薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

スーグラとは糖尿病の薬でSGLT2阻害薬で、スーグラは、日本で初めて販売されたSGLT2阻害薬で、臨床データがとても豊富なSGLT2阻害薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

スーグラとは糖尿病の薬でSGLT2阻害薬で、スーグラは、日本で初めて販売されたSGLT2阻害薬で、臨床データがとても豊富なSGLT2阻害薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

スーグラは、糖尿病薬で、SGLT2阻害薬に属し、今までとは違う作用機序で血糖値を下げる薬です。

スーグラなどのSGLT2阻害薬は、糖を尿として出して、血糖値を下げて、糖尿病を改善させるお薬になります。

 

SGLT2阻害薬にも色々なお薬がありますけど、その中でのスーグラはどのような位置づけなのでしょうか。

実はSGLT2阻害薬は2014年から発売が始まったばかりのお薬で、現時点では各SGLT2阻害薬の大きな特徴の差というのはないです。

強いて言うとスーグラは一番最初に発売されたSGLT2阻害薬なので、他のSGLT2阻害薬と比べるとデータが豊富だという事くらいですね。
 

糖尿病は血液中の糖分が過剰になる病気ですが、SGLT2阻害薬は、過剰な糖分を尿からたくさん排泄して血糖を下げるお薬です。

過剰な糖分を尿として捨てるので、SGLT2阻害薬は血糖を下げる力を持っています。

その一方で、SGLT2阻害薬は、尿路感染症や脱水といった副作用にも注意が必要なお薬です。

SGLT2阻害薬の特徴

まずはSGLT2阻害薬の特徴を、かんたんに紹介します。

SGLT2阻害薬は血液中の過剰になった糖分を、尿から排泄して血糖を下げるお薬です。

糖尿病薬の薬であるSGLT2阻害薬の、SGLT2とは腎臓の近位尿細管にある

尿から糖分(ブドウ糖)を体内に再吸収する働きをもつ輸送体です。

糖分は私たちの生きる為に必要なエネルギー源ですので、貴重なエネルギー源を取りこぼさないよう、

SGLT2は尿に入ってしまった糖分を体内に取り戻すはたらきがあるのです。

しかし糖尿病の患者さんでは、体内の糖分が過剰になってしまっています。

この時、SGLT2のはたらきを妨害すれば、余分な糖分は尿から排泄され、体内の糖分を減らせます。

これがSGLT2阻害薬の作用機序になります。

SGLT2阻害薬は余分な糖分を尿と伴に排泄するお薬ですから、血糖を下げすぎてしまうリスク(低血糖)も少ないお薬です。

糖分を体外に排泄する特徴から、血糖を下げる効果もしっかりあり、糖尿病を改善させるには有効なお薬の1つです。

又、脂質の分解を促すことで高脂血症を改善させたり、体重や内臓脂肪を減少させる効果もあり、これもSGLT2阻害薬の利点になります。

SGLT2阻害薬のデメリットとして、副作用に注意する必要があります。特に注意すべきであるのは脱水と尿路感染症です

SGLT2阻害薬は糖分を尿と一緒に排泄させるのですが、糖分が入った尿は浸透圧が高いので、水分をたくさん引っ張って

たくさんが尿が出てしまうので、尿量が多くなり、脱水になりやすくなってしまいます。

また糖分が多いという事はバイ菌が繁殖しやすくなるのです。

糖尿病の患者さん感染症にかかりやすいことが知られていますが、これも健康な人と比べ体内に糖分が多すぎることが要因です。

SGLT2阻害薬は腎臓・尿管・膀胱等に糖分を多く集めるので、腎臓・尿管・膀胱に感染が生じやすくなるというリスクがあります。

具体的にいうと尿路感染症や性器感染症のリスクが高くなってしまいます。

そんな理由から、元々脱水になりやすい患者さんや感染に弱い患者さんはSGLT2阻害薬の使用は慎重に考えるベきです。

さらには、SGLT2阻害薬は尿を作る臓器の腎臓に作用するお薬です。

その為腎臓が悪い患者さんはSGLT2阻害薬の効果が弱ってしまい、十分な効果が得られない恐れがあります。

とくに重度の腎機能障害があるケースでは、SGLT2阻害薬はほとんど効かないと思われます。

つまりSGLT2阻害薬は腎機能障害のある患者さんにはあまり向かないお薬と言えるでしょう

 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)