薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

ゼフィックスは、B型肝炎ウイルス治療薬です。肝機能障害の疑いありの気になる検査値をザックリまとめます。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

抗B型肝炎ウイルス薬(核酸アナログ製剤) 肝疾患治療薬

劇薬

ゼフィックス(ラミブジン)

Z(ゼット)とエフィカシーで、ゼフィックス(肝炎治療薬)

アルファベットの最後の(ゼット)の(ゼ)、効果的の(エフィカシー)の(エフィ)で(エフィ)、(ゼ-エフィ)⇒(ゼフィックス)

ゼフィックスの効果・効能

1-B型肝炎ウィルスの増殖抑制。

 

慢性肝炎、肝硬変、多発性骨髄腫の疑いの目安。

総タンパク(TP)の基準値:6.7g以上から8.3g/デシリットル

 

肝疾患、ネフローゼ症候群の疑いの目安。

アルブミンの基準値:3.8g以上から5.3g/デシリットル

 

急性肝炎、慢性肝炎の疑いの目安

グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼ、AST(GOT)の基準値:8以上から40IU/リットル

 

急性肝炎、慢性肝炎の疑いの目安

グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ、ALT(GPT)の基準値:5以上から35IU/リットル

 

アルコール性肝障害、胆道疾患の疑いの目安

ガンマジーティーピー(γ‐GTP)の基準値:男性は50IU/リットル以下

ガンマジーティーピー(γ‐GTP)の基準値:女性は30IU/リットル以下

 

肝炎、肝硬変、骨軟化症の疑いの目安

アルカリフォスファターゼ(ALP)の基準値:110以上から330U/リットル

 

急性肝炎、血液疾患の疑いの目安

乳酸脱水素酵素(LDH)の基準値:210以上から400U/リットル

 

肝炎、肝硬変、胆石症、溶血性貧血の疑いの目安

ビリルビン(TB)の基準値:0.2mg以上から1.2mg/デシリットル

 

GOT(AST)グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼの基準値

35IU/L以下

グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼは、肝臓の異常が分かる酵素です。

グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼが、35IU/L以上になってしまうと、肝機能障害の疑いありです。

 

GPT(ALT)グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ

35IU/L以下

グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼも、グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼと同じで、肝臓の異常が分かる酵素です。

グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼが、35IU/L以上になってしまうと、肝機能障害の疑いありです。

 

γ‐GTP(ガンマ・グルタミールトランスペプチダーゼ)の基準値

55IU/L以下

ガンマ・グルタミールトランスペプチダーゼは、アルコールによる肝臓障害に敏感です。

ガンマ・グルタミールトランスペプチダーゼが、55IU/L以上だと、お酒の飲みすぎによる肝機能障害の疑いありです。

お酒を控えるように、生活習慣を改善する必要があります。