脳梗塞とは、脳の中の血管が詰まり、脳の神経が阻害され、しびれ、麻痺、最悪の場合、死に至る病気です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

脳梗塞とは、脳の中の血管が詰まり、脳の神経が阻害され、しびれ、麻痺、最悪の場合、死に至る病気です。

 

脳梗塞は、動脈硬化の進行によって、脳血管の内径が狭くなって、そこに血液などの固まりが詰まって、そこから先への脳の血流が途絶える病気です。

 

血管の狭窄部に血液の固まりができて詰まる場合を脳血栓

ほかの場所ができたものが運ばれて詰まる場合を脳塞栓と言います。

 

脳への血流が途絶えると、脳への組織に栄養や酸素が届かなくなって、

脳の組織が壊死し、神経機能などが阻害され、

しびれや片麻痺意識障害などが起こり、

最悪の場合、死に至るリスクの高い病気が脳梗塞です。