ジクロードはどんな薬ですか?非ステロイド点眼薬。白内障の目薬は術後いつの時点まで差せばいい?ひと月から3か月がポピュラーです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ジクロードはどんな薬ですか?非ステロイド点眼薬。白内障の目薬は術後いつの時点まで差せばいい?ひと月から3か月がポピュラーです。

薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

  

白内障の施術が終わって目薬を差しているけれども
いつになっても「もう大丈夫です」と言われない…

 

何時まで目薬を差し続けたら良いのだろう?と
治療のおわりがいつ頃なのかと心配になっていませんか?

 

白内障手術後の点眼の期間は病院によって違っており、短い病院では1ヶ月程度から
長い病院では6ヵ月くらい点眼が必要であると言われるようです。

 

けっこう違いがありますが、たいてい1か月から3か月ぐらいが一般的と考えられます。

 

よく見かけるのが、「もう見えるようになってきたし、目のトラブルもないから」
と言って否応なしに点眼を中止してしまうケース。

 

白内障の手術後は目が充血したり、ゴロゴロしたり、涙が出てくる、目がぼやけるなどの
目の症状が発生しやすいのでちゃんと点眼しますが、2週間ぐらいすると目のトラブルも落ち着いてきます。

 

段々人並みの生活が出来るようになると、点眼がおっくうになって点眼しなくなり気味です。

 

その様にして勝手に点眼を止めてしまうのは厳禁です。

 

白内障手術後の眼内炎を抑止するために、術後の点眼が非常に欠かせないのです。

 

 きちんと点眼して経過が良好なら1ヶ月程度で点眼が終わります。

 

白内障の手術後すぐに処方してもらう目薬は、
抗菌剤、ステロイド系抗炎症剤、非ステロイド系消炎剤の3種類です。

 

ばい菌感染を食い止める抗菌剤、炎症をとるためのステロイド系炎症剤と
ステロイド系消炎剤を2種類で、トータルで3種類の点眼薬を1日4回点眼します。

 

白内障手術後の通院は、次の日、2日後、3日後、1週間後、2週間後、
4週間後、8週間後、12週間後といったことが多いです。

 

点眼薬は、抗菌点眼薬のクラビット、非ステロイド点眼薬のジクロード、ステロイド点眼薬のフルメトロンの3剤を3ヶ月間

点眼を続けるのが一般的です。

 

抗菌剤、ステロイド系抗炎症剤はほとんどのケースでは1ヶ月程度処方されることになりますが、
ステロイド系消炎剤は時間が掛かる人で半年ほど処方されることがあります。

 

ステロイド系抗炎症薬 眼科用薬(非ステロイド

AZ(アズレン)

ジクロード(ジクロフェナク)

ネバナック(ネパフェナク)

ニフラン(プラノプロフェン)

ブロナック(ブロムフェナク)

ステロイド系抗炎症薬 眼科用薬(ステロイド

オルガドロン(デキサメタゾンリン酸)

フルメトロン(フルオロメトロン)フルオメソロン、ピトス

プレドニンプレドニゾロン

リンデロン(デキサメタゾンリン酸)

サンテゾーン(デキサメタゾンメタスルホ安息香酸)DEX

 

抗菌薬配合抗炎症薬 眼科用薬(抗菌薬配合)

リンデロンA(ベタメタゾン・フラジオマイシン)

ネオメドロールEE(メチルプレドニゾロンフラジオマイシン)

 

抗菌薬 眼科用薬(アミノグリコシド系)

トブラシン(トブラマイシン)

 

抗菌薬 眼科用薬(セフェム系

ベストロン(セフメノキシム)

 

抗菌薬 眼科用薬(ニューキノロン系)

タリビット(オフロキサシン)

ガチフロガチフロキシン)

オゼックス(トスフロキサシン)

バクシダール(ノルフロキサシン)

ベガモックス(モキシフロキサシン)

クラビット(レボフロキサシン)

 

抗菌薬 眼科用薬(マクロライド系)

エコリシン(エリスロマイシン)

 

この中で、白内障手術後によく使われるのは、

抗菌点眼薬のクラビット、非ステロイド点眼薬のジクロード、ステロイド点眼薬のフルメトロンの3種類になります。

 

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~