薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

狭心症治療薬の名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

硝酸薬 狭心症治療薬

アイトロール(一硝酸イソソルビド)

1とニトロールで、アイトロール狭心症治療薬)

一般名の一硝酸イソソリビドの一(いち)からアイ、ニトロールトロールで、アイ-トロール⇒(アイトロール

アイトロールの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

アイトロールの併用禁忌

勃起不全 バイアグラシルデナフィル)血圧低下、失神のリスク

アイトロールの効果・効能

1-狭心症

アイトロールの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

トロール錠(硝酸イソソルビド)

ニトログリセリンのニトロから⇒(ニトロール

トロールの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

トロールの併用禁忌

勃起不全 バイアグラシルデナフィル)血圧低下で失神のリスク

トロールの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞

トロールの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

フランドルテープ(硝酸イソソルビド)

フランドルテープの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

フランドルテープの併用禁忌

勃起不全 バイアグラシルデナフィル)血圧低下で失神のリスク

フランドルテープの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞

フランドルテープの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

劇薬

ニトロペン錠(ニトログリセリン

一般名のニトログリセリンの(ニトロ)、⇒(ニトロペン)

ニトロペンの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)


当サイトでは、荒木先生の薬に頼らない治療方法に感銘を受けまして、

荒木先生の治療メソッドを紹介しています。

もしも、あなたの悩んでいる病状があるのであれば、一見の価値アリです。

もちろん、買う必要はありません。読むだけでも、あなたの為になると思います。

無料登録などもできるので、参考にしてみてください。

あなたが悩んでいる病歴のものを、読んでみてください。

【荒木式】うつ病治療

 

【荒木式】糖尿病治療

 

【荒木式】高血圧治療

 

【荒木式】ガン対策食事法

 

【荒木式】断糖肉食ダイエット

ニトロペンの併用禁忌

勃起不全 バイアグラシルデナフィル)血圧低下で失神のリスク

ニトロペンの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞

ニトロペン錠の作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

ミオコールスプレー(ニトログリセリン

心筋の(ミカーディアル)の(ミオ)と、冠状の(コロナリー)の(コール)で(ミオ-コール)⇒(ミオコール)

ミオコールの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

ミオコールの併用禁忌

勃起不全 バイアグラシルデナフィル)血圧低下で失神のリスク

ミオコールスプレーの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞

ミオコールスプレーの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

劇薬

ニトロダームTTSニトログリセリン

ニトログリセリンとダームで、ニトロダーム(狭心症治療薬)

一般名のニトログリセリンの(ニトロ)と、皮膚を意味する(ダーム)の(ダーム)で⇒(ニトロダーム)

TTSは、経皮吸収治療システムの(トランスダーマル セラピック システム)の頭文字から⇒TTS

ニトロダームの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

ニトロダームの併用禁忌

勃起不全 バイアグラシルデナフィル)血圧低下で失神のリスク

ニトロダームTTSの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞

ニトロダームTTSの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

冠血管拡張薬 狭心症治療薬

ペルサンチン(ジピリダモール)

海外名の(ペルサンチン)をそのまま⇒(ペルサンチン)

ペルサンチンの併用禁忌

めまい、抗認知症薬 アデホス(アデノシン)心停止のリスク

めまい、抗認知症薬 トリノシン(アデノシン)心停止のリスク

ペルサンチンの効果・効能

1-急性期を除く狭心症心筋梗塞。2-ワルファリンとの併用による血栓の抑制。

3-ネフローゼ症候群による蛋白尿減少。

ペルサンチンの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

コメリアン(ジラゼプ)

コメリアンの効果・効能

1-狭心症

コメリアンの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。

 

硝酸薬 狭心症治療薬

シグマート(ニコランジル)

シグマから、シグマート(狭心症治療薬)

狭心症薬を集約する(シグマ)の(シグマ)⇒(シグマート)

シグマートの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

シグマートの併用禁忌

勃起不全 バイアグラシルデナフィル)血圧低下で失神のリスク

シグマートの効果・効能

1-狭心症

シグマートの作用・働き

末梢の血管を拡げる事で心臓の負担を軽くして、酸素の消費量を減らし、また、心臓の血管を拡げる事で、心臓への酸素の供給量を増やす事で、狭心症を改善します。