薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

ミドリンMとは?目薬ミドリンMで視力アップするのか?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

視力回復
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

ミドリンMとは?目薬ミドリンMで視力アップするのか? 

視力検査で引っ掛かって眼科に行ってみると、最初に処方してもらうのが「ミドリンM」という名の目薬かと思います。だけど、この「ミドリンM」って本当に視力を改善してくれるんでしょうか?

 

「ミドリンM」ってなに?

「ミドリンM」ってよく聞きますが、果たしてなんなのでしょう。端的に言うと参天製薬が考案した検査用目薬なのです。

禁忌の中には「緑内障および狭隅角や前房が浅い等の様な眼圧上昇の素因のある患者さん」には投与しないようにともあるものです。

 

なぜ検査薬を治療法として使用するの?

そもそも、ミドリンMは眼底検査で瞳孔を開く為の検査用目薬といえます。副交感神経の活動を抑制することを利用して、瞳を大きく開くように働きます。

さらには、目の緊張状態をといてくれるので、そのことが近視改善に結び付くとのことで、仮性近視用の治療薬となって使用されるようになってきたようです。

我々は基本的に、近くにピントを合わせる時に毛様体筋を伸ばして目のレンズ(水晶体)を厚くするのです。

「近視」というものは、この毛様体筋が伸びすぎて縮められなくなった時に発生します。

であるから、目薬をさすと一時的に毛様体筋がほぐされて、目のレンズの厚みを調整していた筋肉の緊張がとけるから、

レンズの厚さをキチンと制御することができるようになり、遠くを見る視力が回復します。

とりわけ、お子さんの内はまだまだ毛様体筋が柔軟なので、強引に元の状態に戻してやることによってその状態を記憶して、近視が治る、と考えられるのです。

 

「ミドリンM」を使用して良いとき、悪いとき

けれど、「ミドリンM」では副作用があるとよく言われています。とくに小さい子どもにつかう時には要注意みたいです。

それで、ミドリンMを使っていい時なんですけど、瞳孔が無理やりに開いてしまうので、眩しくて目を開けていられなくなってしまいます。

ということは、夜、おねんねする前にさしてあげれば良いんです。このやり方だったらもう眠りにつくだけなので心配はありません。

ですが、人によっては頭痛が出たりするそうです。これに関しては眼圧が上昇するためのようですね。充血したりすることだってあるようです。「そのような症状が出たらミドリンMの使用を中止して眼科を受診してください」だといわれます。

 

ミドリンMの使用は、2週間だけ、の期間限定との事

「ミドリンM」は強い薬なので、長期的には使いません。

2週間、ちゃんと一日一回点眼しておいて視力が戻れば「悪かった視力は仮性近視でした。実際には見えてますね。OKです」と言われ、「少し様子を見ましょう」の一言で安心し、そして元通りの生活に戻ります。

「ミドリンM」をストップするとどうなるか?

「視力が治って良かった」と目薬をやめて、ちょっとたつと、学校の視力検査があります。その時点でいい視力を維持できていたら良いですが、又徐々に視力が下がってしまっていることが少なくないのです。なら、また眼科に行って「ミドリンM」をもらえばいいや、だと思いますよね。

が、2度目、3度目のミドリンMは薬の効きも弱くなります。目の筋肉が元に戻り難くなっているんです。その後近視が回復しないとなると「もうメガネをかけたらどうですか?」と言われるのです。


視力低下してすぐなら、早めの対応で視力回復の可能性が高まります。

視力回復
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~