薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

人気タイトルなど最大30%OFF
アマゾンなら欲しいものがきっと見つかります

メトグルコは、ビグアナイト系の糖尿病治療薬で、インスリン抵抗性を改善し、血糖値の増加を防ぐ糖尿病治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

メトグルコは、ビグアナイト系の糖尿病治療薬で、インスリン抵抗性を改善し、血糖値の増加を防ぐ糖尿病治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

メトグルコは、糖尿病治療薬のビグアナイト系に属し、

メトグルコは、筋肉の糖利用を促進したり、肝臓で糖が作るのを抑制して、

インスリンの抵抗性を改善することにより

メトグルコは、いろんな面で、血液中の糖を減らし、血糖値を減らします。

 

 

メトグルコの効果・効能をザックリと説明。

2型糖尿病

 

 

メトグルコの副作用をザックリと説明。

低血糖。空腹感など。

下痢・悪心に注意。

 

 

メトグルコの用法・容量をザックリと説明。

メトグルコは、1日500mgから、開始します。

メトグルコの維持量は、1日750mg~1500mgが一般的です。

 

 

メトグルコの特徴

メトグルコは、糖尿病薬の中で、1番処方されている薬ですね。

 

 

ビグアナイト薬(BG) 糖尿病治療薬

劇薬

メトグルコ(メトホルミン)

メトグルコ(BG)

メトホルミンとグルコファージで、メトグルコ(ビグアナイト系糖尿病薬)

一般名の(メトホルミン)の(メト)と、海外名の(グルコファージ)の(グルコ)で、

(メト-グルコ)⇒(メトグルコ)

メトグルコの効果・効能

1-2型糖尿病。

メトグルコの作用・働き

インスリン抵抗性を改善して、血糖値を下げやすくします。

メトグルコとグリコランの違いは、同じものですが、

一日最大量が違うので、処方箋に出たら、別物として扱いますので、注意が必要です。