クラビットとはタリビットの改良版です。クラビット点眼液とタリビット点眼液の違いは?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~ 

 

クラビットとはタリビットの改良版です。クラビット点眼液とタリビット点眼液の違いは?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

クラビット点眼液とタリビット点眼液は、両方ともニューキノロン系の抗菌薬です。

ニューキノロン系の抗生物質は、強力でさまざまな細菌に幅広く有効です。

用途も様々、呼吸器、泌尿器、循環器、眼科、内科など、頻繁に使われる抗菌薬です。

クラビットは、分かりやすく言うとタリビットの改良版でして、

タリビットをさらに強力によく効くように改善したものです。

クラビットの成分は、レボフロキサシン
タリビットの成分は、オフロキサシン

となります。

タリビットのオフロキサシンの効果の高いS体だけ抽出したのが、クラビットのレボフロキサシンということになります。

S体だけ抽出したクラビットはタリビットよりもよく効きますし、副作用も少ないので、

タリビット点眼薬とクラビット点眼薬は、点眼薬だけでなく錠剤もあります。

タリビット点眼薬はいまでも現役でよく見ますが、

クラビット点眼薬の方が効きは良いって言われていますので、

タリビット点眼薬は弱めの点眼薬って事で目の軽い症状に使われています。

クラビット点眼薬は、強力な抗生剤だけに使用頻度も多いですが、使用すればする程、

細菌が学習して、クラビットの耐性菌が増加することになります。

実際、耐性菌が増えているようです。

よく効く抗菌薬ほど、最終防衛線として最後にとっておきたいので、

必要以上に使う薬ではないですね。

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~