糖尿病の薬、選択的DPP-4阻害薬 スイニー、ネシーナ、オングリザ、ジャヌビア、グラクティブ、テネリア、エクア、トラゼンタ、マリゼブ、ザファテック 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

糖尿病薬で、選択的DPP-4阻害薬は、

DPP-4酵素を阻害し、インクレチンによるDPP-4による分解を抑制します。

インクレチンは、血糖値を正常な範囲に調節するホルモンですので、

DPP-4酵素を阻害し、インクレチンを正常化し、

糖尿病患者のHbA1cを減らすのが、DPP-4阻害薬です。

比較的、低血糖症状のリスクが低い薬でもあります。

 

選択的DPP-4阻害薬

スイニー(アナグリプチン)

適応症

2型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで効果不十分な場合に限ります)

スイニーの用法用量の初期投与量・最大量

1回100㎎を朝夕、1日2回

スイニーの副作用の注意点

冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

選択的DPP-4阻害薬

ネシーナ(アログリプチン)

適応症

2型糖尿病

ネシーナの用法用量の初期投与量・最大量

特にないです。

ネシーナの副作用の注意点

冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

選択的DPP-4阻害薬

マリゼブ(オマリグリプチン)

適応症

2型糖尿病

マリゼブの用法用量の初期投与量・最大量などの注意点

1週間に1回25㎎。

マリゼブの副作用の注意点

冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

選択的DPP-4阻害薬

エクア(ビルダグリプチン)

適応症

2型糖尿病

エクアの用法用量の初期投与量・最大量などの注意点

1日2回、1回50㎎。

エクアの副作用の注意点

冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

選択的DPP-4阻害薬

トラゼンタ(リナグリプチン)

適応症

2型糖尿病

トラゼンタの用法用量の初期投与量・最大量などの注意点

1日1回5㎎。

トラゼンタの副作用の注意点

冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。