薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

気管支喘息の薬

メジコンは、非麻薬性の鎮咳薬で習慣性がなく、風邪や気管支炎などに使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

メジコンは、非麻薬性の鎮咳薬で習慣性がなく、風邪や気管支炎などに使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) メジコンの成分であるデキストロメトルファンには、 脳の咳中枢の興奮を抑える作用があり、風邪感冒、気管…

メジコンは、非麻薬性の鎮咳薬で、風邪や気管支炎などに使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

メジコンは、非麻薬性の鎮咳薬で、風邪や気管支炎などに使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) メジコンの成分であるデキストロメトルファンには、 脳の咳中枢の興奮を抑える作用があり、風邪感冒、気管支炎などの鎮…

アスベリンは、非麻薬性の咳止めで、小児によく使われる安全性の高い咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

アスベリンは、非麻薬性の咳止めで、小児によく使われる安全性の高い咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) アスベリンは、脳の咳中枢の興奮を抑えて咳を鎮める咳止めです。 また、アスベリンは、気管支からの分泌物を増やし…

アストミンは、非麻薬性の咳止めで、穏やかな効き目で、風邪処方でよく使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

アストミンは、非麻薬性の咳止めで、穏やかな効き目で、風邪処方でよく使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) アストミンは、脳の咳中枢の興奮を抑える作用があり、 気管支炎、肺炎などの咳止めに用いられます。 コデ…

フスタゾールは、非麻薬性の鎮咳薬で、穏やかな咳止めで、風邪などに使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

フスタゾールは、非麻薬性の鎮咳薬で、穏やかな咳止めで、風邪などに使われる咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) フスタゾールは、脳の咳中枢の興奮を抑え、 風邪などの感冒や気管支炎などに伴う咳を鎮めます。 フスタゾー…

コデインリン酸は、麻薬性の鎮咳薬で、強力な咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

コデインリン酸は、麻薬性の鎮咳薬で、強力な咳止めです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) コデインリン酸は、昔から使われている鎮咳薬で、脳の中枢の興奮を抑えて、咳を鎮め、 コデインリン酸は、咳を止めるだけでなく、鎮痛・鎮…

シングレアは、ロイコトリエン受容体拮抗体薬で、アレルギー性鼻炎や気管支喘息に使われる薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

シングレアは、ロイコトリエン受容体拮抗体薬で、アレルギー性鼻炎や気管支喘息に使われる薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) シングレアは、アレルギー性鼻炎や気管支喘息に使われる薬です。 シングレアは、ロイコトリエン受…

シングレアは、ロイコトリエン受容体拮抗体薬で、アレルギー性鼻炎や気管支喘息に使われる薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

シングレアは、ロイコトリエン受容体拮抗体薬で、アレルギー性鼻炎や気管支喘息に使われる薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) シングレアは、アレルギー性鼻炎や気管支喘息に使われる薬です。 シングレアは、ロイコトリエン受…

オノンは、ロイコトリエン受容体拮抗薬の気管支喘息の薬です。オノンの副作用とは。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

オノンは、ロイコトリエン受容体拮抗薬の気管支喘息の薬です。オノンの副作用とは。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) オノンは、ロイコトリエン受容体に結合し、ロイコトリエンの作用を拮抗することで、 気道の収縮などの亢進を抑制…

レルベアは、抗炎症作用とベータ2受容体刺激作用により、気道の炎症を抑える吸入ステロイドと持続的に広げる長時間型のベータ2受容体刺激作用で気管支を広げ喘息発作や、症状が出にくい状態を維持する気管支喘息治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

レルベアは、抗炎症作用とベータ2受容体刺激作用により、気道の炎症を抑える吸入ステロイドと持続的に広げる長時間型のベータ2受容体刺激作用で気管支を広げ喘息発作や、症状が出にくい状態を維持する気管支喘息治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(…

フルティフォームは、気道の炎症を抑える吸入ステロイドと持続的に広げる長時間型のベータ2受容体刺激作用の気管支拡張薬の配合型で、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

フルティフォームは、気道の炎症を抑える吸入ステロイドと持続的に広げる長時間型のベータ2受容体刺激作用の気管支拡張薬の配合型で、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) フルテ…

スピリーバは、ムスカリン受容体拮抗薬で、気管支収縮を抑えて、気管支を広げ、呼吸を楽にして、息切れなどを起こりにくくする気管支喘息の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

スピリーバは、ムスカリン受容体拮抗薬で、気管支収縮を抑えて、気管支を広げ、呼吸を楽にして、息切れなどを起こりにくくする気管支喘息の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) スピリーバは、ムスカリン受容体拮…

シムビコートは、気道の炎症を抑える吸入ステロイドと持続的に広げる長時間型のベータ2受容体刺激作用で、気管支拡張薬の配合型で、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

シムビコートは、気道の炎症を抑える吸入ステロイドと持続的に広げる長時間型のベータ2受容体刺激作用で、気管支拡張薬の配合型で、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) シムビコ…

アドエアは、抗炎症作用で、気道の炎症を抑え、ベータ2受容体刺激作用で、気管支を広げて気管支ぜんそくの治療に使われています。喘息発作を速やかに止める薬ではありません。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

アドエアは、抗炎症作用で、気道の炎症を抑え、ベータ2受容体刺激作用で、気管支を広げて気管支ぜんそくの治療に使われています。喘息発作を速やかに止める薬ではありません。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) アドエアは、抗炎症作…

フルタイドは、気道の炎症を抑えることで、気管支ぜんそくの治療に使われています。喘息発作を速やかに止める薬ではありません。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

フルタイドは、気道の炎症を抑えることで、気管支ぜんそくの治療に使われています。喘息発作を速やかに止める薬ではありません。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) フルタイドは、抗炎症作用により、気道の炎症を抑えることで、 気管…

ホクナリンテープは、気管支を広げ、気管支ぜんそくや、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ホクナリンテープは、気管支を広げ、気管支ぜんそくや、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) ホクナリンテープは、交感神経のベータ2受容体を刺激することで、気管支平滑筋を収縮させ…

サルタノールは、気管支を広げ、気管支ぜんそくや、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

サルタノールは、気管支を広げ、気管支ぜんそくや、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使われています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) 気道の流れが悪くなる病気として、気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患があります。 気管支喘息では…

メプチンは、気管支を広げるお薬で、気管支喘息や気管支炎に使われるお薬です。

メプチンは、気管支を広げるお薬で、気管支喘息や気管支炎に使われるお薬です。 気管支喘息の主な症状は、ゼーゼーする咳です。 気管支が腫れたり、収縮することにより、気道が狭くなり、 酸素が取り込みにくくなり、ゼーゼー・ヒューヒューといった呼吸が苦…