薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。 抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

レボドパ含有製剤 抗パーキンソン病

ネオドパストン(レボドパ・カルビドパ)

レボドパのドパより⇒ネオドパストン

ネオドパストンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ネオドパストンの効果・効能

1-パーキンソン病

ネオドパストンの作用・働き

パーキンソン病の症状である手足のふるえ(振戦)や筋肉のこわばり(筋固縮)、

動きが遅くなる(無動)、体のバランスがとりにくくなる(姿勢反射障害)などの

神経症状に効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

レボドパ含有製剤 抗パーキンソン病

メネシット(レボドパ・カルビドパ)

海外名の(シネメット)の文字を並べて⇒(メネシット)

メネシットの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

メネシットの効果・効能

1-パーキンソン病

メネシットの作用・働き

パーキンソン病の症状である手足のふるえ(振戦)や筋肉のこわばり(筋固縮)、

動きが遅くなる(無動)、体のバランスがとりにくくなる(姿勢反射障害)などの

神経症状に効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

レボドパ含有製剤 抗パーキンソン病

マドパー(レボドパ・ベンセラジド)

レボドパのドパから⇒マドパー

マドパーの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

マドパーの効果・効能

1-パーキンソン病

マドパーの作用・働き

パーキンソン病の症状である手足のふるえ(振戦)や筋肉のこわばり(筋固縮)、

動きが遅くなる(無動)、体のバランスがとりにくくなる(姿勢反射障害)などの

神経症状に効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン作動薬(DA)(麦角系) 抗パーキンソン病

劇薬

カバサール(カベルゴリン)

一般名の(カベルゴリン)から⇒(カバサール

カバサールの効果・効能

1-パーキンソン病(非麦角系の効果が不十分の場合)。

カバサールの作用・働き

手足のふるえ、動作が遅くなるなどのパーキンソン病の症状を改善する、

排卵障害や乳汁漏出症などの原因のプロラクチンの分泌を抑えます。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン作動薬(DA)(非麦角系)抗パーキンソン病

劇薬

ビ・シフロール(プラミペキソール)

ビ・シフロールの効果・効能

1-パーキンソン病。2-中等度~高度の特発性レストレスレッグス症候群症候群

ビ・シフロールの作用・働き

ドパミン受容体に作用することで、手足のふるえ、筋肉のこわばりなどの

パーキンソン病の症状を改善したり、

レストレスレッグス症候群の足が火照る、ムズムズするなどの不快な症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン作動薬(DA)(非麦角系)抗パーキンソン病

劇薬

ミラペックスLA(プラミペキソール)

ミラペックスLAは、ビ・シフロールの徐放製剤でLAは、(ロングアクティング)の長く効くからです。

ミラペックスLAの効果・効能

1-パーキンソン病。2-中等度~高度の特発性レストレスレッグス症候群症候群

ミラペックスLAの作用・働き

ドパミン受容体に作用することで、手足のふるえ、筋肉のこわばりなどの

パーキンソン病の症状を改善したり、

レストレスレッグス症候群の足が火照る、ムズムズするなどの不快な症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

抗パーキンソン薬としてのミラペックスLAの服用の際の注意点としては、眠くなったり、眠くなったり、めまいや立ち眩み、ふらつきが起こることがあるので、車の運転や危険な作業は避けてください。

 

ミラペックスLAで、次のような症状が起きたら、医師または薬剤師に相談してください。

急な眠り込み。幻想や妄想。めまいや立ち眩み。発熱や意識がぼんやりした状態。筋肉のこわばりがひどい状態。

 

ドパミン作動薬(DA)(非麦角系) 抗パーキンソン病薬とレクトレスレッグス

劇薬

ニュープロパッチ(ロチゴチン)

ニュープロパッチの効果・効能

1-パーキンソン病

ニュープロパッチの作用・働き

ドパミン受容体に作用することで、手足のふるえ、筋肉のこわばりなどの

パーキンソン病の症状を改善したり、

レストレスレッグス症候群の足が火照る、ムズムズするなどの不快な症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン遊離促進薬 抗パーキンソン病

シンメトレル(アマンタジン)

シンメトリーから、シンメトレル(抗パーキンソン薬)

一般名の(アマンタジン)の構造式が左右対象になっていて、左右対象の(シンメトリー)の(シンメトル)⇒(シンメトレル

シンメトレルの効果・効能

1-パーキンソン症候群。2-脳梗塞後遺症に伴う意欲の低下の改善。3-A型インフルエンザ。

シンメトレルの作用・働き

ドパミンを増やすことで、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ドパミン代謝賦活薬 抗パーキンソン病

劇薬

レリーフ(ゾニサミド)

トレモアとリリーフで、トレリーフ(抗パーキンソン薬)

歩行の(トレッド)の障害や、振戦の(トレモア)といった運動障害の(トレ)軽減するの(リリーフ)の(リーフ)で、(トレ-リーフ)⇒(トレリーフ

レリーフの効果・効能

1-パーキンソン病。(レボドパ製剤に他の抗パーキンソン病薬を併用しても効果不十分の場合)

レリーフの作用・働き

ドパミンの合成と、ドパミンを増やすことで、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

モノアミン酸化酵素-B マオビー阻害薬 抗パーキンソン病

エフピー(セレギリン)

藤本製薬の抗パーキンソン薬で、エフピー

藤本製薬の抗パーキンソン病治療薬の(フジモトズ アンチパーキンソンドラッグ)から(エフ-ピー)⇒(エフピー)

