薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)病気、薬のザックリ概要・特徴をざっくり説明します。

薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)病気、薬のザックリ概要・特徴をざっくり説明します。

 

睡眠薬抗不安薬 概要

睡眠薬はアルコールとの併用注意

睡眠障害は、入眠障害中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害に分けられます。

レストレックス症候群は、足がムズムズすることにより

眠れなくなったりする病気です。

統合失調症は、幻覚や妄想などの陽性症状と

集中力、注意力の低下などの陰性症状があります。

うつ病は、不安、あせり、意欲低下などがあります。

抗不安薬は、アルコールとの併用注意です。

 

てんかん 概要

てんかんは大脳の異常な興奮が原因です。

手足のけいれんなどのてんかん発作を繰り返す病気です。

 

抗パーキンソン薬 概要

パーキンソン病は、手足が振るえる、歩行障害など、動きが緩慢になってしまいます。

パーキンソン病の原因は、脳のドーパミンが減少することと考えられています。

ジスキネジアとは、体が勝手に動いてしまう病気、運動障害です。

アカジシアとは、足がムズムズする、座り続けることができない、

眠ることができない、静止不能の症状があります。

 

抗精神病薬 概要

精神病は、統合失調症躁うつ病があります。

統合失調症は、幻覚、妄想が出てくる、ドーパミン過剰が原因です。

うつ病は、真面目な人に多い。気分が沈む、意欲低下、睡眠障害などがあります。

ナルコレプシーとは、 昼間の耐えがたい眠気です。

AD/HD 注意欠陥とは、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしてられない)

衝動性(考えずに行動してしまう)が見られる発達障害です。

 

抑うつ薬 概要

パニック障害とは、思いがけない時に生じる、

動悸や息切れ、強い不安を伴う発作です。

強迫障害は、自分の意思に反して、

不安な考えが浮かんできて、抑えられない病気です。

 

認知症 概要

アルツハイマー認知症は、最近の出来事を忘れてしまう。

記憶を司る脳の海馬に病変が起こり、記憶ができなくなります。

 

神経免疫疾患 概要

重症筋無力症は、モノを噛むだけで疲れてしまうという易疲労が特徴です。

重症筋無力症では、瞼が下がって、眠そうな顔つきになってしまいます。

重症筋無力症が、重症の場合は、呼吸ができなくなり、人工呼吸器が必要になってきます。

重症筋無力症は、自己免疫疾患の異常により、

神経や筋肉に命令がうまく伝わらなくなり、

目や口などの筋肉に支障が起きて、易疲労性を感じやすくなってしまいます。

自律神経失調症は、ストレスや生活リズムの乱れなどにより起こる、心と体の不調です。

 

片頭痛 概要

片頭痛は、片側や両方のこめかみから目のあたりにかけて

脈を打つような痛みが4時間から72時間も続いてしまう。

片頭痛が起こる前の前兆として、

目の前に光るフラッシュのようなものが見えてしまう。

片頭痛の原因は、脳の太い血管が拡張し、

頭の中で1番大きい神経、三又神経を圧迫し、

痛みを大脳に伝えてしまい、片頭痛が起きてしまいます。

この際、嘔吐中枢も刺激してしまい、吐き気が起こる場合もあります。

 

眼科用薬 概要

緑内障は、視野の一部が見えなくなる視野欠損が起こってしまう疾患です。

緑内障の原因の1つとして眼圧があり、

眼圧の正常値は10mmHgから21mmHgです。

 

耳鼻咽頭科 概要

中耳炎は中耳に細菌やウィルスが入り、炎症が起きている病気です。

中耳炎の原因のほとんどは風邪から起きます。

中耳炎は、耳の痛み、耳だれが出る、膿が出るなどの症状が出ます。

外耳炎は、耳の穴が痛い、耳の穴がかゆいなどの症状が特徴です。

外耳炎は、耳かきなどで、皮膚を傷つけてしまい、

カビや、細菌が付着して炎症を起こすことにより、外耳炎が起きます。

外耳炎は、内耳炎よりは軽症なことが多いです。

 

