薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。 睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

転職で

超短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

ハルシオントリアゾラムハルラック

ハルシオンハルシオン睡眠薬

鎮める力を持つ伝説の鳥、ハルシオンの名前から⇒(ハルシオン

ハルシオンの併用禁忌

アゾール系抗真菌薬 イトリゾール(イトラコナゾール)ハルシオンの副作用、眠気のリスク

アゾール系抗真菌薬 ジフルカン(フルコナゾール)ハルシオンの副作用、眠気のリスク

アゾール系抗真菌薬 フロリード(ミコナゾール)ハルシオンの副作用、眠気のリスク

ハルシオンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ハルシオンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

ハルシオンの作用・働き。

ハルシオンは、視床下部などに働いて情動機構を抑制することにより、催眠作用や抗不安作用を出します。

ハルシオンは、服用後に朦朧としたり、入眠までの出来事を記憶していない事があるので、要注意の超短時間型の睡眠薬です。

 

ハルシオン服用中の注意。

ハルシオンを服用中に、急に服薬を中止したり、服用量を急激に減らすと強い副作用を起こす事があるので、

指示された用法用量を守る必要がある睡眠薬です。

 

ハルシオンを服用してはいけない人。

急性隅角緑内障。(緑内障悪化により、失明の危機)

呼吸機能が著しく低下している人。(呼吸抑制により、命の危険性。)

 

ハルシオンの副作用

ハルシオンに限らず、睡眠薬全般に言えることですが、

めまい、ふらつき、日中の眠気、だるさ、口の渇きなどに注意が必要な薬です。

 

短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

レンドルミンブロチゾラムグッドミン

レンドミアでレンドルミン睡眠薬

眠りにつく事の(レンドミア)の(レンドミ)⇒(レンドルミン

レンドルミンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

レンドルミンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与

 

レンドルミンの作用・働き。

感情と密接な関係にある視床下部に働いて、催眠作用、抗不安作用、抗痙攣作用などを示し、睡眠に導きます。

 

レンドルミンの服用してはいけない人

急性隅角緑内障など既往歴に緑内障の人には注意が必要です。

 

レンドルミンの副作用

残眠感、日中の眠気、ふらつき、連用による依存症に注意してください。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

リスミー(リルマザホン)

リズムでリスミー睡眠薬

自然の睡眠リズムの(リズム)の(リズム)⇒(リスミー

リスミーの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

リスミーの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

ロラメットロルメタゼパム

一般名の(ロルメタゼパム)の(ロルメット)⇒(ロラメット

ロラメットの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ロラメットの効果・効能

1-不眠症

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

抗精神病薬

エバミールロルメタゼパム

エバミールの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

エバミールの効果・効能

1-不眠症

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

ユーロジンエスタゾラム

ユーロジンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ユーロジンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

エスタゾラムエスタゾラム

エスタゾラムの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

エスタゾラムの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬3

ネルボンニトラゼパム

ネルとボンで、ネルボン睡眠薬

寝るでネル、寝るの(ボン)で、寝る-ボン(ネル-ボン)⇒(ネルボン

ネルボンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ネルボンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。3-異型小発作群、焦点性発作。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬3

ベンザリンニトラゼパム

ベンゾシアゼピンの(ベンジン)⇒(ベンザリン

ベンザリンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ベンザリンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。3-異型小発作群、焦点性発作。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬3

エリミンニメタゼパム

エリミンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

エリミンの効果・効能

1-不眠症

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2 管理簿記入が必要

サイレースフルニトラゼパム

サイレントとエースで、サイレース睡眠薬

英語の静か、穏やかを意味するサイレントの(サイレ)、達人を意味する(エース)の(エース)で、(サイレ-エース)⇒(サイレース

サイレースの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

サイレースの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2 管理簿記入が必要

ロヒプノールフルニトラゼパム

ロシェ社のヒプノティックで、ロヒプノール睡眠薬

開発したロシェ社の(ロ)、睡眠薬の(ヒプノティック)の(ヒプノ)で、(ロヒプノ)⇒(ロヒプノール

ロヒプノールの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ロヒプノールの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

長時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬1

ドラール(クアゼパム)

ドルマンシーとオールで、ドラール睡眠薬

睡眠の(ドルマンシー)の(ドル)、これら全ての(オール)を改善するからの(オール)で、(ドル-オール)⇒(ドラール

ドラールの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ドラールの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

長時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

ダルメート(フルラゼパム)

ダルメートの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ネスタエスゾピクロン)

ルナとスターで、ルネスタ睡眠薬

月と星で夜、睡眠を連想することから

月の(ルナ)の(ルナ)、星の(スター)の(スタ)で、(ルナ-スタ)⇒(ルネスタ

ネスタの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

ネスタの効果・効能

1-不眠症

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

アモバン(ゾピクロン)

あ、もう晩だで、アモバン睡眠薬

あ、もう晩だ⇒ア-モ-バン⇒(アモバン

アモバンの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

アモバンの効果・効能

1-不眠症。2-麻酔前投与。

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

向精神病薬2

マイスリーゾルピデム

マイスリープで、マイスリー睡眠薬

私の眠りの(マイスリープ)の(マイスリー)で⇒(マイスリー

マイスリーの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

マイスリーの効果・効能

1-不眠症

 

ベンゾジアゼピン睡眠薬は、脳の興奮状態を鎮めて、寝つきを良くしたり、睡眠中に途中で起きないようにする睡眠薬です。

睡眠薬は、抗不安作用や筋肉をほぐす筋弛緩作用を併せ持っています。

 

睡眠薬を飲んでいて、突然飲むのをやめると、かえって眠れなくなる反跳性不眠が起こったり、

頭痛、めまい、耳鳴りなどの退薬症候が起こりリスクがあるので、自己判断で中止しないように注意が必要です。

 

睡眠薬抗不安薬は、アルコールとの併用で、中枢抑制作用が増強されてしまうので、アルコールとの併用注意です。