薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

スターシスとは、糖尿病の速効型インスリン分泌促進薬です。グルファスト、シュアポスト、スターシスの違い・比較 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

スターシスとは、糖尿病の速効型インスリン分泌促進薬です。グルファスト、シュアポスト、スターシスの違い・比較 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

糖尿病とは血糖値が高い状況が続いてしまう病気です。糖尿病の怖さは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」などの合併症が起こることです。

しびれ、失明、腎障害を防ぐために、薬を服用し血糖値をきちんとコントロールする必要があります。

糖尿病治療において重要な薬の1つが、速効型インスリン分泌促進薬です。そこで、この記事では速効型インスリン分泌促進薬に属するグルファスト(成分名:ミチグリニド)シュアポスト(成分名:レパグリニド)スターシス(成分名:ナテグリニド)の違いを比較しました。

薬物動態の違い

グルファスト(成分名:ミチグリニド)、シュアポスト(成分名:レパグリニド)、スターシス、ファスティック(成分名:ナテグリニド)には効果の速さ、、作用時間の長さに違いが見られます。

ザックリ言うと、

グルファストは、遅く短い。

シュアポストは、速く長い。

スターシスは、速く短い。

といった感じです。

 

肝臓への直接作用が有るか無いか

速効型インスリン分泌促進薬で、スターシス(成分名:ナテグリニド)に肝臓への直接作用があることが知られています。

この作用はグルファスト(成分名:ミチグリニド)、シュアポスト(成分名:レパグリニド)にはない特徴です。。

肝臓への直接作用は、簡単に解説すると「肝臓に中性脂肪がたまるのを抑制する作用」を指します。

その為、スターシス、(成分名:ナテグリニド)は非アルコール性脂肪肝炎の患者に対し効果的であると言われています。

肝臓への直接作用は、スターシス(成分名:ナテグリニド)の肝臓にある脂肪を燃やす酵素を増加させる働きによるものと考えられています。

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)