薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

フェノチアジン系の精神病治療薬は、 神経の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することで、ドパミンの働きを抑えて、神経の興奮を抑え、不安感、緊張などを鎮め、気分を安定させる薬です。

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

コントミンクロルプロマジン

コンコンと眠るヨシトミ製薬のアミンで、コントミン抗精神病薬

コンコンと眠るからコン、販売元のヨシトミ製薬のトミ、アミン構造のンで、⇒(コントミン

コントミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

コントミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

コントミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

フェノチアジン系の精神病治療薬は、

神経の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することで、ドパミンの働きを抑えて、神経の興奮を抑え、不安感、緊張などを鎮め、気分を安定させる薬です。

 

定形と非定型の精神病治療薬の効果は同等ですが、非定型の精神病治療薬の方が、

錐体外路症状、過鎮静などの副作用が低いため、否定型の精神病治療薬の方が、主流になりつつあります。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

抗精神病薬

ベゲタミンクロルプロマジン・プロメタジン)コントミン

ベゲットとアミンで、ベゲタミン抗精神病薬

植物性の(ベゲット)の(ベゲット)と、(アミン)構造の(アミン)で、(ベゲット-アミン)⇒(ベゲタミン

ベゲタミンの禁忌 2歳児未満の乳幼児

ベゲタミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ベゲタミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

ベゲタミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

フェノチアジン系の精神病治療薬は、

神経の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することで、ドパミンの働きを抑えて、神経の興奮を抑え、不安感、緊張などを鎮め、気分を安定させる薬です。

 

定形と非定型の精神病治療薬の効果は同等ですが、非定型の精神病治療薬の方が、

錐体外路症状、過鎮静などの副作用が低いため、否定型の精神病治療薬の方が、主流になりつつあります。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

ノバミン(プロクロルペラジン

ノバとアミンで、ノバミン(抗精神病薬

新しいの(ノバ)の(ノバ)、アミン構造の(アミン)の (アミン)で、(ノバ-ミン)⇒(ノバミン)

ノバミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ノバミンの効果・効能

1-統合失調症

ノバミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

フェノチアジン系の精神病治療薬は、

神経の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することで、ドパミンの働きを抑えて、神経の興奮を抑え、不安感、緊張などを鎮め、気分を安定させる薬です。

 

定形と非定型の精神病治療薬の効果は同等ですが、非定型の精神病治療薬の方が、

錐体外路症状、過鎮静などの副作用が低いため、否定型の精神病治療薬の方が、主流になりつつあります。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

ピーゼットシーペルフェナジン

一般名の(ペルフェナジン)から⇒(ピーゼットシー

ピーセットシーの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ピーゼットシーの効果・効能

1-統合失調症。2-メニエル症候群(眩暈、耳鳴)

ピーゼットシーの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

フェノチアジン系の精神病治療薬は、

神経の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することで、ドパミンの働きを抑えて、神経の興奮を抑え、不安感、緊張などを鎮め、気分を安定させる薬です。

 

定形と非定型の精神病治療薬の効果は同等ですが、非定型の精神病治療薬の方が、

錐体外路症状、過鎮静などの副作用が低いため、否定型の精神病治療薬の方が、主流になりつつあります。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

レボトミンレボメプロマジン

一般名の(レボメプロマジン)から⇒(レボトミン

レボトミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

レボトミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

レボトミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

フェノチアジン系の精神病治療薬は、

神経の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することで、ドパミンの働きを抑えて、神経の興奮を抑え、不安感、緊張などを鎮め、気分を安定させる薬です。

 

定形と非定型の精神病治療薬の効果は同等ですが、非定型の精神病治療薬の方が、

錐体外路症状、過鎮静などの副作用が低いため、否定型の精神病治療薬の方が、主流になりつつあります。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(定形)フェノチアジン系 抗精神病薬

ヒルナミンレボメプロマジン

ヒルンとアミンで、ヒルナミン抗精神病薬

脳の(ヒルン)の(ヒル)、アミン構造の(アミン)の(アミン)で、(ヒルン-アミン)⇒(ヒルナミン

ヒルナミンの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ヒルナミンの効果・効能

1-統合失調症。2-躁病、うつ病

ヒルナミンの作用・働き

ドパミンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

フェノチアジン系の精神病治療薬は、

神経の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することで、ドパミンの働きを抑えて、神経の興奮を抑え、不安感、緊張などを鎮め、気分を安定させる薬です。

 

定形と非定型の精神病治療薬の効果は同等ですが、非定型の精神病治療薬の方が、

錐体外路症状、過鎮静などの副作用が低いため、否定型の精神病治療薬の方が、主流になりつつあります。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。