脳出血とは、脳の中の動脈瘤が破裂して出血する病気です。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

脳出血とは、脳の中の動脈瘤が破裂して出血する病気です。

脳血管で動脈硬化が進行すると、血液の圧力により、動脈瘤が生じ、

その動脈瘤が、高血圧などが原因となって、もろくなってしまった脳血管が破れて、出血する。この状態が脳出血です。

 

この出血はしばらくすると固まりますが、この出血が周囲の脳組織を圧迫して、

手足のマヒやしびれ、言語障害意識障害などがおきるのが脳出血です。

 

脳出血は、別名、脳溢血とも呼ばれます。

 

脳出血で重症の場合、昏睡に陥ったり、死に至る危険性もある恐ろしい病気です。