薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

グルコバイは、糖尿病の薬で、αグルコシダーゼ阻害薬です。ベイスン、グルコバイ、セイブルの相違点・比較 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 グルコバイは、糖尿病の薬で、αグルコシダーゼ阻害薬です。ベイスン、グルコバイ、セイブルの相違点・比較 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

 糖尿病とは血糖値が高い状態が続く病気です。

糖尿病の恐ろしさは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」などの合併症がもたらされることです。

 

糖尿病治療に関して重要な薬の1つが、α-グルコシダーゼ阻害薬です

そこでこの記事では、α-グルコシダーゼ阻害薬に属する

グルコバイ(成分名:アカルボース)ベイスン(成分名:ボグリボース)セイブル(成分名:ミグリトール)の違いを比較しました。

 

α-アミラーゼ阻害作用の有無の違い

グルコバイ(成分名:アカルボース)、ベイスン(成分名:ボグリボース)、セイブル(成分名:ミグリトール)はα-アミラーゼ阻害作用の有無で分けることができます。

 

炭水化物は吸収されるときに、二糖類に分解されます。

この時に関わる酵素がα-アミラーゼです

 

α-グルコシダーゼ阻害薬の中において、ただ一つα-アミラーゼ阻害作用を有するのがグルコバイ(成分名:アカルボース)です。

要するに、グルコバイ(成分名:アカルボース)は、二糖類から単糖類へ分解するα-グルコシダーゼ阻害と

多糖類から二糖類へ分解するα-アミラーゼ阻害作用を併せ持ちます。

 

その一方、消化されない状態で、大腸へ運ばれる糖の量が増すことにより、お腹が張ってしまう・放屁(おなら)などの副作用が多くなってしまうというデメリットもあります。

 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)