アズレン点眼薬とはどんな薬ですか?アズレン点眼液、AZ点眼液(アズレン)の効果効能と副作用 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

アズレン点眼薬とはどんな薬ですか?アズレン点眼液、AZ点眼液(アズレン)の効果効能と副作用 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

アズレン点眼液、AZ点眼液(一般名:アズレン)は「非ステロイド性抗炎症薬」という種類に属します。

眼に起こった炎症を穏やかに和らげてくれる働きがあります。さらに穏やかな抗アレルギー働きがあるため、アレルギー症状改善する事も期待ができます。

アズレン点眼液、AZ点眼液はどの様な特徴のあるお薬で、どの様な病気の人が使うお薬なんでしょうか。

アズレン点眼液、AZ点眼液の効果効用や特徴をご紹介していきたいと思います。

アズレン点眼液、AZ点眼液の特徴

それではアズレン点眼液、、AZ点眼液の特徴をご紹介します。

アズレン点眼液、AZ点眼液は穏やかなベネフィットを持ち、抗炎症効果、抗アレルギー効果を持ちます。

又、ステロイド抗生物質のように継続使用をすることによっての良くない事が生じにくい点眼薬です。

アズレン点眼液、AZ点眼液は炎症を抑える作用を持ち、また非常に弱いですが抗アレルギー作用も持っています。

AZ点眼液は植物由来の天然のお薬なので、とても安全と言えます。

以上からアズレン点眼液、AZ点眼液の特徴については以下の様な点を挙げられます。

アズレン点眼液、AZ点眼液の特徴】

・穏やかな抗炎症作用を持ちます
・穏やかな抗アレルギー作用も持ちます
・副作用はほとんどありません

アズレン点眼液、AZ点眼液はどのような患者に使用するのか

アズレン点眼液、AZ点眼液はどのような患者に使用されるのでしょうか。

【効能又は効果】

急性・慢性結膜炎、アレルギー性結膜炎、表層角膜炎、眼瞼縁炎、強膜炎と添付文章に書かれています。

難しい用語で書かれていますが、カンタンに言えば「眼やその周囲の炎症」を改善させるために使われるということになります。

そういった患者に使われます。

強膜と言いますと、概していえば白目の部分で、この白めに生じた炎症が強膜炎です。

角膜と言いますと、黒目の部分で、この黒めに生じた炎症が角膜炎です。

結膜は強膜の外側にあり、白目の表面とまぶたの裏側に重なっている膜です。

アズレン点眼液、AZ点眼液は強膜、角膜の部位の炎症を改善するために使われます。

アズレン点眼液、AZ点眼液においてはどのような効き目があるのか

であれば、アズレン点眼液、AZ点眼液は実際的にどのように眼精疲労を改善させているのでしょうか。

アズレン点眼液、AZ点眼液の主成分は「アズレン」という名の物質で、

この成分は「アズノール軟膏」の主成分に当たります。

具体的にいうと次の効能を持つことが言われています。

抗炎症効果

アズレン点眼液、AZ点眼液においては穏やかな抗炎症作用があります。抗炎症作用というものは、炎症を抑制してくれる働きのことです。

炎症そのものを抑えるのが抗炎症効果です。アズノールは抗炎症作用によって、発赤・熱感・腫脹・疼痛を楽にしてくれます。

ついでに申しますと抗炎症効果を持つ成分というとステロイドが有名で、実際ステロイド点眼液も眼の炎症に採用されています。

ステロイドは素晴らしい抗炎症効果を持ち、確実な効果が見られるため医療現場でも多く用いられているのですが、それとは逆にステロイド点眼薬を長期使用が原因の副作用も決して軽視は出来ません。眼圧を上昇させてしまう危険がありますし(ステロイド緑内障)、ステロイド点眼薬による免疫系の働きを抑制してしまうことで抵抗力が下がり、バイ菌に感染しやすく陥ってしまうこともあります。

ステロイド点眼液と比較するとアズレン点眼液、AZ点眼液の抗炎症作用は弱いと言わざるをえません。されどアズレン点眼液、AZ点眼液は、その分だけ安全性に優れてます。非ステロイド点眼薬は、長期使用をしても比較的、安全でありステロイド点眼薬のような副作用が出てくることはありません。

その為、目のかゆみや、炎症が軽症の患者さんの場合や、長期の点眼が見込まれる患者さんには、アズレン点眼液、AZ点眼液が使われやすい傾向が見られます。

ステロイドはしっかりした知識のある医師に従って適正に使用すれば、決して怖いと感じるものではないと言えます。それどころか病気を素早く治してくれる頼りになる薬です。

眼の症状に伴ってアズレン点眼液、AZ点眼液を使ったり、ステロイドを使ったり、上手く点眼薬を使い分けることが大事です。

抗アレルギー作用

アズレン点眼液、AZ点眼液としては、アレルギーを抑制する効力を見せることがわかっています。

けれどその強さはかなり弱いからこそ、どちらにせよ補助的な作用ほどに認識しておくのが良いと思います。

根本的なアレルギー疾患に対し、アズレン点眼液、AZ点眼液だけを用いて治療するのは力不足となってしまう事が多いです。

アズレン点眼液、AZ点眼液が向いている人は?

ここまでの説明で、アズレン点眼液、AZ点眼液が適した患者さんはどんな人なのかを考慮してみますと

アズレン点眼液、AZ点眼液の特徴をおさらいすると、

・穏やかな抗炎症作用を持ちます
・非常に穏やかな抗アレルギー作用を持ちます
・副作用はほとんどありません

とかがありました。

つまり、

・眼の軽い炎症

患者さんに対して使われやすいお薬だと思えます。

又、長期連用が原因の副作用がないので、目のかゆみや炎症症状が酷い急性期はステロイド点眼液などでしっかり治して、

目のかゆみや炎症症状がある程度和らいできた慢性期になったらアズレン点眼液、AZ点眼液に切りかえるというのも効果的な使い方だと思われます。

ステロイド系抗炎症薬 眼科用薬(非ステロイド

AZ(アズレン)

ジクロード(ジクロフェナク)

ネバナック(ネパフェナク)

ニフラン(プラノプロフェン)

ブロナック(ブロムフェナク)

 

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~