ジャヌビア、グラクティブは糖尿病薬のDPP4阻害薬で、日本で最初に発売された、DPP4阻害薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 ジャヌビア、グラクティブは糖尿病薬のDPP4阻害薬で、日本で最初に発売された、DPP4阻害薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

ジャヌビア、グラクティブは糖尿病薬で、DPP4阻害薬に分類されます。

ジャヌビア、グラクティブは、日本で最初に発売されたDPP4阻害薬です。

主観的な意見ですが、ジャヌビア(グラクティブ)は併用可能な薬剤は多いのですが、腎機能低下例やジゴキシン併用者では注意が必要ですので、

単剤使用をするのでならば、ネシーナやトラゼンタのほうが安全性が高いように思われます。

DPP4阻害薬の中で、エクアを除く薬剤は全て1日1回の服用で大丈夫です。


エクアは、1日2回服用することで、朝は日中の、夜は夜間の血糖値をコントロールすることが期待されていますが、

エクアは、1日1回のみの服用も認められてはいます。

インクレチンの分解を抑える

DPP4阻害薬は、インクレチンというホルモンに作用するお薬です。

インクレチンというのは、私たちの身体の中に元々あるホルモンで、GLP-1(Glucagon-Like Peptide1)などがあります。

インクレチンはインスリン(血糖を下げるホルモン)を増やしたり、

グルカゴン(血糖を上げるホルモン)を減らすことで血糖値を下げる働きを持っています。

インクレチンは血糖が高い時だけ分泌され、血糖が低い時には分泌されないという仕組みを持っており、

これによって血糖が高い時のみ血糖を下げ、血糖が低い時はそれ以上血糖を下げないのです。

糖尿病治療を行う際、SU薬などのお薬はインスリンそのものの分泌量を増やします。

これはしっかりと血糖を下がりますが、血糖が低い時も更に下げてしまうため、低血糖が生じる可能性があります。

低血糖は意識レベルが低下し、最悪の場合は命にも関わるような重篤な副作用です。

DPP4阻害薬は、インスリンそのものを増やすのではなく、このインクレチンを増やします。

インクレチンが増えれば必要な時だけインスリンの分泌量が増え、血糖が低い時にはそれ以上血糖を下げないという事が可能になります。

DPP4阻害薬は、DPP4という酵素のはたらきをブロックするお薬になります。

DPP4はインクレチンを分解する酵素になります。そのため、DPP4を阻害するとインクレチンが分解されにくくなり、インクレチンの量が増えます。

インクレチンの量が増えれば、血糖が高い時には血糖を下げてくれて、

しかも、血糖が低くなってしまったときには血糖を下げすぎず、低血糖が生じにくいという理想的な治療が可能です。

 

インスリンの効きを良くする

DPP4阻害薬は、インスリンの量を増やして血糖を下げるだけでなく、

インスリンの効きを良くすることによりインスリンが効率良く働けるようにする作用も持っています。

このことを「インスリン抵抗性の改善」と呼んでいます。

インスリンは血液中の糖分を筋肉や脂肪組織などの末梢組織に取り込ませる働きがあります。

そのようにして末梢組織は、この取り込んだ糖分を元に生命活動などの必要な活動を行うのです。

DPP4阻害薬は、インスリンが末梢組織に取り込まれやすいようにしてくれるという作用を持っています。

この事からもDPP4阻害薬はしっかりと血糖を下げてくれると考えられます。

 

「DPP-4阻害薬」とは

 「DPP-4阻害薬」とは、「di-peptidyl peptidase-4 阻害薬」の意味で、「DPP-4」という名の酵素を阻害する薬です。

 人間が食べ物を食べると、消化管は「インクレチン」という名のホルモンを分泌します。

この「インクレチン」は膵臓からのインスリン分泌を促して、食事により上がった血糖値を下げる働きがあります。

※「インクレチン」とは、GLP-1等のホルモンの総称です。

 そして、インスリンが機能して血糖値が下がってくると、「DPP-4」が「インクレチン」を分解するので、必要以上に血糖値が下がりすぎないようにバランスが保たれています。

 このような理由から、「DPP-4阻害薬」は低血糖を起こしにくい特徴があります。
 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)