薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

転職で

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

劇薬

レクサプロ(エスシタロプラム

レクサとプロシードで、レクサプロ(抗うつ薬

シタロプラムの改良版がエスシタロプラム(レクサプロ)。

アメリカの販売名が(セレクサ)の(レクサ)と、進化の(プロシード)の(プロ)で、(レクサ-プロ)⇒(レクサプロ)

レクサプロの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

レクサプロの効果・効能

1-うつ病うつ状態

レクサプロの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

劇薬

ジェイゾロフトセルトラリン

気分を持ち上げるで、ジェイゾロフト抗うつ薬

ジャパンの(ジェイ)と、心や気分の(ゾ)、持ち上げるの(ロフト)で、気分を持ち上げるで、(ジェイ-ゾ-ロフト)

⇒(ジェイゾロフト

ジェイゾロフトの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

ジェイゾロフトの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ジェイゾロフトの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

劇薬

パキシルパキシルCRパロキセチン

一般名の(パロキセチン)から⇒(パキシル

パキシルの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

パキシルの効果・効能

1-うつ病うつ状態

パキシルの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

ルボックスフルボキサミン

一般名の(フルボキサミン)の(ルボックス)で、⇒(ルボックス

ルボックスの併用禁忌

メラトニン作動薬 睡眠薬 ロゼレム(ラメルテオン)作用増強のリスク

中枢性筋弛緩 テルネリン(チザニジン)血圧低下で失神のリスク

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

ルボックスの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ルボックスの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ薬

デプロメールフルボキサミン

デプレッションメールで、デプロメール抗うつ薬

愛のメールの(デプレッションメール)の(デプロメル)⇒(デプロメール

デプロメールの併用禁忌

メラトニン作動薬 睡眠薬 ロゼレム(ラメルテオン)作用増強のリスク

中枢性筋弛緩 テルネリン(チザニジン)血圧低下で失神のリスク

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

デプロメールの効果・効能

1-うつ病うつ状態

デプロメールの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、セロトニンの再取り込みを選択的に阻害することで、気分の落ち込みを抑え、意欲を高める抗うつ薬です。

 

SSRIセロトニン再取り込み阻害薬)は、副作用として、消化器症状(吐き気、下痢、食欲不振)が多い抗うつ薬です。