薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

グリミクロンは、SU剤で、インスリン分泌を促し体内のインスリンを増やすことで、血糖値を下げる糖尿病治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

グリミクロンは、SU剤で、インスリン分泌を促し体内のインスリンを増やすことで、血糖値を下げる糖尿病治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

グリミクロンは、糖尿病治療薬のSU剤に属し、

グリミクロンは、膵臓に作用して、膵臓からのインスリン分泌を促し、血糖値を下げる糖尿病治療薬です。

グリミクロンは、インスリンを増やして、血糖値を下げて糖尿病による合併症を防ぐのが目的の糖尿病薬です。

 

 

グリミクロンの効果・効能をザックリと説明。

糖尿病

 

 

グリミクロンの副作用をザックリと説明。

低血糖。空腹感など。

 

 

グリミクロンの用法・容量をザックリと説明。

グリミクロンの初期投与量は、1日40mgからです。

グリミクロンは、1日1回~2回、食前、または食後に投与します。

グリミクロンの維持量は、1日40mg~120mgですが、160mgが最大量となっています。

 

 

グリミクロンの特徴

グリミクロンは、SU剤の中で、血糖降下作用が強すぎず、弱すぎず、薬価も安いメリットがあります。

ただ、SU剤自体が、低血糖のリスクがあるので、SU剤自体の処方が減っているのも事実ですね。

 

 

スルホニル尿素薬(SU薬)第2世代 糖尿病治療薬

劇薬

グリミクロングリミクロンHA(グリクラジド)

グロミクロン(SU剤)

グルコスリアとミクロアンギオパシーで、グリミクロン(SU剤)

糖尿の(グルコスリア)のグリと、細小血管障害の(ミクロアンギオパシー)の(ミクロ-ン)で、

(グリ-ミクロ-ン)⇒(グリミクロン

グリミクロンの効果・効能

1-2型糖尿病。

グリミクロンの作用・働き

インスリンの分泌を促して血糖値を下げます。