皮膚科治療 概要

ざ瘡とは、にきび、吹き出物のことです。にきびは、顔のざ瘡のことを言います。

ざ瘡の原因であるアクネ菌を殺菌して、毛穴につまった皮脂を取り除くと効果的です。

 

心不全 概要

心不全とは心臓のポンプの働きが低下し、

全身に血液が十分に供給されなくなった状態を心不全と言います。

虚血性心疾患とは冠動脈の血流が滞り、

心筋の虚血や壊死をきたした状態を虚血性心疾患といい

狭心症心筋梗塞などがあります。

強心薬は心臓の収縮力を強化して、心不全症状を改善します

ジギタリス中毒は低カリウム血症などによる食欲不振に注意が必要です。

 

不整脈 概要

不整脈とは心臓の収縮リズムが乱れた状態を不整脈といいます。

不整脈が生じると、十分な血液を全身に送り出すことができなくなってしまいます。

心拍数が毎分100回以上を頻脈性不整脈

心拍数が毎分50回以下を徐脈性不整脈と定義しています。

めまい、吐き気に注意が必要です。

 

狭心症 概要

狭心症とは胸部の痛みが5分から10分ほど続いて

ニトログリセリン舌下投与か安静にすることで胸部発作は和らぎます。

狭心症発作の主な症状は胸の痛みです。

胸部発作が頻繁に起こると心筋梗塞の疑いがあります。

心筋梗塞は、狭心症と比べて胸痛は強く、30分以上持続します。

狭心症発作はニトログリセリン舌下錠やエアゾールを使い、

発作予防には貼付剤を使います。

狭心症発作時、1錠舌下投与して、

5分経っても効かない時は追加で服用します。

3回服用しても効かない場合は救急車を呼んでください。

冠動脈の血流が滞り、心筋の虚血や壊死をきたした状態を

虚血性心疾患といい、狭心症心筋梗塞があります。

 

利尿薬 概要

利尿薬の高血圧作用は、腎不全患者で

クレアチニン2,5mg/dL以下の腎不全患者に効果的で、むくみにも効果があります。

利尿薬は、夜間頻尿による睡眠の妨げがないよう、日中に服用します。

利尿薬によるめまい、ふらつきに注意が必要です。

ループ利尿薬は、低マグネシウム血症や低カリウム血症による難聴に注意です。

 

高血圧 概要

高血圧は、目安として、収縮期血圧140mmHg/ 拡張期血圧90mmHg 以上です。

カルシウムブロッカーはグレープフルーツジュースとの併用注意が必要です。

ACE阻害薬は、プリル系は空咳、声がれに注意です。

血圧が下がることによる、めまい、ふらつきに注意が必要です。

アンギオテンシン変換酵素阻害は空咳、声がれに注意が必要です。

βブロッカーは気管支喘息に禁忌です。

 

血管拡張薬 概要

アナフィラキシーは、数分から数時間で起きます。

かゆみ、せき、息苦しさ、目のかゆみや唇の腫れなどに注意です。

急激な血圧低下で失神などのショック症状もまれにみられます。

アナフィラキシーのなかでも命にかかわる危険な症状です。

 

咳と痰 概要

咳は痰を伴う湿性咳嗽と

痰を伴わない乾性咳嗽があります。

痰を伴う咳は去痰薬が良いです。

副鼻腔炎は、膿などを出す出口が閉じてしまって

副鼻腔に膿がたまることが原因です。

 

気管支喘息 概要

気管支喘息は気道(空気の通り道)の慢性炎症による気道狭窄です。

気道が狭くなることにより、呼吸困難や咳、痰などの

喘息発作が起こりやすくなるので、予防的治療が重視されます。

喘息の誘発因子(ダニ、アスピリン、たばこ、アルコール)などを遠ざける事が重要です。

慢性閉塞性肺疾患COPD)はタバコ病と呼ばれ、

息切れ、慢性的な咳と痰、喘鳴などがみられます。まず禁煙が先決です。

喘息の人の気道は常に炎症を起こしており

気道が狭くなって呼吸がしにくくなっています。

ステロイド吸入は、吸入後、うがいする、声がれに注意が必要です。

B2刺激は、動悸、食欲不振に注意です。

 

