薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

副鼻腔炎治療薬などの名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

54-消炎酵素

蛋白分解酵素(微生物性)

エンピナースP(プロナーゼ)

エンピエマとプロナーゼで、エンピナース(消化剤)

蓄膿の(エンピエマ)の(エンピ)、一般名の(プロナーゼ)の(ナース)で、(エンピ-ナース)⇒(エンピナース)

エンピナースPの効果・効能

1-副鼻腔炎の腫脹の寛解。2-去痰薬。

 

蛋白分解酵素(植物性)

ブロメライン(ブロメライン)

一般名の(ブロメライン)をそのまま⇒(ブロメライン)

ブロメラインの効果・効能

1-化膿創に伴う治癒促進。

 

多糖体分解酵素

ノイチーム(リゾチーム)

ノイチームの禁忌 卵アレルギー

ノイチームの効果・効能

1-副鼻腔炎の腫脹の寛解。2-去痰薬。