エフピーの併用禁忌

オピオイド鎮痛 トラムセット(トラマドール)精神錯乱、興奮のリスク

注意欠陥薬 ストラテラ(アトモキセチン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 トメロン(ミルタザピン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 リフレックス(ミルタザピン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 レクサプロ(エスシタロプラム)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ジェイゾロフトセルトラリン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 パキシルパロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ルボックスフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 デプロメールフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 サインバルタ(デュロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 イフェクサー(ベンラファキシン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 トレドミンミルナシプラン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トリプタノール(アミトリプチリン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アモキサンアモキサピン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トフラニール(イミプラミン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アナフラニールクロミプラミン)失神のリスク

エフピーの効果・効能

1-重度のパーキンソン病

エフピーの作用・働き

ドパミンを分解する酵素MAO-B(マオビー)を阻害して、ドパミンを増やし、

パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

モノアミン酸化酵素-B マオビー阻害薬 抗パーキンソン病

セレギリン(セレギリン)

一般名の(セレギリン)から⇒(セレギリン)

セレギリンの併用禁忌

オピオイド鎮痛 トラムセット(トラマドール)精神錯乱、興奮のリスク

注意欠陥薬 ストラテラ(アトモキセチン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 トメロン(ミルタザピン)失神のリスク

NaSSA 抗うつ薬 リフレックス(ミルタザピン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 レクサプロ(エスシタロプラム)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ジェイゾロフトセルトラリン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 パキシルパロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 ルボックスフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 デプロメールフルボキサミン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 サインバルタ(デュロキセチン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 イフェクサー(ベンラファキシン)失神のリスク

SSRI 抗うつ薬 トレドミンミルナシプラン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トリプタノール(アミトリプチリン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アモキサンアモキサピン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 トフラニール(イミプラミン)失神のリスク

三環系抗うつ薬 アナフラニールクロミプラミン)失神のリスク

セレギリンの効果・効能

1-重度のパーキンソン病

セレギリンの作用・働き

ドパミンを分解する酵素MAO-B(マオビー)を阻害して、ドパミンを増やし、

パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

ノルアドレナリン前駆物質 抗パーキンソン病

ドプス(ドロキシドパ)

一般名のドロキシドパの(ジヒドロキシフェニル エル セリン)から(ドプス)を抜いて⇒(ドプス)

ドプスの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化による失明のリスク)

ドプスの効果・効能

1-重度のパーキンソン病におけるすくみ足、立ちくらみの改善。

2-シャイドレーガー症候群における失神、立ちくらみの改善。

ドプスの作用・働き

脳内でノルアドレナリンに変換されることで、ドパミンの原料であるノルアドレナリンを増やし、ドパミンを増やし、すくみ足や立ちくらみに対して効果を発揮します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

末梢COMT(コムト)阻害薬 抗パーキンソン病

コムタン(エンタカポン)

コムトで、コムタン(抗パーキンソン薬)

(コムト)阻害薬の(コムト)⇒(コムタン)

コムタンの効果・効能

1-レボドパ製剤で治療中のパーキンソン病における日内変動(ウェアリングオフ現象の改善)。

コムタンの作用・働き

レボドパを分解する酵素(コムト)を阻害して、ドパミンを増やし、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

コムタンは、レボドパ製剤と同時に飲む必要があります。

 

コムタンは、赤褐色の着色尿と異なる色の尿(コーラのような赤黒い尿)が、筋肉の痛みなどを伴って出た場合(横紋筋融解症の疑い)は、すぐに医師の診療を受けてください。

 

コムタンの注意点は、赤褐色の尿(着色尿)が出ることもありますが、コムトンそのものの色の為、健康には影響ありませんので安心してください。

 

アデノシンA2A受容体拮抗薬 抗パーキンソン病

ノウリアスト(イストラデフィリン)

ノーリッシュメントとアシストで、ノウリアスト(抗パーキンソン薬)

滋養の(ノーリッシュメント)の(ノウリ)と、援助するの(アシスト)の(アスト)で、(ノウリ-アス-ト)⇒(ノウリアスト)

ノウリアストの効果・効能

1-レボドパ製剤で治療中のパーキンソン病における日内変動(ウェアリングオフ現象の改善)。

ノウリアストの作用・働き

アデノシンを減らして、ドパミンを増やし、パーキンソン病の症状を改善します。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

抗コリン薬 抗パーキンソン病

アーテン(トリヘキシフェニジル)

アンチとテタナスで、アーテン(抗パーキンソン薬)

治療の(アンチ)の(アー)と、振戦・麻痺などの痙攣性緊張の(テタナス)の(タン)で、(アータン)⇒(アーテン

アーテンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化による失明のリスク)

アーテンの効果・効能

1-抗精神病薬によるパーキソニズム、ジスキネジア。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。

 

抗コリン薬 抗パーキンソン病

アキネトン(ビペリデン)タスモリン

アキネティックとトーンで、アキネトン(抗パーキンソン薬)

運動不能の(アキネティック)の(アキネ)、身体・精神の正常な状態の(トーン)の(トン)で、(アキネ-トン)⇒(アキネトン

アキネトンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化による失明のリスク)

アキネトンの効果・効能

1-特発性パーキソニズム。2-抗精神病薬によるパーキソニズム、ジスキネジア。

 

パーキンソン病は、脳の興奮物質であるドパミンの減少し、アセチルコリンの増加により起こる病気です。

抗パーキンソン薬は、ドパミンを増やし、アセチルコリン過剰による手足の震えや体のこわばりを改善します。