薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

花粉症の病気の症状とは 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

花粉症の原因は、花粉が目や鼻の粘膜について起きるアレルギー反応です。
アレルギーとは、異物を攻撃する免疫が過剰に起こることで、
花粉症の人は、花粉の抗体が、できやすい体質なので、
正常な人では反応しない花粉を異物と判断して、過剰に反応してしまうして
アレルギー反応が起きて、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなど起きます。

花粉症の治療薬である
経口ステロイドのエンペラシンなどは、
重い鼻づまりに、一時的に用いられます。
ステロイドの副作用として、
胃の不快感、ホルモンバランスの崩れによる不眠などが考えられますので、
注意が必要です。

花粉症の飲み薬で、重い鼻づまりに経口ステロイドが使われることがあります。
経口ステロイドは、一時的に使われます。
エンペラシンなどの経口ステロイドは、
短期間の服用でも、胃の調子が悪い、
ホルモンバランスが崩れ、不眠症に陥るなどのリスクがあるので、
経口ステロイドは、1週間以内の服用にとどめるのが一般的です。