アレビアチン(フェニトイン)抗てんかん薬 薬の名前の由来 箇条書き 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ヒダントイン系 抗てんかん薬(Naチャネル)

 

アレビアチン(フェニトイン)

ALEVIATIN(PHENYTOIN

 

アレビアートから、アレビアチン

てんかんの苦痛を緩和するという意味で、

緩和するのAlleviate(アレビアート)のAL-EVIAT(アレ-ビアト)で、

⇒ALEVIATIN(アレビアチン)