リボスチン点眼液とは、第2世代の抗ヒスタミン薬のアレルギー性結膜炎の目薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

リボスチン点眼液とは、第2世代の抗ヒスタミン薬のアレルギー性結膜炎の目薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

リボスチン点眼液は、抗アレルギー薬の目薬であります。

 

リボスチン点眼液の主な成分は、塩酸レボカバスチンとして
こちらの塩酸リボスチンとしては、アレルギー性鼻炎軽減に効果効能があり、
花粉症の症状軽減や花粉症の予防に使われます。

 注意事項としてはリボスチン点眼液0.025%には
保存料である塩化ベンザルコニウムを含んでいるため、
含水性ソフトコンタクトレンズ装用時の点眼は
原則的に控えなければなりません。

リボスチン点眼液は、
アレルギー性鼻炎解消の効能があり、
花粉症対策にも利用されています。

 

リボスチン点眼液は、かゆみに即効性のある目薬ですから、
すでにある抗アレルギー点眼薬と違って、
花粉が飛び散る前から予防として点眼する必要はありません。 

リボスチンの中には、点鼻薬も存在します。
リボスチン点鼻薬は、アレルギー性鼻炎の緩和に効果を発揮します。
リボスチン点鼻薬は、ステロイド点鼻薬ほどは強くはないですが、
副作用の心配が少ないので、長期の使用でも安心です。

 

市販薬の点鼻薬の多くは、血管収縮剤がプラスされていて、
長期連用すると耐性ができてしまい、薬が効かなくなってしまうという
副作用の不安があります。

 花粉症の季節を通して長期間使用するのには、
市販薬は、あまり適してません。

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~