薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

マリゼブとは糖尿病薬でDPP4阻害薬の中で、週1回で服用OKの低血糖を起こしにくい薬です。マリゼブの特徴とは?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

マリゼブとは糖尿病薬でDPP4阻害薬の中で、週1回で服用OKの低血糖を起こしにくい薬です。マリゼブの特徴とは?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

マリゼブはインスリンの分泌量を増やして血糖値を下げるお薬です

マリゼブは糖尿病薬で、DPP4阻害薬に属する薬になります

マリゼブは、今までの糖尿病治療薬と異なり、インスリンを過剰に分泌させない工夫がされていて、

マリゼブは、低血糖のリスクがほぼない安全性に優れるお薬になっています。

マリゼブの特徴とは?

マリゼブ錠の特徴につきまして、簡単に紹介します。

マリゼブはインクレチンという名のホルモンの量を増やして、安全に血糖値を下げるお薬です。

マリゼブの作用時間はとても長く、1週間に一度の服薬で血糖降下作用が持続します。

インクレチンは血糖を下げる「インスリン」を分泌させるホルモンではありますが、血糖値によって分泌量が変わる特徴を持っています。

血糖が高い時はインクレチンは多く分泌されるので血糖を下げますが、血糖が低い時はインクレチンは分泌されなくなりので血糖は下がりません。

インクレチンは血糖値を感知しつつ分泌量が変わるホルモンなのです。

このインクレチンに作用させることで安全に血糖を下げる事を可能にしたのがマリゼブなどのDPP4阻害薬です。

マリゼブはDPP4という酵素の働きを阻害します。

DPP4はインクレチンを分解する酵素ですので、DPP4が阻害されるとインクレチンが分解されなくなって、インクレチンの濃度が上がるのです。

マリゼブはインクレチンの量を増すことで安全に血糖を下げることが出来ます。

DPP4阻害薬にも多様なお薬がありますが、DPP4阻害薬の中でのマリゼブはどのような位置づけになるのでしょう?

マリゼブの最大の特徴は、なんといってもその作用時間の長さです。

マリゼブは、1回服用すると効果は1週間持続するので、マリゼブは、1週間に一度の服薬になっています。

そして1週間に一度の服薬で、毎日飲む必要のある他のDPP4阻害薬と同等の効果があることが認められています。

この特徴は毎日の服薬が面倒くさいと感じている患者さんにとっては大きなメリットですね。

以上からマリゼブ錠の特徴として次のことがあげられます。

【マリゼブ錠の特徴】

・糖尿病薬の中でとDPP4阻害薬に属するお薬です
・インクレチンを増やして安全に血糖を下げます
・インクレチンに作用するため低血糖が起こりにくいです
・血糖降下の作用時間が非常に長いので、1週間に1回の服用で良い薬です

さらにマリゼブは1週間に一度の服用で大丈夫という、非常に手間が少なくて済むお薬です。

 

糖尿病とは血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。

糖尿病の恐ろしいところは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」等の合併症の引き金となることです。

しびれ、失明、腎障害などといった合併症を防ぐため、薬を服用し血糖値を適切にコントロールする必要が求められます。

糖尿病治療におきまして重要な薬の1つが、DPP-4阻害薬です

 

DPP4阻害薬は、インクレチンの分解を抑える

DPP4阻害薬は、インクレチンというホルモンに作用するお薬です。

インクレチンというのは、私たちの身体の中に元々あるホルモンで、GLP-1(Glucagon-Like Peptide1)などがあります。

インクレチンはインスリン(血糖を下げるホルモン)を増やしたり、

グルカゴン(血糖を上げるホルモン)を減らすことで血糖値を下げる働きを持っています。

インクレチンは血糖が高い時だけ分泌され、血糖が低い時には分泌されないという仕組みを持っており、

これによって血糖が高い時のみ血糖を下げ、血糖が低い時はそれ以上血糖を下げないのです。

糖尿病治療を行う際、SU薬などのお薬はインスリンそのものの分泌量を増やします。

これはしっかりと血糖を下がりますが、血糖が低い時も更に下げてしまうため、低血糖が生じる可能性があります。

低血糖は意識レベルが低下し、最悪の場合は命にも関わるような重篤な副作用です。

DPP4阻害薬は、インスリンそのものを増やすのではなく、このインクレチンを増やします。

インクレチンが増えれば必要な時だけインスリンの分泌量が増え、血糖が低い時にはそれ以上血糖を下げないという事が可能になります。

DPP4阻害薬は、DPP4という酵素のはたらきをブロックするお薬になります。

DPP4はインクレチンを分解する酵素になります。そのため、DPP4を阻害するとインクレチンが分解されにくくなり、インクレチンの量が増えます。

インクレチンの量が増えれば、血糖が高い時には血糖を下げてくれて、

しかも、血糖が低くなってしまったときには血糖を下げすぎず、低血糖が生じにくいという理想的な治療が可能です。

 

インスリンの効きを良くする

DPP4阻害薬は、インスリンの量を増やして血糖を下げるだけでなく、

インスリンの効きを良くすることによりインスリンが効率良く働けるようにする作用も持っています。

このことを「インスリン抵抗性の改善」と呼んでいます。

インスリンは血液中の糖分を筋肉や脂肪組織などの末梢組織に取り込ませる働きがあります。

そのようにして末梢組織は、この取り込んだ糖分を元に生命活動などの必要な活動を行うのです。

DPP4阻害薬は、インスリンが末梢組織に取り込まれやすいようにしてくれるという作用を持っています。

この事からもDPP4阻害薬はしっかりと血糖を下げてくれると考えられます。

 

「DPP-4阻害薬」とは

 「DPP-4阻害薬」とは、「di-peptidyl peptidase-4 阻害薬」の意味で、「DPP-4」という名の酵素を阻害する薬です。

 人間が食べ物を食べると、消化管は「インクレチン」という名のホルモンを分泌します。

この「インクレチン」は膵臓からのインスリン分泌を促して、食事により上がった血糖値を下げる働きがあります。

※「インクレチン」とは、GLP-1等のホルモンの総称です。

 そして、インスリンが機能して血糖値が下がってくると、「DPP-4」が「インクレチン」を分解するので、必要以上に血糖値が下がりすぎないようにバランスが保たれています。

 このような理由から、「DPP-4阻害薬」は低血糖を起こしにくい特徴があります。
 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)