肝疾患治療薬の比較、強さランキング 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

肝疾患治療薬の比較、強さランキング 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

肝臓疾患としては、

肝炎、肝硬変などが主な疾患であります。

 

肝疾患治療薬として、代表的なものに

抗B型肝炎ウイルス薬(核酸アナログ製剤) 肝疾患治療薬

ゼフィックス(ラミブジン)

ヘプセラ(アデホビル)

バラクルード(エンテカビル)

肝機能改善薬 肝疾患治療薬

ウルソ(ウルソデオキシコール)

タウリンタウリン

EPL(ポリエンホスファチジル)

アレルギー用薬 肝疾患治療薬

グリチロン(グリチルリチン)

アンモニア血症改善薬 肝疾患治療薬

モニラック(ラクツロース)

などがあります。

 

肝臓疾患治療薬として、系統を分けると、

抗B型肝炎ウイルス薬

催胆薬

排胆薬

肝庇護薬

アンモニア血症治療薬

に分けられます。

 

抗B型肝炎ウイルス薬として

ゼフィックス(ラミブジン)

ヘプセラ(アデホビル)

バラクルード(エンテカビル)

などがあります。

 

催胆薬は、肝臓から胆汁分泌を促進させる薬です。

催胆薬として代表的なものは

ウルソ(ウルソデオキシコール)

があります。

 

排胆薬は、十二指腸への胆汁排泄を促進させます。

排胆薬として

コスパノン(フロプロピオン)

などがあります。

 

肝庇護薬は、慢性肝疾患における

肝機能異常を改善します。

 

アンモニア血症治療薬は、

血液中のアンモニアを減らすことにより

肝機能を改善します。

 

肝機能が低下している場合、

肝臓による解毒がうまく行われず、

アンモニアなどの毒素が残っていると

肝性脳症などを引き起こし、生命に危険が起こるので

アンモニアを減らすことはとても大切です。

 

肝疾患治療薬をまとめると

 

抗B型肝炎ウイルス薬(核酸アナログ製剤) 肝疾患治療薬

ゼフィックス(ラミブジン)

ヘプセラ(アデホビル)

バラクルード(エンテカビル)

肝機能改善薬 肝疾患治療薬 催胆薬

ウルソ(ウルソデオキシコール)

肝機能改善薬 肝疾患治療薬 排胆薬

コスパノン(フロプロピオン)

アレルギー用薬 肝疾患治療薬 肝庇護作用

グリチロン(グリチルリチン)

アンモニア血症改善薬 肝疾患治療薬

モニラック(ラクツロース)

になります。