薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

貧血治療薬などの鉄剤の名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

48-造血薬

鉄剤(経口)造血薬

フェロミアクエン酸第1鉄)

フェルスとアネミアで、フェロミア(貧血薬)

第一鉄の(フェルス)の(フェロ)、貧血の(アネミア)の(ミア)で、(フェロ-ミア)⇒(フェロミア

フェロミアの効果・効能

1-鉄欠乏性貧血。

 

鉄剤(経口)造血薬

フェルム(フマル酸第1鉄)

フェルスで、フェルム(貧血薬)

第一鉄の(フェルス)の(フェル)、⇒(フェルム)

フェルムの効果・効能

1-鉄欠乏性貧血。

 

鉄剤(経口)造血薬

インクレミン(ピロリン酸第2鉄)

インクリーズとアミンで、インクレミン(貧血薬)

増加させるの(インクリーズ)の(インクレ)、アミン化合物の(アミン)の(ミン)で、(インクレ-ミン)⇒(インクレミン)

インクレミンの効果・効能

1-鉄欠乏性貧血。

 

鉄剤(経口)造血薬

フェロ・グラデュメット(硫酸鉄)

フェルスとグラデュアリーメルトで、フェログラデュメット(貧血薬)

鉄の(フェルス)の(フェロ)、徐放の(グラデュアリー メルト)の(グラデュ-メット)で、(フェロ-グラデュ-メット)⇒(フェロ・グラデュメット)

フェロ・グラデュメットの効果・効能

1-鉄欠乏性貧血。

 

トロンボポエチン受容体作動薬 造血薬

劇薬

レボレード(エルトロンボパグ)

レボレードの効果・効能

1-出血リスクが高い場合の血小板減少性紫斑症。