ネオメドロールEE眼軟膏とは、弱いステロイドと抗生物質の合剤です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 ネオメドロールEE眼軟膏とは、弱いステロイド抗生物質の合剤です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

目の周りの瞼などの湿疹に対し使用される眼軟膏というのがあります。

今回はその内でもネオメドロールEEという軟膏です。

 

このネオメドロールEE眼軟膏、眼科の先生の中では多用される先生もいるみたいです。

なぜでしょうか?

このネオメドロールEE眼軟膏には抗炎症作用があるステロイドと抗生剤の2つの成分が入っているからなのです。

どちらにも効くから、処方をする。という先生も珍しくありません。

 

逆に2つほど、問題も見受けられます。

湿疹だったときは抗生剤は必要ないですし、感染だったケースだと、ステロイドは治療を遅らせます。

つまり、ネオメドロールEE眼軟膏はどっちつかずという事です。

もう一つはかぶれの問題です。

この抗生剤が曲者なんです。

抗生剤の成分はフラジオマイシンというのが、原因でかぶれることがあるのです。

 

一般的に塗り薬でかぶれたケースだと判断することは比較的楽です。

塗った部位が赤くなって、痒くジュクジュクしてきますから。

ところがどっこい、このネオメドロールEEのフラジオマイシンで負けている状況では

一緒にあるステロイドによって、かぶれの症状が隠されてしまっています。

しかも、完全にかぶれを抑えることができていないので、なんとなく静まらない赤みとかゆみがずっと続いてしまうのです。

 

ようするに、2つの成分が互いに影響しあって、湿疹なのか感染症なのかよくわからない症状を作る事態になってしまうのです。

ネオメドロールEE眼軟膏を使用する際は、注意が必要と言えます。

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~