薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

メマリーは、NMDA受容体拮抗薬の抗認知症薬に分類され、 アルツハイマー認知症の原因である、グルタミン酸過剰をNMDA受容体の活性化を抑制して、グルタミン酸を減らして、認知機能障害の進行などを抑制します。

転職で

認知症

メマリー(メマンチン)

一般名の(メマンチン)から⇒(メマリー)

メマリーの効果・効能

1-中等度および高度のアルツハイマー認知症の進行抑制。

メマリーの作用・働き

NMDA受容体の過剰な興奮を抑え、脳内の情報伝達をスムーズにして、認知症が改善します。

 

メマリーは、NMDA受容体拮抗薬の抗認知症薬に分類され、

アルツハイマー認知症の原因である、グルタミン酸過剰をNMDA受容体の活性化を抑制して、グルタミン酸を減らして、認知機能障害の進行などを抑制します。