ケタス点眼薬とはなに?アレルギー点眼液の使い分け 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ケタスとは

アレルギー液の使い分け 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師教える薬の全て

ケタス点眼液とは、アレルギー性結膜炎治療薬の一つです。

最初にアレルギーの病状あなたもよくご存知のように、

抗原マスト細胞作用することが原因でマスト細胞脱顆粒を行なって

ヒスタミンなどといったケミカルメディエーターを放出することによって

アレルギー反応が発生します。


アレルギー治療薬のターゲットとしては大きく分けると

『メディエーター遊離抑制薬』ヒスタミンH1受容拮抗薬』

の2種類があります


『メディエーター遊離抑制薬』はアレルギーの要因のを抑制するのですが

のかゆみ取れるまでに2週間前後かかります

今のところ処方出来るとしてよく使われるのは品で

ケタス

インタール
アレギサールペミラスト
リザベントラメラスアレニスト
エリックス
ゼペリン

等があります

使い方は、基本的に4回ですが

アレギサールだけ1日2回です


メディエーター遊離抑制薬に対してヒスタミンH1受容拮抗薬』

すばやくのかみなどの不調に効果的であるとなります

今のところ品で

リボスチン
ザジテン

があげられます


最近では『メディエーター遊離抑制薬』ヒスタミンH1受容拮抗薬』の

2つの効果を発揮する「Dual effect」のが流通しています

パタノー
アレジオン

です


パタノーの「アレロック」のversion

アレジオンその名前が示す通りの「アレジオン」のになります


『メディエーター遊離抑制薬』ヒスタミンH1受容拮抗薬』それぞれに

どうしても欠点がありますので

こちらの『Dual effect』とされるパタノーもしくはアレジオンを処方する傾向にあります


しかしながら原価この2種類のアレルギー違いがあり

パタノー1本1000円なので3負担300円

アレジオン1本2000円なので3負担600円

と2違ってきます。アレジオン点眼の方が高価です。


もう一つの違いは瓶のです

アレジオンディンプルボトル」と言って

瓶の真ん中へこんでいて薬を押しやすい形状をしているのです

アレジオン点眼の方が使いやすいが、効果である目薬と言えます。


その影響でお年寄り入らない人など

特にリウマチなどが原因で変形してしまって瓶を押し難いにとっては

使い易い瓶のをしているのです


基本はどっちも1日4回


けれどかゆみの症状それほどまでひどくないには

かゆい時に適宜という頓服の話を行ったりもします

これくらいのかゆい時に適宜と話すくらいかゆみの軽いには

ゆみの緩和効き目を見せるリボスチン」を処方されることもあるのではないかと思います


逆にかゆみの症状ひどい患者さんにはステロイド液を併用されます

ステロイド切れよくかゆみの症状素早く軽減させて

患者評価はとても優れています

副作用もあるのでハイリスクハイリターン的な感じがしますね

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~