インヴェガとは、SDAと呼ばれる分類の抗精神病薬で、インヴェガは、リスパダールの副作用を抑えた改良バージョンです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

インヴェガとは、SDAと呼ばれる分類の抗精神病薬で、インヴェガは、リスパダールの副作用を抑えた改良バージョンです。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

インヴェガは、第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)で、

同じ第二世代の抗精神病薬リスパダールを改良したお薬です。

リスパダールの有効成分だけを取り出して、さらに効き目がゆっくりとなっています。

そのため、リスパダールより全体的に副作用は緩和されています。

 

インヴェガの特徴・副作用とは?

インヴェガは、すでに出ているリスパダールの有効成分のみを取り出したお薬です。

そのため、余計な作用が減って、インヴェガは、副作用が全体的に緩和されています。

さらにインヴェガは、徐放剤として作られているので、薬の効きがゆっくりになるように改良されています。

インヴェガは、血中濃度が安定するので、副作用はさらに軽減されています。

インヴェガは第二世代抗精神病薬になるので、第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)と比べて、

副作用は全体的に緩和されています。

  • 錐体外路症状(ソワソワやふるえなど)
  • 高プロラクチン血症(生理不順・性機能低下など)

といった副作用は大分緩和されました。

しかし、定型抗精神病薬より、代謝への悪影響が多くなってしまったのです。

この原因は不明ですが、体重増加や糖尿病、脂質異常症などがよく見られます。

 

第二世代抗精神病薬の中で、リスパダールインヴェガは、SDA(セロトニンドパミン拮抗薬)に分けられます。

セロトニン受容体とドパミン受容体をしっかりと抑止します。

そのためインヴェガは、幻覚や妄想といった都合失調症の陽性症状に効果が期待できる反面、

ドパミンを抑止しすぎてしまうことでの副作用が避けられないと考えられます。

具体的に、錐体外路症状と高プロラクチン血症がよく見られます。

インヴェガリスパダールより副作用が緩和されているので、

錐体外路症状や高プロラクチン血症も軽減されています。

インヴェガは、セロトニンドパミン以外の受容体にはそれほど作用しないので、

第一世代抗精神病薬に比べて全体的に副作用は少ないのですが、

体重増加の副作用は少ないながらも見られます。

またインヴェガは、血管の調整に関係する抗α1作用のために、

めまいや立ちくらみ(起立性低血圧)、射精障害なども見られる事があります。

 

第二世代抗精神病薬の中でも、インヴェガは副作用が全体的に少ないのが特徴です。


吃音(どもり) の改善
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム