薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

ケイキサレートは、人工咳患者に使われる高カリウム血症治療薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

転職で

高K血症治療薬(経口)人工透析用薬

ケイキサレート(ポリスチレン)

カリウムとキサレートで、ケイキサレート(人工透析薬)

カリウムイオンの(ケー)の(ケイ)、カリウムイオンをキレート(生態と反応する前に除去)するの(キサレート)の(キサレート)で、(ケイ-キサレート)⇒(ケイキサレート)

ケイキサレートの効果・効能

1-腎不全に伴う高カリウム血症。

 

腎機能障害の疑いの目安

尿素窒素(BUN)の基準値:9mg以上20mg/デシリットル未満。

 

腎機能障害の疑いの目安

クレアチニン(Cr)の基準値:男性は、0.8mg以上から1.3mg/デシリットル

クレアチニン(Cr)の基準値:男性は、0.5mg以上から1mg/デシリットル

 

BUN(UN)尿素窒素の基準値

8mg以上から21mg/dL以下

尿素窒素は、腎臓の機能の診断指標です。

尿素窒素は、21mg/dL以上と、尿素窒素が高いほど、腎臓の障害が大きいことになります。

 

Cr(SCr)クレアチニンの基準値

男:0.7mg以上から1.1mg/dL

女:0.5mg以上から0.8mg/dL

クレアチニンは腎臓障害の診断指標です。

クレアチニンの値が高いほど、腎臓の障害が大きいです。