薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

転職で

酸性(サリチル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アスピリン(アセチルサリチル酸

海外名のアスピリンをそのまま⇒(アスピリン

アスピリンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(サリチル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

バファリンアスピリンダイアルミネート)

バッファードアスピリンで、バファリン(抗血栓薬・解熱鎮痛薬)

アスピリンで痛みを和らげるの(バッファードアスピリン)の(バッファ-リン)⇒(バファリン

バファリンの効果・効能

1-関節リウマチ、頭痛、月経痛、感冒の解熱。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(アントラニル酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ポンタール(メフェナム酸)

ポンタールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ポンタールの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ブルフェン(イブプロフェン

イブプロフェンで、ブルフェン(解熱鎮痛薬)

一般名の(イブプロフェン)の(ブル-フェン)⇒(ブルフェン)

ブルフェンの効果・効能

1-関節リウマチ、頭痛、月経痛、感冒の解熱。

ブルフェンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アネオール(ケトプロフェン)

アナルゲシックとオールで、アネオール(解熱鎮痛薬)

鎮痛の(アナルゲシック)の(アネ)、痛みにオールマイティに効くのオールで、(アネ-オール)⇒(アネオール)

アネオールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

アネオールの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

スルガム(チアプロフェン)

スルとアルガンで、スルガン(解熱鎮痛薬)

優れるの(スル)の(スル)と、鎮痛の(アルガン)の(ガン)で、(ス-ルガン)⇒(スルガム)

スルガムの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

スルガムの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ナイキサン(ナプロキセン)

ナイキサンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ナイキサンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ニフラン(プラノプロフェン)

インフラメーションで、ニフラン(解熱鎮痛薬)

炎症の(インフラメーション)の(インフラ)から(ニ-フラ)⇒(ニフラン)

ニフランの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ニフランの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(プロピオン酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ロキソニン(ロキソプロフェン)

一般名の(ロキソプロフェン)の(ロキソ-ン)⇒(ロキソニン

ロキソニンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ロキソニンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

筋肉痛などに使われるロキソニンゲルの量の目安は、1cmあたり、0.3gで、1日数回、痛いところに薄く広げて、患部にあった量を塗ってください。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(インドール酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

インテバンインドメタシン

インテバンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

インテバンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(フェニル酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ボルタレン(ジクロフェナク)

ボルタレンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

インテバンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

バキソ(ピロキシカム

バキソの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

バキソの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

モービック(メロキシカム)

モバイルで、モービック(解熱鎮痛薬)

リウマチ患者さんが動きやすくの(モバイル)から、(モービ)⇒(モービック

モービックの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

モービックの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(オキシカム系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ロルカム(ロルノキシカム)

一般名の(ロルノキシカム)から⇒(ロルカム

ロルカムの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ロルカムの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

酸性(ピラノ酢酸系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

ハイペン(エトドラク)オスペイン

ハイとペインで、ハイペン(解熱鎮痛薬)

非常に速い鎮痛薬で(ハイスピードペインブロッカー)から、(ハイスピード)の(ハイ)と、痛みの(ペイン)の(ペイン)で、(ハイペイン)⇒(ハイペン

ハイペンの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ハイペンの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

中性(コキシブ系) 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

劇薬

セレコックス(セレコキシブ)

一般名の(セレコキシブ)から⇒(セレコックス)

セレコックスの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

セレコックスの作用・働き

痛み成分であるプロスタグランジンを作る酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害して、解熱鎮痛を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

塩基性 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ソランタール(チアラミド)

ソランタールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

ソランタールの作用・働き

炎症の原因のセロトニンヒスタミンの作用を抑えて、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

カロナールアセトアミノフェン

軽くなーるで、カロナール((解熱鎮痛薬)

熱や痛みが取れて症状が、軽く楽になるで⇒カルくナルから⇒(カロナール

カロナールの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

カロナールの作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

アンヒバ(アセトアミノフェン

アンチフィーバーから、アンヒバ(解熱鎮痛薬)

解熱の(アンチフィーバー)で、アン-フィ-バ⇒(アンヒバ)

アンヒバの効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

アンヒバの作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

アニリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

キョーリンAP2(シメトリド)

杏林製薬キョーリン、治験番号AP2のAP2で、キョーリン-AP2⇒(キョーリンAP2

キョーリンAP-2の効果・効能

1-関節リウマチ、関節痛、肩痛、腰痛。

キョーリンAP-2の作用・働き

脳に作用する事で、解熱鎮痛・抗炎症作用を示します。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

ピリン系 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

SG(ピリン系解熱鎮痛)

セダティブとグラニュールズで、エスジー(SG

鎮静薬の(セダティブ)のSエス)、顆粒の(グラニュールズ)のGジー)で、S-Gエス-ジー)⇒SGエスジー

SGの禁忌 ピリン系アレルギー

SGの効果・効能

1-感冒の解熱、頭痛。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。

 

総合感冒薬 解熱・鎮痛薬、抗炎症薬

ペレックス(非ピリン系系感冒薬)

ペレックスの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

ペレックスの効果・効能

1-総合感冒薬(鼻汁、鼻閉、咽喉痛、咳、痰、頭痛、発熱の改善)。

 

腰痛が、元々人間が、二足歩行を始めたため、起こったとされます。

腰痛の主な原因は、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などです。

 

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが抜けて、骨がスカスカになり、もろく折れやすくなった病気です。

 

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の後ろ側にある脊柱管が狭くなって、神経を刺激し、鈍痛やしびれが起こる病気です。

 

変形性脊椎症とは、老化の為、背骨にとげのようなものが出来て、神経を刺激するため、痛みが起こる病気です。

 

腰痛の治療として、漢方治療では、単に痛みを抑え込むのではなく、血液の循環の改善などで、痛みを軽くし、体調を整えます。

 

腰痛予防として、重いものを持ち上げるときは、膝を折り曲げて腰を浮かすようにします。

腰痛予防として、ベッドやイスは、柔らかすぎないものを選びましょう。