リザベン点眼液とはどんな薬?リザベン点眼液はコンタクトレンズの上から点眼できますか? 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

視力回復
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

 

リザベン点眼液とはどんな薬?リザベン点眼液はコンタクトレンズの上から点眼できますか? 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

花粉症などといったアレルギー性の結膜炎の際に

処方してもらうことが多いリザベン点眼液。

 

コンタクトレンズの上から点眼可能なのかというところです。

 

結論として、ワンデー以外のコンタクトレンズなら「点眼しない」ほうがいいです。

 

使い切りではないソフトコンタクトレンズや、

ハードコンタクトレンズ、2ウィークコンタクトレンズ

マンスリーコンタクトレンズなどが挙げられますね。

 

そのようなコンタクトレンズの上からのリザベン点眼液の点眼は、

どの眼科医も使用してはダメといいます。

 

それについては

リザベン点眼液に含まれる「ベンザルコニウム塩化物」である成分が問題になります。

コンタクトレンズの上から点眼薬であるリザベン点眼液を使用するのを

避けたほうがいい原因は、

 

リザベン点眼液の防腐剤として採用されている

ベンザルコニウム塩化物」という添加物だと考えられます。

 

ベンザルコニウム塩化物という添加物は粒子が大きいことに加えて、

コンタクトレンズにくっつきやすい特徴を持っています。

 

ですので、コンタクトレンズの上からリザベン点眼薬を点眼すると、

コンタクトレンズの表面にベンザルコニウム塩化物がくっついて、

コンタクトレンズの表面がちょっとザラザラになってしまい、

眼の角膜にキズがつきやすくなるという厄介な問題が出てくるんです。

 

ワンデーコンタクトレンズでは意見が分かれるのは、

1日で使い捨てて毎日新しいコンタクトレンズを使うのであれば、

レンズにベンザルコニウム塩化物が蓄積されないからという考え方があるからです。

  

ちなみに、アレルギー性結膜炎治療薬を種類別に分けるとこうなります。

メディエーター遊離抑制薬とヒスタミンH1受容体拮抗薬あり

アレジオン(エピナスチン)添加物なし、コンタクトレンズOK

パタノール(オロパタジン)

ヒスタミンH1受容体拮抗薬のみ

ザジテン(ケトチフェン)フサコール

リボスチン(レボカバスチン)

メディエーター遊離抑制薬のみ

アレギサール・ペミラストン(ペミロラスト)1日2回でOK

ケタス(イブジラスト)

インタール(クロモグリク酸)ミタヤク

リザベン(トラニラスト)

 

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~