鎮痙薬 概要

機能性ディスペプシア(FD)は明らかな胃腸疾患がないのに

胃もたれ、膨満感などの症状が続く慢性疾患です。

急性下痢は下痢が2週間以内で収まるもので、

慢性下痢は3週間以上続くものです。

クローン病とは全身の消化管に発症する炎症で、小腸などに炎症が起きやすいです。

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に潰瘍ができる疾患です。

炎症性腸疾患(IBD

過敏性腸症状群(IBS)は、大腸などに異常はないが、

下痢や便秘をきたす症状です。

男性は下痢で、女性は便秘が多い傾向があります。

鎮痙薬は、胃けいれんを抑え、

胃の緊張を和らげ、過剰な胃酸分泌を抑えます。

 

腸疾患治療薬 概要

胃酸過多はストレス、アルコール、たばこ、不規則な生活習慣などが原因です。

整腸薬は、胃の不調や、下痢、便秘の予防的意味合いが強いです。

下痢は1日数回から数十回の渡って起きますが

2週間以内で治るものが急性の下痢です。

慢性の下痢は3週間以上続くもので、

過敏性腸症候群の場合もあります。

過敏性腸症候群は、異常がないのに

下痢や便秘を繰り返す症状です。

潰瘍性大腸炎は下血を伴う場合と

下血を伴わない下痢と腹痛が特徴です。

クローン病は消化管に炎症を起こし、

びらんや潰瘍を生じる慢性疾患です。

クローン病の症状は、腹痛、下血、下痢、体重減少、発熱で、潰瘍性大腸炎と似ている点も多いです。

 

消化性潰瘍治療 概要

胃潰瘍は、胃粘膜がえぐられている状態です。

胃潰瘍は、みぞおちに痛みが出て、

十二指腸潰瘍では、みぞおち、背中に痛みを生じます。

ピロリ菌は胃酸に強く、胃潰瘍の原因になります。

 

肝疾患治療薬 概要

肝炎は肝臓が炎症している状態で

急性肝炎と慢性肝炎とに分かれます。

急性肝炎は治癒するが、

慢性肝炎は6か月以上炎症が持続している状態で

肝硬変、肝がんへ移行してしまうリスクがあります。

B型肝炎は肝臓で炎症を起こし、

劇症肝炎を起こさなければ、ほとんど治ります。

B型肝炎の初期症状は、だるさ、黄疸、腹水に注意が必要です。

黄疸は、皮膚や目が黄色くなる病気です。

血液中のビリルビンが増加したことに起きます。

ビリルビンとは、古くなった赤血球を壊すときにできる黄色い色素です。

そのため、ビリルビンが増えると黄疸が起こります。

腹水とは、お腹に水が溜まって苦しくなる疾患です。

腹水による腹部膨満感に注意が必要です。

アンモニア血症は、たんぱく質を分解してできた

アンモニアが排泄されず、体にたまってしまい、

意識障害、呼吸障害など命の危険に関わる危険性があります。

 

胆道疾患、膵臓疾患治療 概要

胆石は胆汁が作った石のことで

胆石が胆管を塞ぐと激しい痛みが起きます。

急性膵炎はアルコール、胆石などが原因で

膵臓に炎症が起こったもので

多臓器不全を起こす危険性があります。

膵炎治療中はアルコール厳禁です。

胆石症は、背中の違和感、

背中が痛いのか、胸が苦しいのかわからない状態です。

疝痛発作は、心臓発作や狭心症発作と間違えられることが多いです。

転げまわるほどの痛みで、背中や胸に違和感があります。

尿路結石は、夜中にお腹が痛くなって、救急車で運ばれたら

尿路結石だったという場合もあります。

尿路結石は、腎臓や尿路に結石があり、上部尿路結石がほとんどです。

慢性膵炎は、上腹部痛、腰背部痛などで、疼痛は持続性です。

吐き気、食欲不振など起きます。

アルコールによる膵臓の炎症が原因です。

利胆薬は、胆汁の流れをよくして肝臓を守る薬です。

 

