薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

(非定形)SDA 抗精神病薬

劇薬

リスパダール(リスペリドン)

一般名の(リスペリドン)から⇒(リスパダール

リスパダールの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

リスパダールの効果・効能

1-統合失調症

リスパダールの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)SDA 抗精神病薬

劇薬

インヴェガ(パリペリドン)

インヴィゴレートとベガで、インヴェガ抗精神病薬

元気づけるの(インヴィゴレート)の(イン)と、明るい星座の(ヴェガ)の(ヴェガ)から⇒(インヴェガ

インヴェガの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

インヴェガの効果・効能

1-統合失調症

インヴェガの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)SDA 抗精神病薬

劇薬

ルーラン(ペロスピロン)

ルールで、ルーラン抗精神病薬

赤ん坊をなだめるの(ルール)の(ルール)で⇒(ルーラン

ルーランの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ルーランの効果・効能

1-統合失調症

ルーランの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)MARTA(マルタ) 抗精神病薬

劇薬

シクレスト(アセナピン)

シンビオシスとレスティチュオで、シクレスト(抗精神病薬

共生の(シンビオシス)の(シ)、元に戻すの(レスティチュオ)の(レスト)で、(シ-レスト)⇒(シクレスト)

シクレストの効果・効能

1-統合失調症

シクレストの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)MARTA(マルタ) 抗精神病薬

劇薬

ジプレキサ(オランザピン)

海外販売名の(ジプレキサ)より⇒(ジプレキサ

ジプレキサの禁忌疾患 糖尿病(体重増加による糖尿病悪化のリスク)

ジプレキサの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ジプレキサの効果・効能

1-統合失調症。2-双極性障害における躁症状、うつ症状の改善。

ジプレキサの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

ジプレキサは、たばことの併用で、喘息予防効果が弱まりますので、ジプレキサ服用時は、禁煙を指導するのが、基本です。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)MARTA(マルタ) 抗精神病薬

劇薬

セロクエル(クエチエピン)

セロトニンとクエチエピンで、セロクエル抗精神病薬

セロトニン)の(セロ)と、

一般名の(クエチエピン)の(クエ)で、(セロ-クエ)⇒(セロクエル

セロクエルの禁忌疾患 糖尿病(体重増加による糖尿病悪化のリスク)

セロクエルの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

セロクエルの効果・効能

1-統合失調症

セロクエルの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)DSS 抗精神病薬

劇薬

エビリファイ(アリピプラゾール)

アビリティとファイで、エビリファイ抗精神病薬

~することができるの(アビリティ)の(アビリ)、~にするの(ファイ)の(ファイ)で、(アビリ-ファイ)⇒(エビリファイ

エビリファイの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

エビリファイの効果・効能

1-統合失調症。2-双極性障害における躁症状の改善。

エビリファイの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)DSA 抗精神病薬

劇薬

ロナセン(ブロナンセリン)

一般名の(ブロナンセリン)の(ロナ-セン)⇒(ロナセン

ロナセンの併用禁忌

アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール)作用増強のリスク

アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾール)作用増強のリスク

アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール)作用増強のリスク

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ロナセンの効果・効能

1-統合失調症

ロナセンの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

コントミンクロルプロマジン

コンコンと眠るヨシトミ製薬のアミンで、コントミン抗精神病薬

コンコンと眠るからコン、販売元のヨシトミ製薬のトミ、アミン構造のンで、⇒(コントミン

コントミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

コントミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

コントミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

抗精神病薬

ベゲタミンクロルプロマジン・プロメタジン)コントミン

ベゲットとアミンで、ベゲタミン抗精神病薬

植物性の(ベゲット)の(ベゲット)と、(アミン)構造の(アミン)で、(ベゲット-アミン)⇒(ベゲタミン

ベゲタミンの禁忌 2歳児未満の乳幼児

ベゲタミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ベゲタミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

ベゲタミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

ノバミン(プロクロルペラジン

ノバとアミンで、ノバミン(抗精神病薬

新しいの(ノバ)の(ノバ)、アミン構造の(アミン)の (アミン)で、(ノバ-ミン)⇒(ノバミン)

ノバミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ノバミンの効果・効能

1-統合失調症

ノバミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

ピーゼットシーペルフェナジン

一般名の(ペルフェナジン)から⇒(ピーゼットシー

ピーセットシーの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ピーゼットシーの効果・効能

1-統合失調症。2-メニエル症候群(眩暈、耳鳴)

ピーゼットシーの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

レボトミンレボメプロマジン

一般名の(レボメプロマジン)から⇒(レボトミン

レボトミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

レボトミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

レボトミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

ヒルナミンレボメプロマジン

ヒルンとアミンで、ヒルナミン抗精神病薬

脳の(ヒルン)の(ヒル)、アミン構造の(アミン)の(アミン)で、(ヒルン-アミン)⇒(ヒルナミン

ヒルナミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ヒルナミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

ヒルナミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)ブチロフェノン系 抗精神病薬

スピロピタン(スピペロン)

スピペロンとプロピタンで、スピロペタン(抗精神病薬

一般名の(スピペロン)の(スピ-ロ)、向精神薬の(プロピタン)の(ピタン)で、(スピ-ロ-ピタン)⇒(スピロピタン)

スピロピタンの効果・効能

1-統合失調症

スピロピタンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)ブチロフェノン系 抗精神病薬

劇薬

セレネースハロペリドール

セレーネとエースで、セレネース抗精神病薬

穏やかなの(セレーネ)の(セレン)、優秀なの(エース)の(エース)で、(セレン-エース)⇒(セレネース

セレネースの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

セレネースの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病

セレネースの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)ブチロフェノン系 抗精神病薬

オーラップ(ピモジド)

名前の由来は特にないです。

オーラップの併用禁忌

マクロライド系抗菌薬 クラリスクラリスロマイシン)不整脈のリスク

マクロライド系抗菌薬 エリスロシン(エリスロマイシン)不整脈のリスク

SSRI抗うつ薬 レクサプロ(エスシタロプラム不整脈のリスク

SSRI抗うつ薬 パキシルパロキセチン不整脈のリスク

SSRI抗うつ薬 ルボックスフルボキサミン不整脈のリスク

SSRI抗うつ薬 デプロメールフルボキサミン不整脈のリスク

SSRI抗うつ薬 ジェイゾロフトセルトラリン不整脈のリスク

アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール)不整脈のリスク

アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾール)不整脈のリスク

アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール)不整脈のリスク

オーラップの効果・効能

1-統合失調症

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)ブチロフェノン系 抗精神病薬

劇薬

インプロメン(ブロムペリドール)

インプルーブメントで、インプロメン抗精神病薬

改善をもたらす進化した薬で、(インプルーブメント)から⇒(インプロメン

インプロメンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

インプロメンの効果・効能

1-統合失調症

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)ベンザミド系 抗精神病薬

バルネチールスルトプリド)

ベンザミド系のスルピリドをリニューアルしてエチル基にしたという意味で

ベンザミド系の(ベンザミド)の(バ)、リニューアルの(リニューアル)の(ルネ)

エチル基の(エチル)の(チール)で、(バ-ルネ-チール)⇒(バルネチール

バルネチールの効果・効能

1-統合失調症の躁病状態の興奮、妄想状態

バルネチールの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)ベンザミド系 抗精神病薬

ドグマチールスルピリド

ドグマチールの効果・効能

1-統合失調症。2-うつ病

ドグマチールの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)ベンザミド系 抗精神病薬

グラマリール(チアプリド)

グラマリールの効果・効能

1-脳梗塞後遺症に伴う徘徊の改善。2-特発性パーキソニズムに伴うジスキネジア。

グラマリールの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)チエピン系 抗精神病薬

劇薬

ロドピン(ゾテピン)

ロドピンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ロドピンの効果・効能

1-統合失調症

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

気分安定薬 抗精神病薬

劇薬

リーマス(炭酸リチウム)

リチウムで、リーマス抗精神病薬

躁うつ病に効くリチウムの(リチウム マニック デプレッシブ フィコシス)の(リーマス)で、⇒(リーマス

リーマスの効果・効能

1-統合失調症躁うつ病躁状態

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。