薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

バイエッタとは、糖尿病薬のGLP1作動薬に属する1日2回で手間のかかる注射剤で、度の糖尿病薬を使っても効果がない場合に検討される糖尿病薬です。バイエッタの特徴、ビクトーザとの比較。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

バイエッタとは、糖尿病薬のGLP1作動薬に属する1日2回で手間のかかる注射剤で、度の糖尿病薬を使っても効果がない場合に検討される糖尿病薬です。バイエッタの特徴、ビクトーザとの比較。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

バイエッタは、糖尿病薬でGLP1作動薬に属する薬で、最後の手段の一つとして使われます。

バイエッタの特徴につきまして、簡単に紹介します。

バイエッタはGLP1(インクレチン)という名の血糖を下げるホルモン同様の働きをする事で、安全に血糖を下げる糖尿病薬です。

飲み薬でなく自分で毎日皮下に注射するお薬です。

血糖値を下げるホルモンとしてインスリンがあります。

 

バイエッタの副作用としては、開始初期に胃腸の副作用(便秘、下痢、悪心、胃部不快感など)が目立ちますが、

バイエッタの投与を続けていく内に徐々に改善していく事も多く、重篤になる事はほとんど見られません。

バイエッタ自体はインクレチンを増やし血糖値を安全に下げるため、血糖値を下げ過ぎてしまう(低血糖)リスクは少ないのですが、

保険適応上、バイエッタはSU剤等の強力に血糖を下げるお薬と併用で用いる事ができない欠点があります。

その理由から低血糖を起こす危険性が他のお薬よりも高くなってしまいます。

またバイエッタは作用時間が短いため、1日1回の注射では効果が持続せず、1日に2回注射する必要があります。

バイエッタと同じ種類のGLP1アナログ製剤ビクトーザ(一般名:リラグルチド)」が1日1回の注射で良いのと比較するとやや手間がかかります。

注射剤ですから、投与時に痛みを伴うというデメリット、薬価が高い(1本約10,000円)というデメリットがあります。

バイエッタ皮下注は、ハイリスク・ハイリターンなお薬ですから、他の経口糖尿病治療薬では効果が不十分な時に

最後に検討されるお薬です(インスリン製剤は除きます)。

強力なSU剤を用いても効果が不十分な場合にだけバイエッタは使えるので、バイエッタは最初から使うお薬ではないです。

むしろ他のどの糖尿病薬を使っても効果がない場合に、最後に検討されるお薬が、バイエッタ皮下注です

バイエッタを投与すると、糖尿病はどのくらい改善するでしょうか。

血糖改善効果には人それぞれですが、バイエッタの投与を一定期間続けた調査においては、

血糖の平均値であるHba1cをおよそ1.2~1.6%下げると報告されているので、かなり強力に下げてくれます。

バイエッタはSU剤でも効果不十分な患者さんにしか適応がありませんので、基本は長期間糖尿病にかかっている患者さんや

難治性糖尿病の方が多くなります。

その中でもHba1cを1%以上低下させるので、非常に強力な効果があると言っても良いでしょう。

 

GLP1作動薬とは、どのような作用があるのか

GLP1作動薬はGLP1というホルモンと同じ作用を持つ物質を投与する事で、血糖を下げるお薬です。

GLP1作動薬はインクレチンを増やし、強力に血糖値を改善させる糖尿病薬の一つです。

インスリンは膵臓で、分泌されるホルモンで、血液中の糖(血糖)を細胞に取り込む働きを持っています。。

インクレチンは小腸から分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を促す働きを持っています。

要するに、インクレチンが増えればインスリンが多くなり、血糖を下げるという事です。

GLP1(ヒトグルカゴン様ペプチド1)はインクレチンの一つです。

GLP1作動薬は、GLP1アナログ製剤と呼ばれており、インクレチン同様の働きをするように作られた糖尿病薬です。

GLP1作動薬は、GLP1(インクレチン)と同じ働きをするので、投与するとインスリン量が増え血糖値が下がり、糖尿病が改善します。

糖尿病治療にインスリンを投与する場合もありますが、インスリンは投与した分だけ血糖値を下げますので、

血糖値が低い場合に投与してしまうと下がりすぎて低血糖になってしまう危険があります。

インスリンに対して、インクレチンは、血糖値が高い時は血糖値を下げますが、

血糖値が低い時はそれ以上は血糖値を下げないという、低血糖になりにくい素晴らしい特徴を持ってます。

GLP1作動薬はGLP1を直接体内に入れるので、強力に血糖値を改善させてくれます。

GLP1作動薬の血糖改善効果は(個人差もあるので一概には言えないですが)飲み薬よりも強く、

飲み薬で血糖降下作用が最も効果が強いと言われているSU剤よりも強力と言われています。

GLP1作動薬は、インクレチンを増やします

バイエッタはインクレチンの1つであるGLP1のアナログ製剤ですので、バイエッタの作用機序を知るには、

まずはインクレチンについて知らなければいけません。

インクレチンというのは、私たちの身体の中に元々あるホルモンで、GLP-1(Glucagon-Like Peptide1)の他、GIP(Glucose-dependent Insulinotropic Polypeptide)などがあります。

GLP1は血糖値が上がってくると小腸下部から分泌され、膵臓のβ細胞上にあるGLP1受容体に結合します。

これにより膵臓β細胞からインスリンが分泌されます。インスリンは血糖を下げるはたらきがあるため、これにより血糖値が下がります。

またインクレチンはグルカゴンという血糖を上げるホルモンの分泌量を減らす作用もあります。

インクレチンは、ただ血糖を下げる指令を出すだけではありません。

インクレチンのすごいところは血糖が下がりすぎないような仕組みを持っていることです。

インクレチンは血糖が高い時だけ分泌され、血糖が低い時には分泌されないという仕組みを持っており、

これによって血糖が高い時のみ血糖を下げ、血糖が低い時はそれ以上血糖を下げないのです。

糖尿病治療を行う際、例えばSU剤などのお薬はインスリンそのものの分泌量を増やします。

これはしっかりと血糖を下がりますが、血糖が低い時も更に下げてしまうため、低血糖のリスクが出てきます。

低血糖は意識レベルが低下し、最悪の場合は命にも関わるような重篤な副作用です。

これに対してバイエッタ(GLP1アナログ製剤)は、インスリンそのものを増やすのではなく

インクレチン(正確にはインクレチンと同じ作用を持つ物質)を増やします。

GLP1はインスリンの分泌を促しますが、直接インスリンを分泌させるのではなくGLP1受容体を介してインスリンを間接的に分泌させます。

GLP1が膵臓β細胞にあるGLP1受容体にくっつくとインスリンが分泌されますが、

β細胞はインスリンを分泌する際に血糖を取り込んでそれをエネルギーとしてインスリンを分泌します。

という事は血糖が低い時はたとえGLP1受容体が刺激されてもインスリンは分泌しにくいという事です。

GLP1を増やすと、血糖が高い時にはよりしっかりと血糖を下げてくれつつ、

血糖が低くなってしまったときには血糖を下げすぎない、という理想的な治療が可能になるのです

 

糖尿病とは血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。

糖尿病の恐ろしいところは「糖尿病神経障害」、「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」等の合併症の引き金となることです。

しびれ、失明、腎障害などといった合併症を防ぐため、薬を服用し血糖値を適切にコントロールする必要が求められます。
 

薬に頼らない糖尿病対策


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)