薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

ザジテン点眼薬とはどんな薬?花粉症の目薬はザジテンAL点眼薬が良いです!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

視力回復
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

ザジテン点眼薬とはどんな薬?花粉症の目薬はザジテンAL点眼薬が良いです!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

花粉症の目のかゆみに適した目薬はザジテンです。

ザジテンAL点眼薬

ザジテンAL点眼薬は医療用目薬においてもザジテン点眼液で使用されている花粉症に効果の高い目薬で主成分は「ケトチフェン」になります。

ザジテンAL点眼薬の効能効果として花粉症などのアレルギー物質が影響して出てくる目のかゆみを抑制するヒスタミン作用というものと、アレルギーを起こす原因物質が放出されるのを阻む作用のケミカルメディエーター遊離抑制作用の2つがあります。

これらの効果によって、花粉症の症状を素早く抑える事ができるのです。

市販では販売されていませんが医療用において使われるパタノール点眼薬やアレジオン点眼というメジャーな目薬と同等の種類の薬と認識してください。

 

そのうえでザジテンAL点眼薬が良い点はその効果発現の速さから、もしも花粉症の症状が出てしまってもしっかり効果を発揮するです。ですから花粉症の薬は「花粉が舞う前から使わないといけない」と言われますが、ザジテンは症状が出ても、安心してかゆみを抑制する事ができるんです。

 

医療用ではアレギサール点眼液・ペミラストン点眼液として使用される目薬で、

成分は「ペミロラスト」という成分となっています。

 

こちらの2つの目薬はアレルギーが発生する物質が放たれるのを食い止める目薬であると言えます。おまけに単独でほぼ眠気はまったく出る事はないので、車の運転等も問題なく点眼する事ができます。

欠点としては素早い効き目がないので、花粉が舞って、目のかゆみの症状が出てしまう場合には薬が効力を出してくるまで時間かかってしまうので、そんな場合は速効性のあるザジテンAL点眼薬を使用するのがおすすめです。 

 

花粉症の目薬が効かない時には

もしも上記で提示した目薬が効かないときには2種類・3種類の点眼剤を使用してみたい気持ちも推定されますが、病院へ行くことが大事です。

と言うのは、こういった類の薬が効かないケースではOTCでは買うことができない目薬(ステロイド配合や免疫抑制)にお世話になる可能性があるからです。たぶん市販の目薬を2つ以上使用しても効果は変わりないですし、効果がかぶってしまう可能性もあります。

ならば医師の診断を受けてきちんとした薬を処方して貰うに越したことはないでしょう。

 

アレルギー性結膜炎治療薬を種類別に分けるとこうなります。

メディエーター遊離抑制薬とヒスタミンH1受容体拮抗薬あり

アレジオン(エピナスチン)添加物なし、コンタクトレンズOK

パタノール(オロパタジン)

ヒスタミンH1受容体拮抗薬のみ

ザジテン(ケトチフェン)フサコール

リボスチン(レボカバスチン)

メディエーター遊離抑制薬のみ

アレギサール・ペミラストン(ペミロラスト)1日2回でOK

ケタス(イブジラスト)

インタール(クロモグリク酸)ミタヤク

リザベン(トラニラスト)

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~