薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

リピディルは、高脂血症治療薬で、横紋筋融解症などに注意が必要な薬です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

転職で

フィブラート系薬 脂質異常症治療薬

リピディル(フェノフィブラート)

リピッドとイデアで、リピディル(フィブラート系薬)

脂質異常症で理想的な薬剤という意味で、

脂質の(リピッド)の(リピッ)、理想的なの(イデア)の(ド)で、(リピッ-ド)⇒(リピディル)

リピディルの効果・効能

1-高脂血症

リピディルの作用・働き

リポ蛋白リパーゼを増やす事で、トリグリセリドの分解し、トリグリセリドを減らします。

 

脂質異常症の疑いの目安

コレステロール(TC)の基準値:120mg以上220mg/デシリットル未満。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)の基準値:40mg/デシリットル以上。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の基準値:140mg/デシリットル未満。

中性脂肪、トリグリセリド(TG)の基準値:150mg/デシリットル未満