薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

人気タイトルなど最大30%OFF
アマゾンなら欲しいものがきっと見つかります

グリコランとは、糖尿病薬のビグアナイド系です。『メトグルコ』と『グリコラン』、ジェネリック医薬品が違うのは何故?~メトホルミン製剤の用法・用量の差は何ですか?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 グリコランとは、糖尿病薬のビグアナイド系です。『メトグルコ』と『グリコラン』、ジェネリック医薬品が違うのは何故?~メトホルミン製剤の用法・用量の差は何ですか?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

 

メトグルコとグリコランは、有効成分はメトホルミンで同じだが、用法・用量が違うので別の薬として扱います

 『メトグルコ(一般名:メトホルミン)』と『グリコラン(一般名:メトホルミン)』は、

どちらとも「メトホルミン」を有効成分の糖尿病治療薬です。

 

 有効成分は同じなので、効果や副作用に違いはないです。

 ですが、『メトグルコ』は1日2,250mgまで使えることに対し、『グリコラン』は750mgまでしか使うことができません。

 このように用法・用量が異なるので、別の薬という形で扱います。

『メトグルコ』のジェネリック医薬品は「メトホルミンMT」

『グリコラン』のジェネリック医薬品は「メトホルミン」と、ジェネリック医薬品(後発品)も分けて扱うことが必要です。

メトホルミンの用法・用量の違い

 「メトホルミン」の薬は、『メトグルコ』や『グリコラン』、『メルビン』などの薬が販売されています。

いずれも、有効成分は全く同じため、効能・効果や適応症に違いはありません。

 

 ただし、『メトグルコ』は高用量での治療ができるよう、2010年に改めて新薬として発売された薬です。

メトグルコとグリコランは、あくまでも、分類上の違いです

 『メトグルコ』と『グリコラン』は、許可された用法・用量が違うが為に、分類上は別の薬として扱わないといけません。

 その為、ジェネリック医薬品もそれぞれ異なるものがあります。

 

   これを知らない薬剤師が調剤すると、医療過誤の元になるから要注意です。

 しかし、これらはあくまでも、保険請求における分類上の違いであるので、薬が異なるわけではないです。

 メトグルコとグリコランは、どちらも「メトホルミン」の薬です。

 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)