痔疾患治療薬 概要

痔は、便秘がちで排便の際にいきんだり、

辛い物やアルコールの過剰摂取による下痢などで

肛門の排泄部位が傷つくことにより痔が起こります。

 

制吐薬 概要

メニエール病は、突然、回転性のめまいが起きたり

めまいの前に、片耳に耳鳴りや、聞こえにくくなったりしまう疾患です。

ストレス、ホルモンバランスの乱れにより、

耳の中のリンパ液が増えすぎてしまったのが原因と考えられます。

 

糖尿病 概要

糖尿病の検査値は、HbA1c 6,5以上

空腹時血糖 126mg/dL以上

食後高血糖 200mg/dL以上が基準になります。

糖尿病薬で最も怖いのは、低血糖です。

糖尿病薬は、動悸、冷や汗、ふるえに注意です。

ブドウ糖を摂取しないと、失神など起こる危険性があります。

 

脂質異常症 概要

脂質異常症高脂血症)が続くと、動脈硬化が進行し

心筋梗塞脳卒中などを起こす危険性があります。

高脂血症の検査値は、

善玉コレステロールHDLコレステロール)40mg/dL未満

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)140mg/dL以上

中性脂肪(トリグリセリド値)150mg/dL以上を高脂血症脂質異常症といいます。

筋肉痛、関節痛などの横紋筋融解症に注意が必要です。

高脂血症薬はグレープフルーツジュースとの併用注意です。

膵炎はアルコール禁止です。

胆石とは、胆汁が作った石のことで、

胆石が胆管を塞ぐと激しい痛みを伴います。

急性膵炎は、アルコール、胆石などが原因で、

膵臓に炎症が起こったもので、重症化すると多臓器不全も引き起こし、生命のリスクもあります。

慢性膵炎は、膵臓の破壊が進んでいき、膵臓の機能が失われ、

消化管障害を引き起こします。筋肉痛、関節痛などの横紋筋融解症に注意が必要です。

 

痛風薬 概要

高尿酸血症は血清尿酸値7mg/dL以上をいいます。

痛風発作を引き起こします。

痛風発作は一般的に足の親指に急激に激痛が起き、

靴を履けないどころか、靴下すら履けないほどの

我慢できない痛みが起こります。

尿酸を出すため、1日1,5Lから2Lの水を飲むと良いです。

肝障害、食欲不振、だるさに注意です。

更年期障害は、のぼせ、発汗などが起こります。

 

甲状腺治療薬 概要

甲状腺機能低下症は橋本病で、甲状腺ホルモンの補充を行います。

甲状腺亢進症はバセドウ病で、甲状腺を抑える薬で調整します。

甲状腺ホルモン過剰で発汗、不整脈が起こります。

メルカゾールは、急な発熱に注意です。

甲状腺低下症は、橋本病。甲状腺ホルモンが低下し、

だるさ、低体温、顔がむくみやすくなったりします。

甲状腺亢進症は、バセドウ病

食欲が出て、体重が減り、暑がりになり、

全身に汗をかく、イライラして怒りっぽくなったりします

 

女性ホルモン 概要

更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因で

肩こりや憂うつなど気分が落ち込む状態です。

 

その他のホルモン剤 概要

尿崩症は、バソプレシン作用の障害により、多尿となる症状です。

夜尿症は6歳を過ぎても、おねしょしてしまう状態です。

 

骨、カルシウム代謝 概要

骨粗しょう症は骨の中がスカスカになり、骨折のリスクが高まった状態です。

吐き気、血栓、頭痛などに注意です。

高カルシウム血症による吐き気、食欲不振に注意です。

 

