薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

トレシーバは、持続型のインスリン製剤で、インスリンを体内に投与することで、血糖値を下げる糖尿病治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

トレシーバは、持続型のインスリン製剤で、インスリンを体内に投与することで、血糖値を下げる糖尿病治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

トレシーバは、持効型のインスリン製剤に属し、

トレシーバは、インスリンを体内に投与して、血糖値を下げて糖尿病による合併症を防ぐのが目的の糖尿病薬です。

 

 

トレシーバの効果・効能をザックリと説明。

糖尿病

 

 

トレシーバの副作用をザックリと説明。

低血糖。空腹感など。

 

 

トレシーバの用法・容量をザックリと説明。

トレシーバの初期投与量は、1回4~20単位を皮下注射します。

トレシーバは、毎日一定の時間に皮下注射します。

トレシーバは、持続型インスリンと併用する際、インスリンの維持量としては、1日4~80単位が一般的です。

 

 

トレシーバの特徴

トレシーバのメリットは、安いという点ですね

トレシーバの利点は、72時間の効果を発揮するため、少々の時間のずれがあまり問題とならない事です。

 

 

インスリンアナログ(持効型溶解) 糖尿病治療薬

劇薬 冷所保存

トレシーバ(インスリンデグルデク)

トレシーバ(持効型)

トレとシーバで、トレシーバ(インスリン製剤)

3の(トレ)の(トレ)可溶性インスリン基礎アナログの

(ソリューブル インスリン ベイサル アナログ)の(シーバ)で、(トレ-シーバ)⇒(トレシーバ)

トレシーバの効果・効能

1-インスリン療法が適応となる糖尿病。

トレシーバの作用・働き

インスリンを補充することで、血糖値を下げます。