(ピコスルファート) ラキソベロンの効果・効能 1-便秘症。2-造影剤の硫酸バリウム投与後の排便促進。 ラキソベロンの作用・働き 腸の運動を活発にする事で排便を促します。 ラキソベロン内用液の飲み方は、1日1回、寝る前…

バイアグラなどの勃起不全薬は、狭心症などの心臓病によく用いられるニトログリセリンなどの硝酸薬と、絶対に併用はできません。死亡を含む重篤な副作用を起こす事があります。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

勃起不全治療薬 男性ホルモン剤 バイアグラ(シルデナフィル) バイアグラの併用禁忌 カリウムチャネル3群 危険な不整脈 アンカロン (アミオダロン)血圧低下で失神のリスク 硝酸薬 狭心症 アイトロール(血圧低下で失神のリスク) 硝酸薬 狭心症 ニトロール…

抗パーキンソン治療薬である、コムタンの注意点は、赤褐色の尿(着色尿)が出ることもありますが、コムトンそのものの色の為、健康には影響ありませんので安心してください。

末梢COMT(コムト)阻害薬 抗パーキンソン病薬 コムタン(エンタカポン) コムトで、コムタン(抗パーキンソン薬) (コムト)阻害薬の(コムト)⇒(コムタン) コムタンの効果・効能 1-レボドパ製剤で治療中のパーキンソン病における日内変動(ウェアリン…