薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

フェブリクは、高尿酸血症治療薬で、尿酸を合成するのを邪魔する薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

転職で

尿酸降下薬(尿酸生成抑制) 高尿酸血症痛風治療薬

フェブリク(フェブキソスタット)

フェブキソスタットとウリックで、フェブリク(痛風治療薬)

一般名の(フェブキソスタット)の(フェブ)、尿酸の(ウリックアシッド)の(リク)で、(フェブ-リク)⇒(フェブリク)

フェブリクの併用禁忌

代謝拮抗 リウマチ薬 イムラン(アザチオプリン)

フェブリクの効果・効能

1-痛風。2-高尿酸血症

フェブリクの作用・働き

尿酸の生成を抑える事で、尿酸値を下げます。

 

高尿酸血症の疑いの目安

尿酸(UA)の基準値:男性 4以上7mg/デシリットル未満

尿酸(UA)の基準値:女性 3以上5,5mg/デシリットル未満

 

尿酸値の基準値は、3mg/dl以上、7mg/dl以下を目指します。

尿酸値が高値で、尿酸の結晶ができて、痛風発作が起きます。

 

UA(Ur)尿酸の基準値

3~7mg/dL

尿酸は、痛風の診断基準です。

尿酸値が7mg/dL以上で、高尿酸血症痛風の疑いありです。