薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は、 脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸(ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

転職で

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(短時間型)

向精神病薬1

デパスエチゾラム

デとパスで、デパス抗不安薬

病気から離れ、通り過ぎるという意味を込めて

離れるの(デ)の(デ)、通り過ぎるの(パス)の(パス)で、(デ-パス)⇒(デパス

デパスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

デパスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害。3-筋緊張による腰痛症

デパスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(短時間型)

向精神病薬1

リーゼ(クロチアゼパム)

リーゼから、リーゼ(抗不安薬

不安を分解するという意味で

分解するの(リーゼ)の(リーゼ)で、(リーゼ)⇒(リーゼ)

リーゼの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

リーゼの効果・効能

1-不安症・抑うつ

リーゼの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(短時間型)

コレミナール(フルタゾラム)

コレクトとマイナートランキライザーで、コレミナール(抗不安薬

胃腸症状を調整の(コレクト)するの(コレ)、

穏和精神安定剤の(マイナートランキライザー)の(ミノア)で(コレ-ミノア)⇒(コレミナール)

コレミナールの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

コレミナールの効果・効能

1-不安症・抑うつ

コレミナールの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

ソラナックスアルプラゾラム

海外名の(ザナックス)からを使い、⇒(ソラナックス

ソラナックスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ソラナックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

ソラナックスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

コンスタン(アルプラゾラム

コンスタンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

コンスタンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

コンスタンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

レキソタンブロマゼパム

レキソタンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

レキソタンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害。3-麻酔前投薬。

レキソタンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

セニランブロマゼパム

セニランの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セニランの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害。3-麻酔前投薬。

セニランの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(中間型)

向精神病薬1

ワイパックスロラゼパム

ワイパックスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ワイパックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ

ワイパックスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬3

セレナール(オキサゾラム)

セレーネで、セレナール(抗不安薬

穏やかなの(セレーネ)の(セレン)で、(セレン)⇒(セレナール)

セレナールの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セレナールの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

セレナールの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

セパゾン(クロキサゾラム)

セパからセパゾン抗不安薬

三共の幅広い領域の強力な抗不安剤の(サンキョーズ エクステンシブ パワフル アンキシオリティカ)の頭文字の(セ-パ)⇒(セパゾン

セパゾンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セパゾンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

セパゾンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬3

メンドン(クロラゼプ)

メンタルのドンで、メンドン抗不安薬

抗不安薬の指導者という意味で

心の(メンタル)の(メン)、指導者の(ドン)の(ドン)で、(メン-ドン)⇒(メンドン

メンドンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

メンドンの効果・効能

1-不安症・抑うつ

メンドンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

セルシンジアゼパム

サータンで、セルシン抗不安薬

確かな精神状態になっていくという意味で、

確かなの(サータン)の(セル-イン)で、(セル-イン)⇒(セルシン

セルシンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

セルシンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-脳脊髄に伴う疼痛での筋緊張の軽減。3-麻酔前投薬。

セルシンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

ホリゾンジアゼパム

ホライゾンでホリゾン抗不安薬

心の安定という意味で

水平の(ホライゾン)の(ホリゾン)で、(ホリゾン)⇒(ホリゾン

ホリゾンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ホリゾンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-脳脊髄に伴う疼痛での筋緊張の軽減。3-麻酔前投薬。

ホリゾンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬1

エリスパンフルジアゼパム

エリスパンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

エリスパンの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

エリスパンの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(長時間型)

向精神病薬2

レスミット(メダゼパム)

レストから、レスミット(抗不安薬

休息の(レスト)の(レスット)で、(レスット)⇒(レスミット)

レスミットの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

レスミットの効果・効能

1-不安症・抑うつ

レスミットの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(超長時間型)

向精神病薬1

メイラックス(ロフラゼプ)

メイジとリラックスで、メイラックス抗不安薬

販売元の(明治)ファルマの(メイ)、安心の(リラックス)の(ラックス)で

(メイ-ラックス)⇒(メイラックス

メイラックスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

メイラックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

メイラックスの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬(超長時間型)

劇薬

セディール(タンドスピロン)

セディールから、セディール抗不安薬

安静を意味するセディールセディールで⇒(セディール

セディールの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-睡眠障害

セディールの作用・働き

不安と緊張を和らげ、筋肉の緊張も和らげます。

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安薬

アタラックス(ヒドロキシジン)

アタラックスから、アタラックス(抗不安薬

心に平和を意味する(アタラックス)から⇒(アタラックス)

アタラックスの効果・効能

1-不安症・抑うつ。2-蕁麻疹

 

ベンゾジアゼピン抗不安薬は、

脳内のベンゾジアゼピン系受容体に働き、興奮を抑制するガンマ・アミノ酪酸ギャバ)の働きを高め、神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせ、不安や緊張感をやわらげる抗不安薬です。

ほかに、睡眠作用や筋弛緩作用も併せ持っています。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。