薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

時給5000円の案件もある薬剤師転職サイトです。まずは、無料登録から

糖尿病の薬、GLP-1受容体作動薬 バイエッタ、ビデュリオン、トルリシティ、リキスミアビクトーザ 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

糖尿病薬で、GLP-1受容体作動薬は、

人の体の中にあるホルモンであるGLP-1は、血糖値を下げる働きがあります。

GLP-1受容体作動薬は、このGLP-1というホルモンを補う薬です。

現在の糖尿病治療では、HbA1cを7%未満に下げることが目標です。

GLP-1受容体作動薬は、空腹時には働かず、食事をとって、

血糖値が高くなったときに働くので、

低血糖症状を起こしにくいメリットがあります。

 

GLP-1受容体作動薬

バイエッタ(エキセナチド)

適応症

2型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで効果不十分な場合に限ります)

バイエッタの用法用量の初期投与量・最大量

1日2回食直前

バイエッタの副作用の注意点

吐き気、胃腸障害などのケトアシドーシス、冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

GLP-1受容体作動薬

リキスミア(リキシセナチド)

適応症

2型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで効果不十分な場合に限ります)

リキスミアの用法用量の初期投与量・最大量

1日最大20μgまで

リキスミアの副作用の注意点

吐き気、胃腸障害などのケトアシドーシス、冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

GLP-1受容体作動薬

ビクトーザ(リラグルチド)

適応症

2型糖尿病

ビクトーザ(リラグルチド)の用法用量の初期投与量・最大量

1日最大0.9㎎まで

ビクトーザ(リラグルチド)の副作用の注意点

吐き気、胃腸障害などのケトアシドーシス、冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

GLP-1受容体作動薬

ビデュリオンは、バイエッタの効果を1週間分効くように改良したものです。

ビデュリオン(エキセナチド)

適応症

2型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで効果不十分な場合に限ります)

ビデュリオン(エキセナチド)の用法用量の初期投与量・最大量

1回2㎎を週1回皮下注

ビデュリオン(エキセナチド)の副作用の注意点

吐き気、胃腸障害などのケトアシドーシス、冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。

 

GLP-1受容体作動薬

トルリシティ(デュラクルチド)

適応症

2型糖尿病

トルリシティ(デュラクルチド)の用法用量の初期投与量・最大量

1回0.75㎎を週1回皮下注

トルリシティ(デュラクルチド)の副作用の注意点

吐き気、胃腸障害などのケトアシドーシス、冷や汗などの低血糖症状に注意が必要です。