その他の内分泌代謝薬 概要

カルニチン欠乏症は筋肉壊死などに伴う高アンモニア血症に注意です。

 

前立腺肥大 排尿障害 概要

前立腺肥大は残尿感、頻尿、

突然トイレに行きたくなり我慢できなくなる尿意切迫感などがあります。

尿がもれてしまう切迫性尿失禁もあります。

α遮断薬は、めまい、立ちくらみに注意です。

抗コリンは、口の渇き、便秘に注意です。

前立腺肥大は尿が出にくい、排尿困難、昼間8回以上の頻尿、残尿感などがあります。

 

尿路、蓄尿障害 概要

失禁とは、おもらしのことです。

 

人工透析薬 概要

カリウム血症は血液中カリウム濃度が5,5mEql以上超える症状で

吐き気、脱力感などに注意です。

血液中カリウム濃度が7mEqlを超えると心停止など命にかかわる危険性があります。

急性腎不全は、あっという間に腎機能が低下し、尿が出なくなったりするが

多くの急性腎不全は、回復します。

だが、慢性腎不全の多くは、腎不全へ移行してしまいます。

 

ビタミン剤 栄養補給液 概要

角化症は皮膚が固くなってしまう症状です。

足のかかとがガサガサになります。

口内炎は、口の粘膜に生じる炎症です。

肝不全は、肝臓の機能がほとんどなくなり

だるさ、吐き気、出血傾向などが起こりやすくなり

死に至るリスクが増えてしまいます。

 

血栓薬 概要

血栓は血の塊を溶かし、

血液をサラサラにします。出血傾向に注意が必要です。

ワーファリンは、ビタミンKとの併用注意です。

ワーファリンは、納豆、青汁、クロレラとも併用注意です。

 

造血薬 概要

貧血は男性ヘモグロビン量 13g/dL

女性ヘモグロビンは12g/dL以上を目指します。

鉄剤は、吐き気、食欲不振に注意です。

貧血は、ヘモグロビンが減ったことによる

身体中が酸欠状態になった状態、鉄分不足が原因です。

 

抗悪性腫瘍 概要

白血病は、血液のがんです。

出血傾向、発熱、貧血に注意です。

 

オピオイド 解熱鎮痛、抗アレルギー 概要

オピオイド鎮痛は、脳や脊髄が伝える痛みをブロックします。

 

副腎皮質ステロイド 概要

関節リウマチは、関節が腫れて、関節が変形してしまう病気です。

免疫が自分自身を攻撃してしまうことにより起こります。

アトピーは、湿疹が治っても、また、かゆみを繰り返す病気です。

 

抗リウマチ薬 概要

関節リウマチは手指のこわばり、関節の腫れに注意です。

 

抗菌薬 概要

ニューキノロン系抗菌、テトラサイクリン系抗菌は、牛乳との併用注意です。

 

結核薬 概要

結核は、風邪が治ったはずなのに

咳や微熱が続く場合は、肺結核の疑いがあります。

 

抗真菌薬 概要

カリニ肺炎は正常な免疫の人では起きないが、

エイズ白血病など免疫不全患者に発症します。

カリニ肺炎は、熱、咳などが起こり、適切な処置をしないと死に至る怖い病気です。

膣炎は、おりものが多くなったり、かゆみや痛みをもたらします。

カンジダ症は、カビなどが原因で起こります。

性器カンジダは、かゆみなどが起こります。

 

抗ウィルス薬 概要

口唇ヘルペスは単純ヘルペス。軽症なら、塗り薬で対処します。

帯状疱疹水疱瘡から始まり、再発したら、帯状疱疹とみなされます。

インフルエンザは、急激な高熱、頭痛、だるさなどが5日間ほど続きます。

 

歯科、口腔用 概要

シェーグレン症候群は全身の分泌腺が冒され、全身が乾く病気です。

ドライアイ、口の渇きなどがあります。

 
薬剤師転職おすすめランキング1位
ファルマスタッフ

ファルマスタッフを
ザックリ解説!