グリミクロンとは、糖尿病の薬で、スルホニルウレア薬です。 グリミクロン錠・グリミクロンHA錠の効果と副作用 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

グリミクロンとは、糖尿病の薬で、スルホニルウレア薬です。 グリミクロン錠・グリミクロンHA錠の効果と副作用 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

グリミクロンHA錠・グリミクロン錠(一般名:グリクラジド)とは

糖尿病の治療薬の中でも「スルホニルウレア(SU)薬系」というタイプに属します。

グリミクロンは、インスリンの分泌をする膵臓に直接働きかけて、インスリンの分泌量を増やし、血糖値を下げるお薬です。強力な血糖降下作用があるのが強みですが、血糖を下げ過ぎて「低血糖」にしてしまう危険性もあり、慎重な使用が必要なお薬になります。

糖尿病治療薬にも数々のタイプのお薬があります。

グリミクロンの効果や特徴、どの様な方に適したお薬なのかについてみていきましょう。

 

 

1.グリミクロンの特徴とは

先ずはグリミクロン錠の特徴に関して、かんたんに紹介します。

グリミクロンはインスリンの分泌量を増すことで強力に血糖を下げるお薬になります。

強力な効果が期待できる一方で、血糖を下げすぎる(低血糖)危険もあります。

グリミクロンはSU(スルホニルウレア)薬と呼称されるお薬です。SU薬にはインスリンを増やす効き目があります。

インスリンは膵臓にあるβ細胞から分泌されている血糖を下げるホルモンで、食事して血糖が上がれば血糖を下げるために分泌されますホルモンです。

SU薬はβ細胞に直接作用することによって、インスリンをβ細胞から絞り出すお薬です。

SU薬を投与すると、膵臓β細胞がインスリンを出すようになるため、血糖しっかり下げてくれます。

通常、インスリンは血糖が上昇するとそれをβ細胞が検知して分泌されるため食後に多く分泌され、空腹時にはあまり分泌されていません。しかしSU薬は血糖の多さに関わらずβ細胞を刺激してインスリンを分泌させます。そのため食前・食後に関わらず全体的に血糖を下げてくれるお薬になります。これは空腹時にも高血糖であるような糖尿病の方には良い作用なのですが、空腹時の低めの血糖をも更に下げてしまうリスクにもなります。

SU薬はこういった作用を持つことから、血糖を下げる力に限って見れば非常に優れたお薬なんですが、

反面、お薬の力でむりやりインスリンを絞り出すお薬となるので、血糖を下げすぎてしまい、低血糖になる危険性もあるお薬なのです。

低血糖症状が生じることからも、SU薬は「最終手段」とすべきお薬であり、最初から安直に使い続けていい薬ではないことが分かります。

2.グリミクロン錠はどういった疾患に使用するのか

グリミクロン錠はどういった疾患に使用されるのでしょうか。

糖尿病には1型と2型が存在します。

1型は遺伝性の病気で、膵臓にあるβ細胞と呼ばれるインスリンを分泌する細胞が破壊されてしまっている病態です。

β細胞が破壊されてしまうとインスリンが分泌できないの、血糖値は高くなっていってしまいます。

2型はよく知られている糖尿病で、糖分を摂りすぎたり肥満などによりインスリンの効きが悪くことで発生してしまう病態です。

グリミクロンなどのSU剤は2型糖尿病に対して用いられます。

食事療法や運動療法をしても改善がみられない時、グリミクロンのようなお薬が検討されます。

3.グリミクロンにはどの様な作用がありますか

グリミクロンはインスリンを分泌する膵臓のβ細胞に直接作用して、β細胞からインスリンを絞り出すお薬です。

インスリンを絞り出すことにより、インスリンの分泌量が増えます。

4.グリミクロンの副作用

グリミクロンは副作用に特に注意が必要なお薬です。

強力に血糖を下げるので「低血糖」を起こしてしまうリスクがあるからです。

非常に稀ですが重い副作用としては、

  • 無顆粒球症
  • 肝炎、肝機能障害、黄疸

などが報告されているので、定期的な検査が必要な薬となります。

 

 

糖尿病


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)