薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

セロトニン・ドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、 中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

転職で

(非定形)SDAセロトニンドパミン拮抗薬) 抗精神病薬

劇薬

リスパダール(リスペリドン)

一般名の(リスペリドン)から⇒(リスパダール

リスパダールの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

リスパダールの効果・効能

1-統合失調症

リスパダールの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

セロトニンドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、

中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)SDAセロトニンドパミン拮抗薬) 抗精神病薬

劇薬

インヴェガ(パリペリドン)

インヴィゴレートとベガで、インヴェガ抗精神病薬

元気づけるの(インヴィゴレート)の(イン)と、明るい星座の(ヴェガ)の(ヴェガ)から⇒(インヴェガ

インヴェガの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

インヴェガの効果・効能

1-統合失調症

インヴェガの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

セロトニンドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、

中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。

 

(非定形)SDAセロトニンドパミン拮抗薬) 抗精神病薬

劇薬

ルーラン(ペロスピロン)

ルールで、ルーラン抗精神病薬

赤ん坊をなだめるの(ルール)の(ルール)で⇒(ルーラン

ルーランの併用禁忌

アナフィラキシー治療薬 エピペン(アドレナリン)血圧低下で失神のリスク

ルーランの効果・効能

1-統合失調症

ルーランの作用・働き

ドパミンセロトニンの働きを調節することで、統合失調症の症状を改善します。

 

セロトニンドパミン拮抗薬(SDA)の精神病治療薬は、

中枢性の抗ドパミン、抗セロトニンにより、興奮や幻覚、妄想(陽性症状)を抑え、意欲の低下、自閉(陰性症状)を改善し、気分を安定させます。

 

抗精神病薬を服用中の患者には、高熱や意識障害、手足の震え、体のこわばりなどの悪性症候群を起こすリスクがあります。

悪性症候群は、服用1週間以内に起こることが多いです。