薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

血液サラサラの抗凝固薬、抗血小板薬の名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

47-抗血栓

抗凝固薬(経口) 抗血栓

ワーファリン(ワルファリン)

ワーフとアリンで、ワーファリン(抗血栓薬)

開発者の(ウィスコンシン アルマーニ リサーチ ファンデーション)の(ワーフ)、(クマリン)骨格の(アーリン)で、(ワーフ-アリン)⇒(ワーファリン)

ワーファリンの併用禁忌

ビタミンK2 グラケー(メナテトレノン)ワーファリン減弱で血栓形成のリスク

抗リウマチ薬 ケアラム(イグラチモド)ワーファリン減弱で血栓生成のリスク

ワーファリンの効果・効能

1-血栓塞栓症による心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症の予防。

ワーファリンの作用・働き

ビタミンKの働きを邪魔することで、血栓が作られるのを抑え、血液の流れを良くします。

 

抗凝固薬(経口・直接トロンビン阻害薬) 抗血栓

プラザキサ(ダビガトラン)

確かな予防という意味で、

確かなの(プレシジョン)の(プラ)、予防の(プレベンション)の(プラ)で、⇒(プラザキサ)

プラザキサの併用禁忌

アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール)出血のリスク増大

プラザキサの効果・効能

1-心房細動患者における脳卒中および、全身性塞栓症の発症予防。

プラザキサの作用・働き

血液凝固因子の働きを邪魔する事で、血栓が作られるのを抑え、血液の流れを良くします。

 

抗凝固薬(経口・直接Xa阻害薬)抗血栓

エリキュース(アピキサバン)

エレガントとリキッドで、エリキュース(抗血栓薬)

優雅の(エレガント)の(エリ)、流動性の(リキッド)の(キュイ)で、(エリ-キュイ)⇒(エリキュース)

エリキュースの効果・効能

1-心房細動患者における脳卒中および、全身性塞栓症の発症予防。

エリキュースの作用・働き

血液凝固因子の働きを邪魔する事で、血栓が作られるのを抑え、血液の流れを良くします。

 

抗凝固薬(経口・直接Xa阻害薬)抗血栓

リクシアナ(エドキサバン)

リリエーブルとファクターXで、リクシアナ(抗血栓薬)

信頼できるの(リリエーブル)の(リ)、血液凝固第X因子の(ファクターエックス)の(クシア)で、(リ-クシア)⇒(リクシアナ)

リクシアナの効果・効能

1-心房細動患者における脳卒中および、全身性塞栓症の発症予防。

リクシアナの作用・働き

血液凝固因子の働きを邪魔する事で、血栓が作られるのを抑え、血液の流れを良くします。

 

抗凝固薬(経口・直接Xa阻害薬)抗血栓

イグザレルト(リバーロキサバン)

イグザで、イグザレルト(抗血栓薬)

第Xa因子の(イグザ)の(イグザ)⇒(イグザレルト)

イグザレルトの併用禁忌

アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール)出血のリスク増大

アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾール)出血のリスク増大

アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール)出血のリスク増大

イグザレルトの効果・効能

1-心房細動患者における脳卒中および、全身性塞栓症の発症予防。

イグザレルトの作用・働き

血液凝固因子の働きを邪魔する事で、血栓が作られるのを抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬 抗血栓

バイスピリン(アスピリン

バイエル社アスピリンで、バイアスピリン(抗血栓薬)

販売元の(バイエル)社の(バイ)と、アスピリンの(アスピリン)で、(バイ-アスピリン)⇒(バイアスピリン

バイアスピリンの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞脳梗塞における血栓形成の抑制。2-川崎病

バイアスピリンの作用・働き

血小板の働きを抑える事で、血栓(血の塊)の生成を抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬 抗血栓

バファリンアスピリンダイアルミネート)

バッファードとアスピリンで、バファリン(抗血栓薬)

痛みを和らげるの(バッファード)の(バファ)、(アスピリン)の(リン)で、(バファ-リン)⇒(バファリン

バファリンの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞脳梗塞における血栓形成の抑制。2-川崎病

バファリンの作用・働き

血小板の働きを抑える事で、血栓(血の塊)の生成を抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬 抗血栓

タケルダ(アスピリン・ランソプラゾール)バイアスピリンタケプロン

タケダ薬品のロウドース アスピリンで、タケルダ(抗血栓薬)

タケダ薬品の(タケ)、低用量アスピリンの(ロウドース アスピリン)の(ルダ)で、(タケ-ル-ダ)⇒(タケルダ)

タケルダの効果・効能

1-胃潰瘍の既往患者に限る狭心症心筋梗塞脳梗塞における血栓形成の抑制。

タケルダの作用・働き

血小板の働きを抑える事で、血栓(血の塊)の生成を抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬 抗血栓

プレタール(シロスタゾール)

プレートレットで、プレタール(抗血栓薬)

血小板の(プレートレット)から、(プレ-タール)⇒(プレタール)

プレタールの効果・効能

1-脳梗塞における血栓形成の抑制。

プレタールの作用・働き

血小板の働きを抑える事で、血栓(血の塊)の生成を抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬 抗血栓

パナルジン(チクロピジン

幅広いの(パン)の(パン)、一般名の(チクロピジン)のジンで、(パン-ジン)⇒(パナルジン)

パナルジンの効果・効能

1-脳梗塞における血栓形成の抑制。

パナルジンの作用・働き

血小板の働きを抑える事で、血栓(血の塊)の生成を抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬 抗血栓

プラビックス(クロピトグレル)

プラビックスの効果・効能

1-脳梗塞における血栓形成の抑制。

プラビックスの作用・働き

血小板の働きを抑える事で、血栓(血の塊)の生成を抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬 抗血栓

エフィエント(プラスグレル)

エフィカシーとコンシステントで、エフィエント(抗血栓薬)

効果の(エフィカシー)の(エフィ)、確実の(コンシステント)の(エント)で、(エフィ-エント)⇒(エフィエント)

エフィエントの効果・効能

1-狭心症心筋梗塞

 

抗血小板薬(5‐HT2ブロッカー) 抗血栓

アンプラーグ(サルポグレラート)

アンチプラグで、アンプラーグ(抗血栓薬)

血栓の(アンチプラグ)の(アンプラグ)⇒(アンプラーグ)

アンプラーグの効果・効能

1-動脈閉塞症に伴う潰瘍、疼痛、冷感の改善。

プレタールの作用・働き

血小板の働きを抑える事で、血栓(血の塊)の生成を抑え、血液の流れを良くします。

 

抗血小板薬(PGI2誘導体)抗血栓

劇薬

ドルナー(ベラプロスト

ドルナーの効果・効能

1-動脈閉塞症に伴う潰瘍、疼痛、冷感の改善。

 

抗血小板薬(PGI2誘導体)抗血栓

劇薬

プロルナー(ベラプロスト)。

プロルナーの効果・効能

1-動脈閉塞症に伴う潰瘍、疼痛、冷感の改善。


当サイトでは、荒木先生の薬に頼らない治療方法に感銘を受けまして、

荒木先生の治療メソッドを紹介しています。

もしも、あなたの悩んでいる病状があるのであれば、一見の価値アリです。

もちろん、買う必要はありません。読むだけでも、あなたの為になると思います。

無料登録などもできるので、参考にしてみてください。

あなたが悩んでいる病歴のものを、読んでみてください。

【荒木式】うつ病治療

 

【荒木式】糖尿病治療

 

【荒木式】高血圧治療

 

【荒木式】ガン対策食事法

 

【荒木式】断糖肉食ダイエット