薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

三環系抗うつ薬は、抗コリン作用があるため、口喝、便秘、排尿障害に注意が必要な薬です。

三環系 抗うつ薬

トリプタノール(アミトリプチリン)

一般名の(アミトリプチリン ヒドロクロライド)の(トリプト)⇒(トリプタノール

トリプタノールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

トリプタノールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

トリプタノールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-夜尿症。

トリプタノールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系抗うつ薬は、抗コリン作用があるため、口喝、便秘、排尿障害に注意が必要な薬です。

 

三環系 抗うつ薬

劇薬

アモキサンアモキサピン

一般名の(アモキサピン)から⇒(アモキサン

アモキサンの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

アモキサンの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

アモキサンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

アモキサンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系抗うつ薬は、抗コリン作用があるため、口喝、便秘、排尿障害に注意が必要な薬です。

 

三環系 抗うつ薬

トフラニール(イミプラミン)

トフラニールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

トフラニールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

トフラニールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-遺尿症。

トフラニールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系抗うつ薬は、抗コリン作用があるため、口喝、便秘、排尿障害に注意が必要な薬です。

 

三環系 抗うつ薬

アナフラニールクロミプラミン)

アナフラニールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

アナフラニールの併用禁忌

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

アナフラニールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-遺尿症。

アナフラニールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系抗うつ薬は、抗コリン作用があるため、口喝、便秘、排尿障害に注意が必要な薬です。

 

三環系 抗うつ薬

劇薬

ノリトレン(ノリトリプチリン)

一般名の(ノリトリプチリン)から⇒(ノリトレン

ノリトレンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ノロトレンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系抗うつ薬は、

ノルアドレナリンセロトニンドパミンなどの神経伝達物質が減少することを抑えることで、気分の落ち込むを抑え、意欲を高める薬です。

 

三環系抗うつ薬は、抗コリン作用があるため、口喝、便秘、排尿障害に注意が必要な薬です。